きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2282 【やきそば243】黄昏の大アーケードと「木須肉そばめし」・・仙台 | main | 2284 【お肉料理81】当り前じゃ無い「将軍家菩提寺の従食」・・増上寺 >>
2283 【名物パン261】「パンの天麩羅」と朝の瑞宝殿・・仙台

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

広瀬川を挟み、仙台市中心街と向い立つ小高い丘「経ヶ峯」に在るのが、伊達政宗公の菩提寺「正宗山瑞鳳寺」。寛永十四年(1637)に建立された臨済宗の禅寺で、ココに葬るのは政宗公の御遺言だったとか

四年半前の大震災の影響で、未だに不通区間が二ヵ所も在るJR常磐線を代行バスを乗り継いで走破し、東北の首都・仙台市へ到達した私メです。酔狂極まり有りませんが、意義ある酔狂だったと思ってますゼ。

「当り前が当り前で有るコト」の有難さと、「当り前が当り前じゃ無くなるコト」の辛さを改めて考えましたネ。私メも昨年末に心神が崩壊し、「当り前が当り前に出来なく成った」ンで、辛さは多少判ってる心算ですが。

加えて「酔狂なコトをしてみよう」と云う気持ちが、僅かながらも復活しつつ有るのが嬉しい。もちろん崩壊前の様に「酔狂が服を着てる」てな状態にゃ程遠いですが、ドウにか以前みたいな自分に戻りたいンですヨ。

その為にゃ・・ドクターの指示を良く守って服薬し、そして毎日の青空療法にも励んで寛解を目指すしか無く、身体が本格的に壊れ出す前にナンとかしたいねぇ。一体ドレだけの時間が掛るか、全く判りませんケド。


さぁ政宗公の御墓所「瑞鳳殿」へ!と意気込んだのに、どうも早く来過ぎちまった様で、まだ開いてません・・。帰りの列車の都合も有って、泣く泣く諦めざろう得ない破目に。昨年末から私ぁ、こんなのばっかです

元より疲労の極を越してンのに、睡眠薬頼りの毎日で疲れは殆ど抜けず、ソコに今回の酔狂な旅。昼間目撃した被災地の風景等、考えちまうコトがドウにも多く、草臥れてンのに眠り浅きまま迎えた早朝の仙台。

夜中降ってた雨も殆ど止んだコトだし、下手な思案は止めにして、毎日続ける「青空療法のお散歩」に出掛けましょうか。リズム良く歩けばセロトニンが分泌し始め、取り敢えず頭ン中だけはスッキリして呉れますし。

仙台伊達家の本拠だった青葉城は、低く垂れこめる雲ン中にすっかり隠れ、街から見えませんナ。そんなトコに登っても仕方ないンで、暫し考えた結果・・瑞鳳殿へ向かうコトにしましょうか。伊達政宗公の御墓所。

宮城県庁近くのお宿から杜の都をテクテク歩き、濁流と化した広瀬川を越えて経ヶ峯の麓まで参りましたら、観光地なのに誰も居らん。コリャ静かで宜しいと喜んだモノの、まだ開場前。空回りばかりしてる私メです。


瑞鳳殿は瑞鳳寺と一緒に建立されてますが、戦前は国宝に指定されてたソレは空襲で焼け、現在のは戦後再建されたモノだとか。焼失前の瑞鳳殿の写真が説明板に載ってましたンで、ソレを撮ってみました

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑


★明日は「東京都港区芝公園」への訪問記です★

(参考リンク)

★「せんだい旅日和」仙台観光国際協会HP
★「笑顔咲くたび伊達な旅」仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会HP
★「歩いて観光 仙台おさんぽ てくてくあおば」仙台観光国際協会HP
★「せんだいタウン情報 machico」ユーメディアHP
★「杜の都 緑の名所100選/経ヶ峯(瑞鳳殿周辺)」仙台市役所HP
★「仙台藩祖 伊達政宗公霊屋 瑞鳳殿」瑞鳳殿管理事務所HP
★「伊達政宗の墓 瑞鳳殿」もののふ紀行ブログ
★「瑞鳳寺 (仙台市青葉区)」食で奏でる旅の記憶ブログ
★「遅れてきた戦国大名 伊達政宗」事件の日本史HP
★「五橋小新堂」んまいもんinみちのくブログ
★「仙台 和菓子屋さんの揚げパン」お菓子買いにこッ!ブログ

(関連する記事)

★「405 【お米料理23】あの日、仙台は吹雪だった」
★「703 【野菜果物30】今年もいちじくを煮てみた!2011‥仙台」
★「704 【スイーツ31】仙台で悪魔を見た事がある」
★「705 【揚げモン23】『ひょうたん揚げ』食いつつ、仙台の商店街を歩こう」
★「815 【やきそば48」鎮魂の灯と仙台の魔窟『北京餃子』」
★「1524 【名物パン149】仙台のメロンパンは、クリームパンだったりする」
★「1525 【団子饅頭56】『元祖づんだ餅』と自転車で登る青葉城・・仙台」
★「1526 【やきそば159】自転車で走る仙台と『広東焼きそば』」
★「1925 【スイーツ131】銀杏匂う杜の都で『生どら焼き』を・・仙台」
★「1926 【やきそば208】負けない大アーケードで『ソース焼きそば』を・・仙台」
★「2282 【やきそば243】黄昏の大アーケードと『木須肉そばめし』・・仙台

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(雨はこの後ドンドン酷く成り、宮城県内に洪水被害を齎す結果に・・)


瑞鳳殿を見られなかったコトでスッキリ出来ず、イライラしながら歩いてる内に・・地下鉄「五橋(いつつばし)駅」って、随分歩いちまった様な。仙台市中心街を南北に貫く「愛宕上杉通り」沿いの、駅真上の四つ角に在るのが創業九十年以上の老舗和菓子屋「五橋小新堂」サン。でも私メのお目当ては「あげパン」で、ご覧通りに当り前の揚げパンじゃ無い!食パンに餡子やクリームを挟み、ソレを三角形に切って「天麩羅にした」凄い逸品。終戦直後(昭和二十五年ごろ)からこのスタイルだったらしく、本来が和菓子屋サンだけに餡子の美味しいコト。クリームも和菓子っぽい、昔の味わいで・・こう云う「当り前が当り前じゃ無い」のは大歓迎ですナ。但しお店は震災で被害を受け、やむなく建て替えられたソウで・・街のパン屋さんみたいにピッカピカでしたが




| 2015.09.25 Friday (00:15) | 宮城はいがったなや | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.08.24 Saturday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS