きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2293 【粉なモン35】生き残った「イカ焼き」と変わり行く梅田 | main | 2295 【スイーツ178】悲劇の関白と「近江うゐろ餅」‥近江八幡 >>
2294 【野菜果物78】赤神山の太郎坊と「赤い糸こんにゃく」‥八日市
フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

「太郎坊宮」こと「阿賀(あが)神社」は千四百年ほど前の創建で、鳥居の向うの赤神山の中腹に在りますヨ。天照大御神サマの御長男「アメノオシホミミ」公を祀る霊山で、太郎坊なる大天狗サマが護ってるとか

滋賀県東部の東近江市へ参りましたヨ。そんな市の存在を私ぁ全く知らずに居りましたが(失礼)、ちょうど十年前に湖東の八日市(ようかいち)市と、周囲の六町が合併して出来たトコですナ。人口は十一万強だとか。

実は私ぁココに来たかったンです・・市名も知らなかった癖にネ。何年か前、偶々見てたTV旅行番組で「太郎坊宮(たろうぼうぐう)」と云う、ナンとも不思議な神社を紹介してまして、以来チョット気に成ってたンです。


阿賀神社の在る赤神山は標高三百五十mと余り高く有りませんが、琵琶湖東岸に拡がる平原「蒲生野」に突如として聳えてますンで、エラク大きな山に見えますヨ。眺めは抜群だソウですが、登るのは大変です

源平合戦のヒーロー・源九郎判官義経公を鍛えたと、琵琶法師が語って聞かせたのは京都・鞍馬山の大天狗「次郎坊」。実際に天狗が居たかドウかは別として、民衆に信じさせるだけの信憑性が有ったンでしょう。

そんな次郎坊の兄たる大天狗・太郎坊が住むのが、ご案内の「太郎坊宮」らしく・・「鞍馬天狗に兄が居た!」と云う驚きと、ナンとも見栄えの良い岩山が記憶に残り、機会が有ればと思う様に。でもドコなんだろう?


明治初年の神仏分離令まで、太郎坊宮は「神道」「修験道」「天台宗」が入り混じった形で信仰されてたとか。麓から少し登ったトコに、伝教大師(最澄)サマの開かれた「成願寺」が在り、ココで断念した私メです

琵琶湖東岸のドッカとしか判らず、加えて私ぁ東京在住の寄席芸人なモンで余りに遠く、何時しか半分忘れてましたネ。ですが昨年末に心神崩壊し、服薬治療・青空療法の両輪で闘病してる内に思い出しましたヨ。

神仏のお力に縋ろうと、私ぁ諸国の寺社に参拝を繰り返してますが、この際「天狗サマにも縋っておこう」。ならば長男・太郎坊から詣でようと、やっとのこと調べましたヨ。ソレが滋賀・東近江市の「阿賀神社」サマ。


毎日歩く青空療法で足腰は頑強に成ってた心算でも、登山と成ると話は別ですナ・・。途中で断念した私メを迎えて呉れたのは、ご覧の「飛び出し坊や」の看板群。全国で見ますが、旧八日市市が発祥地だとか

大阪駅からJR・近江鉄道と乗り継いで、「太郎坊宮前駅」で下車した途端、視界に入るはTVで観た通りの聳え立つ赤神山。長い参道をテクテク歩いて麓に着けば、コリャ天狗が居ても不思議じゃ無いスゴイ岩山。

念願かなってあぁ嬉し。さぁ登ろうとしたけれど、通算歩行距離が旧東海道換算で四往復目に突入し、疲労の蓄積がシャレに成らない私メ。両足が言う事を聞いて呉れず、やむなくリタイヤ・・天狗サマ助けて下さいヨ。


東近江市を走る近江鉄道は、東京の西武鉄道の子会社だけ有って、かつて西武沿線に住んでた頃に良く乗った電車が、色こそ変われど再利用されてますヨ。全くまさかの再会ですが・・コレに乗って高校へ通ってた頃、将来こんな病気で苦しむとは夢にも思わず、バラ色の未来を描いて青春を謳歌してましたナ。戻れるなら戻りたいと思うばかりです

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「滋賀県近江八幡市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「滋賀・びわ湖 観光情報」びわこビジターズビューローHP
★「東近江観光ナビ」東近江市観光協会HP
★「勝運授福の神・太郎坊宮」阿賀神社HP
★「ぶらり寺社巡り〜阿賀神社・太郎坊宮(滋賀)」Flow&Stock HP
★「天狗が守護する東近江市の神社『太郎坊宮』は絶景が楽しめる神社でした。」KODAWARI滋賀情報サイトHP

★「『成願寺』さんに、学ぶ!!」江州日誌ブログ
★「滋賀県発祥だった!飛び出し坊やコレクション展に行ってきました」noramemoブログ
★「がちゃこん」近江鉄道HP
★「近江鉄道のページ」もぎり屋ホームページ別館HP
★「派手好き信長の意向?近江八幡の赤いこんにゃく」日本経済新聞HP
★「八幡こんにゃく(通称『赤こん』)」元祖乃利松の赤こんにゃくHP


(関連する記事)
★「121 【保存食品01】氏郷公の城下町・近江日野」
★「122 秀次公の城下町・近江八幡」
★「123 【スイーツ06】和た与の「でっち羊羹』、近江の味」
★「888 【お魚料理47】義仲公最期の地と『えび豆』・・大津」
★「889 【お魚料理48】義仲公のご墓所と『氷魚の佃煮』‥大津」
★「890 【お米料理61】東海道と中山道の分岐点で『はこずし』・・草津市」
★「891 【団子饅頭36】二つの道に分かれる街と『うばがもち』・・草津市」
★「2132 【麺類色々176】県名変更?と桜と『ハイカラこぶうどん』・・彦根」
★「2133 【麺類色々177】一期一会の夜桜と『元祖・彦根ちゃんぽん』

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(最近のコトはドンドン忘れますが、発病前のコトは良く覚えてますネ)


探せばきっと珍しいモンが東近江市にも在るンでしょうが、余りの疲労感でその気にゃ全く成れず・・御免なさい。ソコで明日訪ねる近江八幡市の名物「赤こんにゃく」に、「赤い糸こんにゃく」を見付けたンでソレでご勘弁願います。唐辛子等で付けた赤色じゃ無く、二酸化鉄を混ぜるコトにより赤くした鉄分豊富なヘルシーフードで、一説では近くに安土城を築いた織田信長公の御命令で、湖東一帯じゃこんにゃくを赤くしたンだとか。味は・・正直フツーのと一緒ですが、目出度くて宜しいねぇ



| 2015.10.05 Monday (00:15) | 琵琶湖は滋賀の1/6 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.08.23 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS