きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2286 【団子饅頭72】今日も元気な商店街で「ふたばの豆餅」を・・出町柳 | main | 2288 【揚げモン61】日本最大の禅寺と「ジャンボ白雪チキンカツ」・・花園 >>
2287 【お米料理192】深泥池と「京都の三角いなり寿司」

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

京都市街の北端に在るのが、夏に成ると水面に浮島が現れ、冬に成るとソレが消えてしまう、実に不思議な「深泥池(みぞろがいけ)」。氷河期の動植物が残る貴重な場所として、国の天然記念物に成ってます

京都を歩いてます。拙宅の在る東京はウヤムヤの内に夏が終わり、今やすっかり秋に成った感が有りますが、関西は未だに残暑が厳しい様で、五百km離れてると東西で随分違うモンだと、今更乍ら感じますネ。

特に今夏の私メは過激に痩せ過ぎて、「暑さを暑さと感じない」てぇ困った状態が続いてましたが、お盆過ぎに成って漸くソレが判る様に成った途端、東京は涼しく成っちまった・・。温度感覚がすっかりワヤですゼ。

体脂肪がミルミル減って行き、僅か八ヶ月ほどで身体の二十五%が消滅しちまった・・って、ドウ考えてもマトモな状態じゃ無いですが、別に痩せようとして痩せた訳じゃ無いンで、コリャ諦めるしか無いンでしょうナ。

ま、素直に暑い!と思えるのは喜ばしいンですが、自前の断熱材の殆ど無きこの身体にゃ・・正直暑さは堪える。涼しいトコへ行きたいと、賀茂川を遡って京都盆地の北端・北山の裾へ。深泥池へ涼みに行こう!


深泥池から真西へ二十分ほど歩くと、世界遺産「上賀茂神社」サマへ行けますが、途中に在るのが「上賀茂社家(しゃけ)町」。明神川の流れる街並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されてますヨ

京都はドウ云う訳か?その北側の山裾に「池」が多く在りますネ。大きなのだけでも嵯峨野の「大沢池」「広沢池」、北山の「宝ヶ池」に「深泥池」。他にも幾つか在る筈ですが、この四池の中で天然なのは深泥池だけ。

鴨川・桂川と云う大きな川が街を流れ、また地下水が多量に在る京都ナンで、残りの三池は他所みたいな農業用溜池じゃ無く、景勝の為に掘られたと聞きますが、深泥池は数万年も前の氷河時代の名残りだとか。

もちろん当時のままは無く、京都が都に成るずっと以前・・古墳時代の頃から人の手が入ってますが、如何に街外れの山裾だと云え、こんな大都市に氷河時代の池が残ってるとは・・。流石に京都、歴史が古い!

尤も観光地じゃ無いンで、池畔にゃ物好きはほぼ居らず、お蔭で気楽な散策を楽しめましたが、冬場は山裾な分だけエラク寒いンでしょうナ・・。今の身体じゃとてもソレにゃ耐えられぬ筈と、情けなく成った私メです。


私メの大好きな「上賀茂神社(賀茂別雷神社)」サマじゃ、二十一年ぶりの「第四十二回式年遷宮」行事が、いよいよ来月十五日から始まりますヨ。ソウソウ滅多に無いコトですし、何よりも上賀茂サンだから・・是非とも拝観に参りたいモノですが、きっと混むンでしょうナ。残念です

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「京都府京都市右京区花園」への訪問記です★

(参考リンク)

★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「京都市情報館・深泥池」京都市役所HP
★「深泥池(北区)」京都風光HP
★「深泥池の美」同ブログ
★「世界遺産 上賀茂神社」賀茂別雷神社HP
★「上賀茂神社 第42回式年遷宮」賀茂別雷神社HP
★「式年遷宮 下鴨神社/上賀茂神社」京都市観光協会HP
★「上賀茂社家町界隈(北区)」京都風光HP
★「上賀茂社家町 −重要伝統的建造物群保存地区−」京都はんなり旅HP
★「関東風と関西風 あなたはどっち?ふっくらおあげのおいなりさん比べ」キナリノHP

(関連する記事)

★「792 【名物パン57】地名連称の老舗と名物パン『カルネ』‥出町柳」
★「793 【京都上ル下ル14】世界遺産と『ざるそば』『ざるうどん』」
★「794 【団子饅頭29】大くたびれの鞍馬山と『牛若餅』」
★「795 【京都上ル下ル16】鞍馬の山賊と『木の芽煮』」
★「988 【京都上ル下ル19】上賀茂神社と『黒蜜掛けのところてん』」
★「2259 【団子饅頭69】天高く空蒼き上賀茂神社で『やきもち』を」
★「2260 【団子饅頭70】世界遺産の森と『元祖みたらし団子』・・下鴨神社」
★「2286 【団子饅頭72】今日も元気な商店街で『ふたばの豆餅』を・・出町柳

(鯉風のお仕事
)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(若者にゃ心霊スポット扱いの様ですが、黄昏の深泥池は素敵でした)


東京と京都じゃイロイロ違うモンだらけですが、誰もが余り気付かないのが「稲荷ずしの格好」。東京は四角い油揚げにたっぷりの酢飯を詰めて覆い込みますが、京都は具材を混ぜた酢飯を三角形の油揚げに入れ、底から中が見える様にして有る。ドッチが良いかは馴染みの問題ですが、私ぁ東京風のが安心出来ますネ。でも京都のはチョット贅沢な感じがして・・甲乙つけがたい!途中でチョット小ぶりの三角稲荷を買って、深泥池散策のお供にしましたが、歩き草臥れた身体にゃ酢飯の酸っぱさが嬉しいねぇ。直ぐに食べ終えてしまい、ドウせなら小さいのじゃ無く、巨大な三角稲荷にすれば良かったと後悔した私メでした




| 2015.09.29 Tuesday (00:15) | 京都上ル下ル・洛外 | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.04.30 Sunday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS