きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2345 【名物パン271】潜水艦と「メロンパンのメロンパン」・・呉 | main | 2347 【お米料理204】「黒いカレー」と池袋が闇市だった頃 >>
2346 【呑みモン60】小さな城下町の「ざら茶」・・津和野
フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

「山陰の小京都」津和野町は、島根県の南西端の静かな街。亀井家四万三千石の城下町で、明治の文豪・森鴎外センセの出身地としても知られてますナ。さだまさしさんの名曲「案山子」の舞台だったりもします

度々触れて居りますが、私ぁ昨年末から心神がずっと不調で、ソレをドウにか治さンと高座の傍ら、服薬治療と青空療法の両輪で療養に励んで居りますヨ。一度失敗しましたが、改めて減薬期に入れそうな気配。

ソレなりに強い薬を幾つも服用してますンで、様々な副作用が次々出現してますが、メインの薬の主なソレは「太る」。処が私ぁ痩せてく一方で、正直困り果ててますヨ。食欲旺盛で、ムシャムシャ食べてるのに・・ネ。

恐らくは青空療法で毎日歩いてますンで、太ろうとする副作用に勝る消費カロリー過多ナンでしょう。尤も好きで歩いてる訳じゃ無く、リズム良く歩く事で脳内物質セロトニンの分泌を促す療法、仕方無いンですが。

せめてもと、このブログ旅日記でご紹介してるモノ以外は、身体に良いモノを選んで食べる様にしてますヨ。ホントは身体に良いモノで「面白いモン」が有れば良いンですが、なかなかソウは都合良く参りませんナ。


津和野の観光スポット「殿町通り」沿いの掘割にゃ、色とりどりの鯉がウジャウジャと。私メも芸名に「鯉」が入ってますンで、こう云う風景を見ますと無性に嬉しく成りますナ。ソレにしても太った鯉の多いコト・・

食べるモンもソウですが、飲むモノにも気を遣う様にしてますヨ。睡眠薬の影響を払う為に、熱いコーヒーを毎朝ガブ飲みするのは仕方無いとして、ソレ以外で愛飲してるのは「ざら茶」と云う、島根・津和野の薬用茶。

お茶と云っても所謂「緑茶」等じゃ無く、「カワラケツメイ」と云うマメ科の植物の小枝やら葉っぱやら豆の莢やら、ナンだか得体の知れぬ・・枯葉の屑みたいなモンが焙煎して有り、フツーのお茶と同じ様に飲みます。

心神が崩壊する寸前。つまり昨年秋に山陰を旅する機会が有り、その時にコレを初めて知りましたが、島根じゃ全県的に広く愛飲されてるのに、県外に出ると誰も知らンと云う、全くローカル極まるソウルドリンク。

実にまあるい・・甘さすら感じる柔かい味。古くは全国でお茶代りに飲まれた様ですが、ソレが島根だけで生き残り、特に津和野じゃコッチが当り前だとか。緊張解しに効果の有る、面白くて身体に良いモノですナ。



「山陰の小京都」津和野は、旧国鉄が昭和四十五年(1970)に始めた観光キャンペーン「ディスカバー・ジャパン」で再発見され、全国から観光客が訪れる様に成った街。大阪万博の閉幕による乗客減への対策だった様ですが、ソレまでの団体旅行主流から、今みたいな個人旅行主流に変わった切欠が、この観光キャンペーンだったとされてますヨ。当時の津和野にゃ現在のほぼ倍の百五十万人が全国から押し寄せ、パニックに近い状況だったと聞きますが、ソレ以来・・中国地方を代表する観光地の一つに。今年は秋が暖かすぎるンで未だですが、紅葉がキレイに成ったら混み合うンだとか。私ぁ、空いてる方が嬉しいですが

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都豊島区西池袋」への訪問記です★

(参考リンク)
★「ゆ〜うにしんさい」津和野町観光協会HP
★「歴史と文化の薫る日本のふるさと」島根県津和野町役場HP
★「津和野・石見エリア」神々のふるさと山陰HP
★「城下町彷徨 石見津和野」Blue Signal JR西日本HP
★「『鯉』をとにかく愛しすぎてる街が島根県にあった・・」NAVERまとめHP
★「『ディスカバー・ジャパン』がつくった旅スタイル」トレたび・交通新聞社HP
★「国鉄の思い出☆ディスカバージャパン」ケンさんの探鳥記ブログ
★「津和野の謎のお茶」まうごてんHP
★「カワラケツメイ」イー薬草・ドット・コムHP

★「ざら茶とはま茶とまめ茶」日々のくらしをゆるゆるとブログ
★「肺を清め滋養強壮効果が!? 〜カワラケツメイ〜」音感ナッシング女のひとりごとブログ


(関連する記事)
★「020 【お魚料理01】浜田行き寝台特急と『赤天』」
★「401 【名物パン34】赤穂・加里屋でカリーパン」
★「601 【麺類色々30】龍野のお殿様は鉄拳の持ち主だった」
★「1281 【団子饅頭50】松之大廊下と『義士白玉粉』‥皇居東御苑」
★「1880 【お肉料理58】吉良さまの御墓所と『鉄板麺』・・東中野」

★「1934 【呑みモン54】神さま方のお宿と『はま茶』『ざら茶』・・出雲大社」
★「1965 【麺類色々152】甍街道と『スパゲッティ風めん』・・江津」
★「1967 【お魚料理93】『赤てん』と竹島密貿易事件・・浜田」
★「1968 【麺類色々153】聖の没した益田で『ローメン』を」
★「1969 【スイーツ142】藩の危機を救った?『源氏巻』・・津和野


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(十六茶にカワラケツメイは入ってますが、爽健美茶にゃ入ってません)


同じ島根県内でも東部は「はま茶」・中部は「まめ茶」、そして津和野を初めとした西部じゃ「ざら茶」と言うンだそうですヨ。もちろん味や効能に余り変わりは無い筈ですが、私ぁ「つわの香味園のざら茶」を毎日飲んでますネ。緑茶には緑茶の美味さや効能が有りますが、一日も早い心神の寛解を目指すが為に・・常時緊張したままの私メを、ざら茶の柔らかな味が確実にほぐして呉れてますネ。コレを飲むとホント落ち着くンです、良いモノに巡り合えたと深く感謝!なおステマじゃ有りません



| 2015.11.25 Wednesday (00:15) | 島根が左・鳥取が右 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.20 Thursday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS