きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2386 【お肉料理86】新しい県民手帳と「錦玉子」・・静岡市 | main | 2388 【名物パン277】無間地獄への入口と「ビスキーメロン」・・日坂宿 >>
2387 【お魚料理105】有難き故郷の神社と「しぞーかおでん」・・静岡市
フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

駿府城下の総鎮守「静岡浅間神社(せんげんさん)」は、徳川家康公が元服式を行ったコトから、江戸幕府の極めて篤い崇敬を受けた名宮。国の重要文化財だらけのお社で、私ぁココを遊び場にして育ちました

年末は私メの「生まれ故郷」にして、今も住んでる板橋区をご紹介しましたが、新年最初の旅日記は私メの「育ち故郷」の静岡市葵区へ。暮らした街は他にも幾つか在りますケド、育ったのはココだと私ぁ思ってます。

人間って弱い生き物で、喜びにつけ悲しみにつけ故郷に帰りたく成りますナ。私ぁ生まれ故郷に折角住んでるンだから、帰るべき故郷は他に要らない筈ですが、ドウにも板橋にゃ今イチ感慨を感じられないンですヨ。

ソレは贅沢と云うモノで、「帰りたくても事情が有って帰れぬ人」に叱られソウですが、普段住んでると当り前過ぎて有難く感じられず、「何処かに帰るべき街が在るに違いない」と考えちまう。将来は判りませんケド。

ま、石持て追われて出た訳じゃ無く、両親の転勤で東京に戻っただけだから、一層懐かしさが募るンでしょう。何れにしろ一昨年末の心神崩壊からの闘病で、疲れきった翼を休める街はココしか思い浮かびません。


浅間神社に立て籠もる武田家を攻略した時、家康公は「必ず再興致します」と泣きながら火をつけたとか。巨費を投じて約束通りに華麗な社殿を再築してますが、そんな戦火が有ったと思えぬ穏やかな神苑です

JR静岡駅を降り立てば、ナニは兎も有れ向うのが「静岡浅間神社」。東海地方じゃ一番古い、二千百年以上前の創建とされてますナ。その大拝殿は日本一背高な木造神社建築で、主な守り神は富士山そのモノ。

耐え難き心神不調を制して寛解させたいと、服薬治療・青空療法に励むのみならず、全国の神社仏閣・教会・モスク等を訪ね歩き、「お助け下さい」と願って廻った昨年でしたが、私メが最も信奉してるのがこのお社。

およそ全ての神さま仏さまに優劣なぞ有ろう筈は無く、また一神教だろうと多神教だろうと尊い方ばかりと判ってますが、やっぱ馴染み深い神さまに縋りたく成るのは人情ですヨ。ましてや故郷の神社なればこそ。

足掛け三年目の闘病も、取り敢えずの安定まで至れたのは天佑神助のお蔭。確かに疲れ切ってますが、残すは寛解目指して減薬に耐えるコトのみ。絶対に負けないと「せんげんさん」に誓う、故郷の新春でしたヨ。


浅間神社の少し東に、幼少期の家康公が暮らしていた臨済宗の名刹「大龍山臨済寺」が在りますヨ。静岡の戦国大名・今川家の菩提寺で、ココも幕府から手厚い庇護を受けた立派な伽藍が残ってますナ。私メがこの街を育ち故郷と思う様に、家康公もイヤな思い出が全く無かったからこそ、幕府を成立させてから僅か数年で江戸を去り、生まれ故郷の愛知・岡崎市じゃ無く、育ち故郷の静岡市に帰って来られたンでしょうナ。同じ思いを持つ大先輩・家康公を、私ぁ心底尊敬してますヨ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「静岡県掛川市」への訪問記です★

(参考リンク)

★「ようこそ静岡へ」静岡観光コンベンション協会HP
★「静岡市はいいねぇ。」静岡シティプロモーションHP
★「徳川家康公と駿府」静岡商工会議所HP
★「駿河国総社」静岡浅間神社HP
★「静岡浅間神社 日本一高い木造神社建築」Journey To The Endブログ
★「富士山を仰ぐ静岡の守り神!荘厳な静岡浅間神社をめぐる」Find Travel HP
★「家康公の史話と伝説とエピソードを訪ねて 浅間神社とその周辺」大御所四百年祭記念 家康公を学ぶHP
★「今川家の菩提寺 臨済寺」寺写真紀行HP
★「<大御所の遺産探し>足跡を照らす(2)臨済寺」静岡新聞アットエスHP
★「おむすび、お弁当の『天神屋』」天神屋HP
★「ローカルお惣菜チェーンのしぞーかおでん@天神屋」くーちょ日記ブログ

(関連する記事)

★「521 【歴代宰相04】安倍さんと『静岡の親子丼』」
★「984 【やきそば70】滅多に見せない臨済寺と『鳴門巻き焼きそば』‥静岡市」
★「985 【スイーツ55】走れ銀輪!甘過ぎる『クリームみつ豆』‥静岡市」
★「1206 【お米料理78】人生最愛の駅弁『鯛めし』‥静岡市」
★「1582 【野菜果物59】久能山東照宮と『石垣いちご生ジュース』・・静岡市」
★「1613 【お魚料理82】日本一の表富士と『白はんぺん』・・静岡」
★「1615 【名物パン168】『日本初のサンドイッチ』と夜の静岡市」
★「1723 【お米料理123】桜咲く故郷の城と『しらすむすび』・・静岡市」
★「1793 【お魚料理91】『鰯の醤油干し』と二番目に住み易い街‥静岡市」
★「1817 【麺類色々135】東日本の西端で『駿河らーめん』を・・静岡市」
★「1869 【麺類色々140】盛夏の静岡市で『唐揚げ二色うどん』」
★「2145 【お米料理173】『そぼろ親子駅弁』を新緑の駿府城で・・静岡市」
★「2146 【やきそば227】有難き故郷の神社と訛りと『焼きそば』と・・静岡市」
★「2202 【お魚料理102】超高級『ツナ缶』と心の落ち着き先・・静岡市」
★「2203 【スナック57】『8の字』持って、山岡鉄舟まかり通る!・・静岡市」
★「2386 【お肉料理86】新しい県民手帳と『錦玉子』・・静岡市

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(私メ的にゃ遅く思えても、症状を考えれば随分早い回復ナンだとか)


年末年始は静岡市でも開いて無いお店が多く、そんな時に頼りに成るのは、年中無休のローカルお惣菜チェーン「天神屋(テンジンヤ)」。私メが子供の頃はおむすび屋さんのイメージでしたが、イロイロ有って経営が変わり業態が変わっても・・気軽さ手軽さは不動。昔からの名物「しらすむすび」と「しぞーかおでん」を何本か。静岡おでんに関しては一家言の有る私メで、一番美味しいのは「駄菓子屋で立ち食い」!観光客向けの専門店街は全く宜しく無く、ソレだったら遥かに天神屋の方が美味しい。ま、全国ドコでも観光客向けはそんなモンでしょうけども



| 2016.01.02 Saturday (00:15) | 我がふるさと静岡市 | - | - |
スポンサーサイト



| 2018.11.14 Wednesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS