きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2301 【お米料理195】ニコライ堂と学生街と「びっくりカツカレー」・・御茶ノ水 | main | 2303 【お米料理196】「中村屋のインドカレー」悲恋物語・・下落合 >>
2302 【やきそば244】爽秋の日比谷公園と「ぼっかけスパゲティ」
フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

霞ヶ関の官庁やオフィスビルに囲まれた「都心のオアシス」日比谷公園は、錚々たる大々名らの屋敷跡に明治三十六年(1903)に造られたモノ。東京ドーム四つ分の広さの空間が、都心に在るのは有難いです

昨年末から一日も休まず青空療法で、午前中の穏やかな日差しの中をテクテクと、十kmを目安に歩き続ける私メです。気付けば累計歩行距離は三千kmを既に超え、旧東海道換算なら四往復目に入りましたヨ。

もちろん晴ればかりじゃ無く、豪雨や強風の日も猛暑や極寒の日も。絶不調で二kmで断念する日や、逆に爽快過ぎて二十km以上歩いちまう日も有りましたが、歩かないと頭ン中がマトモに廻らないンだから・・ネ。

故障や疲労に挫けず、身体が壊れる前に寛解に達しませんと。ソレに「気分が辛くて無理でした」が多過ぎて、長期計画が立てられず困ってますヨ。ま、芸人風情ならソレでも良いけど、国までソレじゃ困りますが。

板橋宿の拙宅からテクテク歩き、ちょうど十kmなのが都心の日比谷公園。行政の中心たる霞が関の官庁街や、大手町・丸の内・内幸町の大オフィス街のオアシスで、仕事合間の堅気の方々が大勢寛いでますゼ。


日比谷公園はホント皇居の真ん前で、内堀通りの向うは祝田門から馬場先門までL字状に延びる「日比谷濠」。ココら辺が江戸湾から続く入り江だった頃の名残りで、地盤が悪くて公園にしか使えなかったとか

緑溢れるこの公園で暫し英気を養い、再びデスクに戻って日本や世界を動かす仕事に励まれるンでしょうから、私メみたいな病持ちの寄席芸人はお邪魔に成らぬ様、その隅で大人しく「あぁ良く歩いた」と上機嫌。

もう十km歩いて帰けそうな塩梅でしたが、身体は故障だらけ・疲労蓄積は凄まじく、如何に「今日だけ頑張る」でも、明日を諦める様な無理はダメ!長期戦ナンだから余力を残し、電車で帰宅するのが上々吉だ。

ですが折角来たンだから、堅気の方々のランチタイム終了まで休憩し、その後ナニか食べて帰りましょう・・ナニが良いかしらん。日比谷公園と云えば「松本楼のカレー」で、セロトニンの分泌促進にゃカレーが一番!

先月開催の恒例「十円カレーチャリティ」も盛況だった様で、遅ればせながら私メもご協力と案内を見れば、「日本ユニセフ協会」が寄付先・・ってアグネスのトコか!途端に気分が悪化し、公園から出た私メでした。


日比谷公園が出来た時から在るのが、日本の西洋レストランの草分け「日比谷松本楼」。数々の歴史や文学の舞台と成りましたが、昭和四十六年(1971)の日比谷暴動事件で中核派の投げた火炎瓶により炎上し、その再建を記念して始まったのが「十円カレー」。普段は九百円ほどするカレーが、毎年九月末に一日だけ十円で食べられますヨ。尤もソレを十円で食べようてぇのは野暮の骨頂で、定額以上払うのが江戸前ってモン!ただし寄付先が黒柳徹子さんの国連ユニセフじゃ無く、アグネスのトコって聞いて・・写真だけ撮って通り過ぎて来ましたゼ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都新宿区下落合」への訪問記です★

(参考リンク)

★「ちよだの魅力」千代田区観光協会HP
★「霞ヶ関・永田町エリア 今こそ歩きたい政治の街」千代田区観光協会HP
★「霞ヶ関の歴史」国土交通省HP
★「日比谷公園」公園へ行こう!東京都公園協会HP
★「日比谷公園」佳景探訪HP
★「埋め立てられずに残った日比谷入江」ユタホン東京散歩&さいたま散歩ブログ
★「竹橋ガイド〜石垣・番外 日比谷公園」ピレスサイドビル・ブログ
★「緑あふれる森のレストラン」日比谷松本楼HP
★「霞ヶ関・内幸町の上質なおもてなし空間」イイノダイニングHP
★「焼きスパゲッティ専門店」ロメスパバルボアHP
★「品のいいロメスパ ロメスパ・バルボア飯野ビル店@霞ヶ関」とんちゃん日記ブログ


(関連する記事)

★「979 【やきそば67】ココは銀座無番地『ジャポネの炒めスパ』」
★「1038 【スナック11】マッカーサー元帥と『お米でつくったカール』」
★「1298 【名物パン119】桜咲く霞ヶ関官庁街で『頭脳パン』を」
★「1758 【呑みモン48】新緑むせ返る皇居前広場と『ココウォーター』」
★「1954 【お米料理150】国会議事堂で『スペシャルランチ』・・永田町」
★「1993 【やきそば214】皇居の紅葉見物と『後楽焼きそば』」
★「2065 【お肉料理64】皇居ランナーと『クロデットクリーム』」
★「2066 【やきそば219】霞が関ビルで『焼きスパゲッチ』を」
★「2084 【やきそば220】『ジャポネのチャイナ』と皇居でお散歩」
★「2140 【名物パン241】都心の雑木林と『黒い森のパン』・・東御苑」
★「2205 【お米料理180】ナゾの体脂肪率と『タニタ食堂』・・丸の内」
★「2206 【野菜果物75】国会議事堂の前庭と『巨大トマトピューレ缶』と」
★「2227 【麺類色々191】騒乱の日比谷公園と『農水省のお蕎麦』

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(アグネスと云うより、その周りのイカガワシイ人達が嫌なのですヨ)


てな訳で日比谷公園を離れ、向かったのは野外音楽堂のお向いに建つ「飯野ビル」へ。四年ほど前に建て替える前のココのホールは、私メが講釈師に成って二度目の高座を踏んだトコだったりするンですが、随分モダンなビルに成って何度行っても面食らいます。だもんで麺を喰らおうと、地下のイイノダイニング内の「ロメスパバルボア」さん。茹でたパスタをフライパンで炒めて供食するスタイルで、中華麺じゃ無いけど焼きそばの一種と私ぁ捉えてますネ。色々メニューが有る中で頼んだのは「ぼっかけ大盛り」で、牛筋と蒟蒻を甘辛く煮込んだ神戸のローカル食「ぼっかけ」をアレンジしたモノですナ。極太のパスタに濃い目の味が上手く馴染んでコリャ美味しい。ただ・・もはやパスタ料理の範疇じゃ無く、「ロメスパ」としか表せない食べ物に成っちゃってますが



| 2015.10.13 Tuesday (00:15) | 日本の首都千代田区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.03.30 Thursday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS