きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2313 【名物パン267】嬉しく思えた井の頭池と「バタール」・・吉祥寺 | main | 2315 【お肉料理82】森のキャンバスで「チキンおろしだれ」を・・府中 >>
2314 【お米料理198】「焼肉丼エッグ」と武蔵国分寺と湧水と
フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

旧国鉄・中央鉄道学園跡を東京都が取得し、平成十四年(2002)に都立公園として公開したのが「武蔵国分寺公園」。広々として心地良いトコですが、律令の武蔵国分寺が在ったのはココの南側・ハケの下です

吉祥寺の某クリニックでの診察の為に、東京・多摩地区へ参ってる私メです。病院ナンて疲れるだけで、決して楽しいモンじゃ無いですが、ドクターから今回は「少し良い方に向ってる」てぇ、有難過ぎるお見立てが。

嬉しくて素直に帰りたく無い!拙宅は都内の板橋区ですが、吉祥寺から西へ・・参りましたのは国分寺市。私ぁ近くの高校へ通ってたンで、親しく感じる街。JR中央線に並行する様に、「ハケ」が南側を走ってます。



武蔵国分寺公園は「ハケ(国分寺崖線)」上の高台に在りますが、古多摩川が太古に造り出したハケからは、キレイな清水が方々で湧き出てます。名水百選「真姿の池湧水群」は、武蔵国分寺公園のすぐ下です

このハケは「崖」の訛りで、都内じゃ「バッケ」と呼びます。遥か昔に多摩川が武蔵野台地を削り崩した高低差の在る崖のコトで、ハケの下は清水が湧くンで江戸開府以前から人々が住み、大いに栄えたトコですゼ。

逆にハケ上は水の便が悪く、明治に成るまで武蔵野の雑木林が生い茂り、殆ど開発されて無かったンで中央線が、新宿から立川まで真っ直ぐに線路を敷けた。柵の無かった分、今じゃソッチの方が栄えてますが。



「真姿の池湧水群」から湧き出した清水はハケ沿いに、他の湧水群の清水と合流して多摩川へ流れて行きます。この湧水が在ったから、ココに国分寺が造営されたンでしょうナ。国分寺跡のソバにに在りますヨ

ハケ上の国分寺駅から谷を跨ぎ丘を越え、広々とした都立公園から険しいハケを降りると、鬱蒼とした森の中にキレイな湧水。近代的なニュータウンから、突然「となりのトトロ」の世界へタイムトリップしたみたい。

ハケ下を流れる清水沿いに、江戸の頃から続くだろう大きな農家群が建ち並び、ソレを眺めながら暫く西へ歩くと再び大きな広場。ソコが武蔵国分寺の建ってたトコで、国分寺は聖武帝が奈良時代に建てさせたモノ。



一時は中学校の建設予定地に成ったり、周辺が無許可開発されたりとイロイロ有りましたが、平成三十五年(2023)完成を目標に歴史公園として、武蔵国分寺・国分尼寺跡は発掘調査と整備が進められてます

全国六十余州に国分尼寺とセットで建てられますが、武蔵国分寺は特に大きく、奈良・東大寺と等しい規模だったとか。川向う以東と島嶼を除く東京都、埼玉県と川崎市の全て、そして横浜市の東半分が武蔵国。

当時は僻地だった筈ですが、東日本最大の国に相応しい威容を誇ってた・・らしい。何しろ昔のコト過ぎて、跡しか残ってませんので。ま、今の国分寺で寛解を祈った私メですが、青空だけは昔と変わらぬ筈です。


聖武帝の詔で八世紀に建立された、律令の武蔵国分寺・国分尼寺は鎌倉幕府と共に消滅しましたが、その金堂跡に新田義貞公により再興されたのが「医王山武蔵国分寺」。現在の本堂は江戸中期のモノです

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都府中市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「街の魅力」国分寺市役所HP
★「ぶんぶんぶら〜り国分寺散歩」国分寺物語HP
★「国分寺のショッピング・グルメ・生活情報」国分寺市商工会の生活応援百貨店HP
★「武蔵国分寺公園」公園へ行こう!東京都公園協会HP
★「東京都文化財めぐり・国分寺を歩こう」東京都教育委員会HP
★「分倍河原の合戦で消失した日本最大級の寺院。武蔵国分寺」HP

★「武蔵国分寺跡」Kousyoublogブログ
★「お鷹の道と真姿の池湧水群」佳景探訪HP
★「国分寺・水を巡る散策マップ」史跡の駅・おたカフェHP
★「医王山西勝山武蔵国分寺」猫のあしあとHP
★「想い出の味 国分寺駅北口 淡淡の焼肉丼」やんまのブログ
★「清宮くんも来た!早実ナインの大好物『焼肉丼エッグ』」ロケットニュース24HP

(関連する記事)

★「876 【東京十社12】武蔵国の総社は大國魂神社」
★「877 【お米料理60】野暮じゃない谷保天神と『スタ丼』‥国立」
★「2183 【やきそば231】期間限定復活!『高島屋の焼きそば』・・立川」
★「2191 【お米料理178】懐かしき母校と『学芸大丼』・・小金井」
★「2192 【麺類色々186】次郎物語と『宝めん』・・東小金井」
★「2243 【やきそば238】東京の府中と『広島の府中焼きそば』」
★「2244 【名物パン258】小金井公園までサイクリングを・・小平」
★「2313 【名物パン267】嬉しく思えた井の頭池と『バタール』・・吉祥寺

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(ハケ下は東京と思えぬ、実に長閑な風景と澄んだ清水の里ですヨ)


多摩地区の高校に通ってたからか?多摩にゃ何ゴトも愛着の在る私メです。何しろ都内と違ってパワフルで、独自に発展した食いモノが多く、中でも「小金井市の油そば」と「国立市のスタ丼」が双璧かと。ソレを勝手にパクった店が都内各地や全国に増えつつありますが、両市の間たる国分寺にも負けないパワフルな食いモノが!ソレは国分寺駅北口の商店街の突当り、昭和五十八年(1983)創業の老舗大衆中華料理店「淡淡」の名物「焼肉丼エッグ」。醤油・大蒜等の味がエラク濃いぃ漬け汁に寝かせた豚肉を力強く炒め、ソレを山盛りご飯に載せた体育会系メニューで、ご丁寧に上乗せの目玉焼きは二個使用!私ぁ高校生の時、まだ内装がピカピカだったココに連れて来られた記憶が有りますナ・・最初は「卵無し焼肉丼の特盛」を食べた覚えが。一般人なら絶対にカロリー過多ですが、毎日の消費カロリーが高校時代より多い今の私メなもんで、アッサリ完食!国分寺市はコレを売り出したら?



| 2015.10.25 Sunday (00:15) | たまタマTAMA多摩 | - | - |
スポンサーサイト



| 2018.10.19 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS