きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2373 【お米料理209】「めはり寿司」と武蔵坊弁慶の故郷‥紀伊田辺 | main | 2375 【お米料理210】今年最後の靖国と「シューマイカレー」・・九段 >>
2374 【やきそば253】「江川ちゃんぽん」と付家老の城下町・・紀伊田辺
銀杏や紅葉見物に忙しく、少し前の旅のご報告です。御容赦の程を

全く季節外れですが、田辺市街地に面した「扇ヶ浜」は約一kmに渡って白い砂浜が続く、実に心地良い海水浴場。夏以外も楽しめる様に公園化され、私ぁ太平洋を眺めながらノンビリ日光浴させて貰いましたヨ

温暖な紀伊半島を気侭に旅し、南紀の中心都市・田辺市へ参った私メです。昨日はココ出身とされる武蔵坊弁慶サンを考えましたが、何しろ確証が無いらしく・・ホントかドウか判りません。ロマンは有りますケド。

尤も今の私メにゃ「居たかドウか判らぬ人」のコトまで考える余裕は有りませンので、もう少し近い時代・・江戸時代に紀伊田辺藩三万八千石のお殿様だった、安藤家について考えましょか。当り前じゃ無い家ですし。

江戸時代の武士は領地が一万石を超えますと、「大名」と呼ばれる様に成りますヨ。ならば紀伊田辺藩は三万八千石だから・・コリャ立派なお大名の筈。処が安藤家は大名で在って大名じゃ無い、ホント不思議な家。

ソレは徳川御三家の補佐や監督役を務める為に、幕府から遣わされた特別職「附家老(つけがろう)」だったから。つまり幕府の家来(大名)で有りながら、紀州徳川家の家来(陪臣)でも有ると云う二重在籍者ですナ。


田辺市街地を流れる会津川の河口に在ったのが、紀州徳川家の付家老・安藤家の居城だった「田辺城(錦水城)」址。明治四年(1871)の廃藩置県で破却されちまいましたが、辛うじて水門だけが残ってましたヨ

江戸幕府を作られた徳川家康公は、三男の秀忠公に将軍職を譲りますが、九男・義直公に尾張藩、十男・頼宜公に紀州家、十一男・頼房公に水戸家を作ってそれぞれ独立させますネ。コレを御三家と称しますナ。

コリャ本家が途絶えた時の為の備えですが、御三家に問題が生じると困るンで、信頼出来る若手官僚を「付家老」として遣わして、藩政の指導と監督をさせますヨ。この時紀州家には、二人の官僚が遣わされます。

その一人が、遠州掛川城(静岡・掛川市)のお大名だった安藤直次と云うお方。家康公の側近として幕政の中枢にいた人ですが、特に頼まれて田辺城に移り、頼宜公の優秀な補佐役として紀州家を万全な体制に。

処が安藤家は付家老として遣わされたっきりで、何時まで経っても元の独立した大名に復帰できず。特別扱いされるモノの、やっぱ嫌だったンでしょうナ。独立運動を繰り広げ、幕末に成ってやっと復帰してますヨ。


良い意味の「田辺の三奇人」として褒め称えられてるのが、昨日ご紹介の「武蔵坊弁慶」・日本の博物学の泰斗「南方熊楠」、そして合気道の創始者「植芝盛平」翁の御三方。扇ヶ浜公園に植芝翁の銅像が在りましたが、身長156cmながらも大相撲の力士を軽く投げ飛ばす等、数々の逸話の持ち主ですが、田辺の御出身とは知りませんでしたネ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都千代田区九段」への訪問記です★

(参考リンク)

★「田辺探訪 〜文化の香りの城下町〜」田辺観光協会HP
★「南紀ほんまもん王国」南紀エリア観光推進実行委員会HP
★「ようこそ、熊野へ。」田辺市熊野ツーリズムビューローHP
★「熊野の歴史や文化、熊野古道の歩き方」み熊野ねっとHP
★「田辺扇ヶ浜海水浴場」田辺観光協会HP
★「田辺城(錦水城)」余湖くんのHP
★「紀州藩の支城と附家老」紀州藩ブログ
★「日本史人物列伝 安藤直次」よろパラ 〜文学歴史の10〜 HP
★「田辺について 植芝盛平(うえしばもりへい)」田辺観光協会HP
★「江川のチャンポン」焼きそば名店探訪録ブログ
★「【知られざるディープな和歌山】日本でここだけ!究極のB級グルメ『江川のちゃんぽん』」ニッチ―!ブログ

(関連する記事)

★「827 【名物パン61】漆黒の和歌山城と『ナカタのパン』」
★「828 【スイーツ39】和歌山遺産『グリーンソフト』」
★「2265 【スイーツ174】昔は近かった和歌山と『グリーンソフト』」
★「2266 【お米料理189】『早なれ寿司』と挫けぬ吉宗公・・和歌山市」
★「2267 【麺類色々194】『和歌山ラーメン』と夜の和歌山城」
★「2268 【スイーツ175】『ミカンかき氷』と醤油発祥の街‥湯浅」
★「2269 【スイーツ176】『しょうゆソフト』と稲むらの火・・紀州広川」
★「2371 【やきそば252】双子の紀伊一宮と『片面焼きやきそば』・・和歌山市」
★「2372 【名物パン274】『ナカタのスイート』と南高梅のふるさと・・紀伊みなべ」
★「2373 【お米料理209】『めはり寿司』と武蔵坊弁慶の故郷‥紀伊田辺

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(安藤家等の付家老は、江戸城じゃ大名同然として扱われた様です)


田辺城址から会津川を渡り、少し歩くと「江川」と云う古い漁港街に出ますヨ。ココは古くから賑わったトコだソウで、だから?お好み焼き屋サンの多い事。そして江川地区のお好み焼き屋サンにゃ、「ちゃんぽん」なる珍メニューが揃って有ると聞いてましたンで、散策ついでに足を延ばしてみましたヨ。焼きそばと焼うどんを二つ混ぜながら炒めて呉れるスゴイ量の逸品で、この位食べないと漁師さん達は身体が持たないンでしょうナ。私メも青空療法に勤しみ過ぎてエラク痩せ、何とか体重を増やしたいモノと苦悩してますンで、この際たっぷり食べて行くコトにしましょうか。「はまちゃん」サンで焼いて貰いましたが、流石に二玉使ってるンで・・食べ切れるかしらん。ですが甘辛ソースと不思議な食感でアッサリ食べ終えた私メ。春までに体脂肪率10%に戻したいです



| 2015.12.21 Monday (00:15) | 和み和らぐ和歌山県 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.08.18 Sunday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS