きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2298 【お米料理194】大再開発工事の始まる渋谷で「魯肉飯」を | main | 2300 【名物パン263】東京カテドラルと「元祖バゲットサンド」・・関口台 >>
2299 【麺類色々198】東京ジャーミーと「元祖つけそば」・・代々木上原

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

代々木上原に在る日本最大のモスク「東京ジャーミー」は昭和十三年(1938)に開堂した「東京回教学院」が前身で、平成十二年(2000)にトルコ共和国・宗務庁の援助で現在の建物に。青空が似合いますゼ

健やかな心神回復を目指し、倦まず弛まず毎日の療養に勤しむ私メです。とかく挫けそうに成る己を「負けて堪るか」と懸命に励まし、辛い服薬治療と青空療法の両輪で闘ってますが、正直投げ出したく成ります。

良く成ってるかドウか自分じゃ判らず、一体何時までこの苦しみが続くのか・・先が見えないのがキツイのですヨ。ま、最悪期は脱してる筈ですンで、逆戻りせぬ様に耐えてくしか無いンですが、気力が持つかしらん。

ソレでも後悔だけはしたく無いンで、例え斃れるコトに成っても背中の傷じゃ無く、眉間の傷で有りたいと堪えてますが、天佑神助もこの際期待したいと全国の神サマ仏サマに、切なるお祈り行脚も繰り返してます。

「人事を尽くして天命を待つ」じゃ無いですが、コレだけ頑張ってンだから、助けて呉れても宜しいじゃ有りませんか・・てぇ気持ちで、参拝の旅に出るのも気分転換に成ってるから、やっぱ助けられてるンでしょうナ。


コリャ何処の文字なのか?ジャーミー内のホールに掲げられてましたンで、イスラムの徳の有るお言葉の筈ですが、徳の無い私メにゃ読めません。日本人でも約束さえ守れば、礼拝の見学をさせて貰えますヨ

心神を崩して以来、とみに増えたのが「新興宗教へのお誘い」。オウムみたいなトコ以外、宗教に貴賤が有ると思ってませんし、有難い教えなのに違いないと私ぁ思ってますヨ。ですが誘われるのは・・駄目なのネ。

溢れる善意でお誘い下さってるのは重々判りますが、私ぁ「自力で病に勝ちたい」と苦しさに耐えてますンで、ドウ云う結果に成るか判りませんが、我が道は自分で選びたいンです。だから誘われると身構えちまう。

だもんで「元気に成ったら考えます」とお答えしてますが、神仏に縋りたい思いは人一倍で、だからこそ方々の寺社に参拝を・・全く矛盾してますが、どうかソコら辺はご勘弁を。所詮、器用に生きられませんので。

てな訳で、久しぶりに参りましたのが「東京ジャーミィ」。イスラム教のモスクで、例え異教徒でもイスラムの神様はお救い下さるかも。男達が捧げる祈りが歌の様に聞こえ、心が一瞬洗われた気に成った私メです。


ジャーミィのすぐ近く、同じ「井の頭通り」沿いに建つのが「古賀政男音楽博物館」。昭和の大作曲家・古賀センセは昭和十三年から亡くなられるまで、代々木上原にお住まいだったとか。東京回教学院の開堂と同じ年からなのは単なる偶然だと思いますが、清らかな歌の様に聞こえるイスラムの祈りを聞いた直後だったンで、チョット吃驚致しましたヨ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都文京区関口台」への訪問記です★

(参考リンク)

★「Shibuya is Convenient!」渋谷区観光協会HP
★「暮らしやすい街、文化のある街、美味しい街。」マイタウン@代々木上原HP
★「伝統と未来を結び付ける架け橋」東京ジャーミー・トルコ文化センターHP
★「礼拝場見学に関する注意事項」東京ジャーミー・トルコ文化センターHP
★「日本最大のモスク『東京ジャーミィ』」nippon.com HP
★「東京のど真ん中にモスク?見学自由の『東京ジャーミィ』トルコ政府運営の本格モスク」RETRIP HP
★「イスラム教のの特徴」世界史講義録HP
★「日本人の心、古賀メロディーは永遠に・・」古賀政男音楽博物館HP
★「古賀政男を知る」古賀政男音楽博物館HP
★「昭和26年創業、東京育ちのつけ麺・ラーメンの老舗」大勝軒HP
★「代々木上原大勝軒」ラーメン食べたら書くブログ

(関連する記事)
★「696 【鳥人列伝05】初めて空を翔んだ二人の大尉殿」
★「978 【東京十社15】遂に満願!明治神宮と『ラオス風焼きそば』」
★「1060 【国内で海外旅行07】東京ジャーミィにコーランは轟く」
★「2003 【お米料理156】凋落する代々木で『丼太郎の牛丼』を」
★「2006 【今川焼き20】下高井戸で『薄皮たいやき』を」
★「2052 【やきそば218】バンカラ発祥地!駒場で『肉玉焼きそば』を」
★「2074 【名物パン229】オペラシティと『えびせんバーガー』・・西新宿」
★「2106 【スイーツ149】明治神宮で『明治サイコロキャラメル』を」
★「2153 【名物パン243】木漏れ陽の明治神宮と『リンゴパン』」
★「2298 【お米料理194】大再開発工事の始まる渋谷で『魯肉飯』を

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(気楽に『ケセラセラ』と生きられたら良いンですが、今は無理ですナ)


東京から全国に広まったローカル麺に、いわゆる「つけ麺」ってございますナ。東池袋の大勝軒が元祖とされてますが、ソコの本店に当るのが代々木上原の大勝軒なのを知らない方は多い筈。ココから独立したのが東池袋で、初代は再従兄弟の関係だと聞きますネ。何れにしろエライ昔のお話で、今や全く別の進化を遂げてつけ麺も違うモンに成ってますヨ。名前も上原系は「つけそば」・東池袋系は「もりそば」と変えてますし、味付けも麺も全くの別モノ。東池袋の大勝軒が大盛りなのだけがウリだった頃から知ってますンで、上原のソレにゃ一瞬面食らいますが、私ぁ正直コッチの方が好みですナ。闘病で性格は随分変わりましたし、見た目も著しく変わった私メで、味の好みも大分変った様です




| 2015.10.10 Saturday (00:15) | 渋谷・目黒・世田谷区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.24 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS