きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2299 【麺類色々198】東京ジャーミーと「元祖つけそば」・・代々木上原 | main | 2301 【お米料理195】ニコライ堂と学生街と「びっくりカツカレー」・・御茶ノ水 >>
2300 【名物パン263】東京カテドラルと「元祖バゲットサンド」・・関口台
フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

文京区関口台に聳え建つ「東京カテドラル聖マリア大聖堂(カトリック関口教会)」は、日本最大とされるカトリックの司教座聖堂(カテドラル)で、故丹下健三氏の設計により昭和三十九年(1964)に完成したモノです

心神回復を目指して懸命な療養と共に、天佑神助を期待して全国各地の神社仏閣へ、寛解への祈願行脚を繰り返す私メです。もともと寺社巡りは好きな方でしたが、病と闘う様に成ってから目の色を変えてますヨ。

尤も手当たり次第に参拝してる訳じゃ無く、ソレを口実に気分転換の旅に出掛けてる面が強く、「こんなポジティブな○病患者は珍しい」と主治医センセに呆れられてますが、全ては「寄席の高座に上り続ける」為。

その為なら如何なる苦労も厭わず、泣きたくなる辛さから逃げずに必死に堪えてますが・・苦闘一年弱。気力が持つ内にドウにかしたく、日本の神サマ仏サマだけじゃ無く、遂に海外の神サマにまで縋り出した私メ。

てな訳で、昨日はイスラム教の大モスク「東京ジャーミー」参拝のお噂でしたが、今日はカトリックの大聖堂「東京カテドラル」へ。流石の東京・城北で、板橋宿の拙宅からテクテク歩いて行けるトコに在るから有難い。


「オルガン演奏会」の時は撮影不可でしたが、翌朝また行ったら許して貰えましたンで、カテドラルの内部を!コンクリ打ちっ放しの内装が逆に厳かに感じられる傑作で、パイプオルガンの重低音が響き渡ります

JR目白駅から東へ二km強。私メが専属婚礼司会を昔やってた椿山荘サンの真ン前が、「東京カテドラル聖マリア大聖堂」ことカトリック関口教会。拙宅からも四km半と歩くにゃ都合良く、ココで時々折り返してます。

明治三十二年(1899)に建堂された「聖母教会」が前身で、ゴシック建築の聖堂内は畳敷きだったとか。処が東京大空襲で焼失し、カテドラルの役割は都内の教会を転々と・・関口台に戻ったのは昭和三十九年。

何度か入らせて戴きましたが、ココの自慢は教会用としては日本最大のパイプオルガン!演奏会が毎月一回行われ、イタリアの有名なオルガニストの先生が今回弾かれると云うンで、夜道を厭わずカテドラルへ。

音楽って美しいですナ。主任司祭様のお話も実に有難く、ジャーミーで男たちの祈り声を聞いた時と同様に、心が一瞬洗われた様な・・。但し闘病で痩せ過ぎて臀部の薄い私メにゃ、木の椅子は痛すぎましたが。


カテドラルにゃ何度も来てた筈なのに・・大聖堂の奥に「ルルドの泉の洞窟」が在るコトに、演奏会の晩にライトアップされてたお蔭で初めて気付きましたヨ!安政四年(1858)にフランス南西部の小さな町ルルドで、聖母マリア様が少女の前に十八回もお姿を現されたらしく、出現地たる洞窟に涌く泉は「不治の病を癒す」とされ、大巡礼地に成ってるとか。明治期に建てられたカトリック教会にゃ、ルルドの泉の洞窟が盛んに造られたらしく、カテドラルのは明治四十四年(1911)にチェコの建築家・レツル氏によって設計されたモノ。氏の代表作と云えば「旧広島県物産陳列館(要するに原爆ドーム)」だったりしますが、私メも心神回復を目指すからにゃ、ルルドまで行った方が良いのかしらん。ま、先ずは「東京カテドラルのルルドの泉の洞窟」から試してみたいと思います

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都千代田区御茶ノ水」への訪問記です★

(参考リンク)

★「歴史と文化に恵まれた緑豊かな区」文京区観光協会HP
★「目白台周辺の歴史」目白台に住みたいHP
★「ぶんきょうの坂道 〜関口編〜」こらびっと文京HP
★「St.Mary’s Cathedral」カトリック東京カテドラル関口教会HP
★「これが教会?丹下健三建築の代表作『東京カテドラル聖マリア大聖堂』」キナリノHP
★「パイプオルガンについて」カトリック東京カテドラル関口教会HP
★「オルガン・メディテーション」カトリック東京カテドラル関口教会HP
★「観光気分で行っても全然大丈夫な東京カテドラルは意外とオープンマインド」現身日和ブログ
★「東京カテドラル聖マリア大聖堂・ルルドの洞窟」関根要太郎研究室@はこだてブログ
★「東京・目白坂で120年 変らない製法と風味が愛されてます」関口フランスパンHP
★「フランスパンの元祖 関口フランスパン@目白坂」いぬねこのおさんぽブログ

(関連する記事)
★「428 【五色不動03】目白不動は空襲に遭った」
★「741 【名物パン55】鬼子母神さまと『メープルナッツ』」
★「994 【団子饅頭40】護国寺で猫見物と『群林堂の豆大福』」
★「1027 【やきそば78】学生街と『エルムのカルボ』‥早稲田」
★「1179 【名物パン93】日本初の『フランスパン』!‥関口台」
★「1322 【やきそば125】都の西北!早稲田で『ソース焼きそば』を」
★「1716 【名物パン181】桜咲く雑司ヶ谷と『トルコのパン』」
★「1994 【名物パン216】『カステ』と街全体が庭園の目白」
★「2046 【お米料理162】穴八幡で『日本元祖のかつ丼』を・・早稲田」
★「2098 【お米料理170】都電の終点で『ドカベン・マシマシ』を・・早稲田」
★「2118 【やきそば223】神田上水の桜と『ニラ焼きそば』・・関口台」
★「2138 【名物パン239】新緑の新江戸川公園と『元祖フランスパン』・・関口台」
★「2147 【スイーツ157】新緑の護国寺と『大人の不二家』・・音羽」
★「2239 【呑みモン59】茶道の総本山と『ウス茶糖』・・護国寺」
★「2299 【麺類色々198】東京ジャーミーと『元祖つけそば』・・代々木上原

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(神父様って、どの方も同じ語り口調ですナ。伝統ナンでしょうか?)


青空療法で毎日歩き廻ってる所為か?全身万遍無くドンドン痩せ、身体の二十五%以上がこの世から消えちまった私メですが、特に痩せたのが腹の贅肉とお尻の肉。腹はともかく、お尻が薄く成り過ぎるとジッと座ってられなく成るって、私ぁ初めて知りましたネ。少しでも太らにゃ成らぬと懸命に食べてますが、摂取カロリーより消費カロリーの方が多い状態は簡単に変えられず。だから・・美味そうなモンを見ると出来るだけ食べる様にしてますヨ。さてカテドラルから目白坂を下りて行くと、見えて来るのが日本のフランスパンの元祖関口フランスパン」。明治二十一年(1888)に関口教会付属の「聖母仏語学校製パン部」として誕生した店で、孤児院の子供達に職業を与えようと焼き始めたンだとか。流石に元祖だけ有ってバゲットの味は抜群で、私ぁ歩くついでに時々買いに行ってますナ。今回は「シュリンプとサーモンのバゲットサンド」が余りに美味そうだったンで・・!具沢山なのにコレで四百円ナンだから、やっぱ城北は物価が安くて素晴らしい。神サマに感謝します



| 2015.10.11 Sunday (00:15) | 音羽・関口・早稲田 | - | - |
スポンサーサイト



| 2018.11.14 Wednesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS