きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2322 【保存食品56】最後の将軍、世紀の大和解・・小日向 | main | 2324 【麺類色々199】「近江ちゃんぽん」と電車の墓場・・高宮 >>
2323 【団子饅頭73】お伊勢サンの御両親と「糸引餅」・・多賀

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

天照大御神サマの御両親サマを祀る「多賀大社」は、古事記に載ってると云うから創建はエラク昔のコト。杓子(しゃもじ)が縁起モノで、「お多賀じゃくし」が訛って「お玉杓子」「オタマジャクシ」に成ったンだとか・・

滋賀県・湖東を代表する大神社「多賀大社」へ参りました。全く節操の無い私メで、拙宅の在る都内や旅先の大きな寺社のみならず、最近は海外宗教の教会等まで詣でてますが、コレも全て心神回復を願うが為。

全く困ったコトに特効薬が存在せず、辛い思いして服用してる薬は症状を和らげるのが精一杯。後はドレだけ自分が努力するかに懸ってるンで、毎日テクテク歩く「青空療法」等に励んでますヨ。身体が壊れそう!

ま、懸命に人事を尽くしてるからこそ天佑神助は期待出来る訳で、色んなトコに御縋りしてる不節操は、お心の広い神仏に御勘弁願いましょ。そんなコレまでで、一番霊験灼たかだったのは伊勢神宮サマでしたネ。

流石に日本第一の神サマで、お蔭で最悪期から脱せたと私ぁ信じてますが、神宮・内宮の御祭神「天照大御神」サマにゃ御両親が居り、多賀大社サマに祀られてるとか。ならば詣でにゃ・・って、やっぱ変ですか?



お伊勢サン程じゃ無いけれど、多賀大社の門前町はソレなりの纏まりをもった土産物屋街。名物「糸切餅」を商う店が数軒並び、参拝帰りの客達が舌を鳴らしてますネ。風情を出す為に、石畳風に道を直すとか

「お伊勢参らばお多賀へ参れ、お伊勢お多賀の子でござる」てな俗謡が在り、昔からお伊勢・お多賀はセットで詣でる様推奨されてたらしい・・良かった私メだけじゃ無い!京都から伊勢へのルートの一つだったのネ。

父神「伊邪那岐命(イザナギノミコト)」サマ・母神「伊邪那美命(イザナミノミコト)」サマをまず詣で、続いて娘神「天照大御神」サマを詣でると、特に長寿が叶うとされてた。コレを真剣に信じたのが、太閤豊臣秀吉公。

「どうか三年、駄目なら二年、無理なら三十日だけでも」と実母・大政所の長寿を願い、ソレが叶うと大喜びで豪勢な社殿を築き、加えて一万石もの所領を寄進しますゼ!一万石の所領って、お大名と等しいですヨ。

流石に天下人だけ有って、ナンとも豪勢な・・。持てるからこそ出来るコトで、持たざる寄席芸人風情にゃとても無理なコト。せめてもと家族の長寿を願うと共に、一日も早い心神の回復を祈りましたヨ。私ぁ懸命です。


多賀大社の門前町の軒先にゃ、注連縄の付いた木札「笑門」が下がってますヨ。お伊勢サンの方にも似た様な風習が在り、多賀でも同じく一年中掲げるンだとか。聞けばコッチの方が古いンだソウですが、笑う門には福来る!東京・板橋の拙宅の玄関にも、コレを飾りたく成りました

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「滋賀県彦根市高宮町」への訪問記です★

(参考リンク)

★「滋賀・びわ湖 観光情報」びわこビジターズビューローHP
★「歴史・ロマン・神秘の旅」多賀観光協会HP
★「いのちの神様」多賀大社HP
★「多賀大社」玄松子の記憶HP
★「お伊勢参らばお多賀へ参れ〜多賀大社」おいでやす〜めりいblogへブログ
★「オタマジャクシの語源は『お多賀じゃくし』だった!?」ミナムラのまど2ブログ
★「滋賀・多賀大社前、石畳風に にぎわい再生に町」京都新聞HP
★「多賀の注連飾り〜伊勢の注連飾りに関連して」近江歴史回廊倶楽部HP
★「多賀大社の土産、本家と元祖がある糸切餅」Jashi’s ROOMブログ
★「『糸切餅』を食べ比べ♪」とげまるな日々ブログ

(関連する記事)

★「121 【保存食品01】氏郷公の城下町・近江日野」
★「122 秀次公の城下町・近江八幡」
★「123 【スイーツ06】和た与の「でっち羊羹』、近江の味」
★「124 お城のそばのステキな礼拝堂・彦根」
★「125 【麺類色々06】琵琶湖の畔にもチャンポンは有る」
★「989 【麺類色々59】夜陰の彦根城と『豚そば』」
★「1667 【麺類色々120】『近江ちゃんぽん』と救国の偉人・・彦根」
★「1672 【スナック34】『関西だし堅あげポテト』と天下普請の城・・彦根」
★「2033 【スイーツ146】雪積る清流の里で『六方焼き』を・・醒井宿」
★「2132 【麺類色々176】県名変更?と桜と『ハイカラこぶうどん』・・彦根」
★「2133 【麺類色々177】一期一会の夜桜と『元祖・彦根ちゃんぽん』」
★「2294 【野菜果物78】赤神山の太郎坊と『赤い糸こんにゃく』‥八日市」
★「2295 【スイーツ178】悲劇の関白と『近江うゐろ餅』‥近江八幡
★「2296 【スイーツ179】『丁稚ようかん』と洋館の街・・近江八幡

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(お伊勢お多賀の両社を詣でるのを、『親子神様詣り』と呼ぶそうナ)


古くから栄えた寺社仏閣の門前町は、遠方からの参拝客の疲れを癒す甘い名物が多いですナ。多賀大社のソレがご覧の「糸切餅」で、ナント蒙古来襲の時、「伊勢・外宮の風ノ宮」サマが神風が吹かせ、日本を勝たせた祝いで供えられたのが始めだとか。漉し餡を筒状の餅に包み、ソレを糸で巧みに切って大きさを揃えるンで糸切餅。お餅の爽やかな空色と朱色の線は、蒙古の軍旗の色だとか。以来八百数十年・・門前町にゃ「本家」「元祖」「総本家」と餅屋がフルセットで並び、ハテ?一体ドコで食べたのか思い出せない。服薬の為に「物忘れが激しく成った」「物覚えが悪く成った」私メですが、コレは関係ないでしょうネ




| 2015.11.02 Monday (00:15) | 琵琶湖は滋賀の1/6 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.16 Wednesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS