きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2404 【国内で海外旅行16】アフガニスタン大使館と「中東のクリームチーズ」・・麻布台 | main | 2406 【スイーツ183】名古屋の下町で「しるこサンド」を‥四間道 >>
2405 【お鍋料理23】真冬の夜の長浜で「とりやさいみそ」を
フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

日本最大の湖「琵琶湖」に、今日もまた日没の時間が来ましたヨ。湖北の長浜市からならばキレイな黄昏が見えるかと期待してましたが、ドウやら若狭湾から低気圧が近付いてる様で・・中々上手く参りませんナ

減薬治療への再挑戦を前に、西へ東へ旅を続ける私メです。寛解を目指す為にはいずれ通らにゃ成らぬ道ですが、一度失敗してるだけに正直怖くて堪りませんゼ。ま、何時までも逃げ回っちゃ居られませんがネ。

そんな逃避行で参りましたのは、琵琶湖の北東岸「湖北地方」の中心たる滋賀・長浜市。調べてみたら二年以上訪ねて無かった様で、JR長浜駅前の様子が結構変ってたのを見て、チョット浦島太郎な気分ですヨ。


もう少し性能の良いカメラならば、薄暮の「長浜城」をキレイに撮影出来たンでしょうが、何しろライトアップされて無かったンで・・コレで精一杯。無い知恵を絞って画像処理し、漸く見える位の画像に成りました

平成二十二年(2010)に北隣の六つの町を吸収して倍以上の市域に成りましたが、琵琶湖北端の豪雪地帯まで組み入れちゃったンで、近畿地方の天気予報を見てますと、何やらスゴク雪が降る街に成った感が・・。

処が元々の長浜市中心街は余り雪の降らぬトコで、その代わり琵琶湖の強い冬風が吹き荒れてムチャクチャ寒い!タダでさえ痩せ過ぎて寒さの堪える私メだから、日没後の街中お散歩ナンて狂気の沙汰ですゼ。


こうして夜の帳が降りると、我がコンデジは「暗闇番長」の本領を途端に発揮しますナ。さて長浜御坊表参道はシーズンオフと有って、何軒かの飲食店以外は既に店を閉め、人影は殆ど見当たりませんでした

ソコが我が心神の穏やかならざるトコで、服薬で随分安定してる心算ですが、時折抑えが効きづらく、この夜は歩きたくて仕方ない。ソレがナゼかは自分でも判りませんが、法に触れる訳じゃ無いし・・参りますかネ。

ま、歩いてる内に身体は暖まって来るンで、不審者と間違われぬ様に気を付けて、駅前以外は余り変わってない街並みを、テクテク歩きましょ。取り敢えず大通寺サンまで参りましょうか、東本願寺の長浜別院です。


長浜市周辺はお東サンのご門徒が多く、関ヶ原合戦直後の慶長七年(1602)創建の「無礙智山大通寺」さんの山門の立派なコト。重文指定の御本堂は伏見城から移築されたモノですが、夜は当然閉まってます

時代の流れに取り残された中心街は、古い銀行の建物の保存運動から発展した「黒壁スクエア」で、今や毎年三百万人が訪れる大観光地に。長浜は「旧市街地の伝統的建築物群」の保存・再生の大成功例ですヨ。

尤も真冬の夜に訪ねる物好きは少なく、お店も殆どやってませんが、発病以来「混んでるトコを避けてる」私メにゃむしろ好都合!勿論そんな自分が悔しいですが、楽しみは減薬治療の終了後まで取って置きましょ。


長浜は旧北国街道の宿場町で、その街道沿いに立派な建物が多く並んでますヨ。コチラは江戸時代に街の自治を担った「長浜十人衆」の筆頭・安藤家のお屋敷で、現在のソレは明治三十八年(1905)に建てられたモノ。近江商人の豪奢ぶりを残す邸内は実に見事で、以前参った時に感嘆した覚えが。すぐお隣の黒壁スクエアと合わせて昼間は賑わうトコですが、夜は・・。ま、こんなのも偶には宜しいじゃ有りませんか

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「愛知県名古屋市西区」への訪問記です★

(参考リンク)

★「長浜・米原・奥びわ湖へようこそ」長浜・米原・奥びわ湖観光サイトHP

★「滋賀県長浜市の『』が見つかるWebマガジン」ナガジンHP
★「長浜観光はココ!大通寺山門工事が完了。よし間近で見てみよう」ナガジンHP
★「長浜別院(大通寺)」真宗大谷派 長浜教区HP
★「大通寺(長浜城門と文化財だらけのお寺)」あの戦国の現場へ行こう!ブログ
★「レトロモダンの街並みを楽しむ、黒壁スクエア」黒壁HP
★「北国街道 安藤家」長浜まちづくり株式会社HP
★「滋賀・長浜と彦根の旅 北国街道 安藤家屋敷」質素な写真展示室ブログ
★「長浜城歴史博物館」長浜市役所HP
★「長浜城と黒壁スクエアを歩き倒してみる」Holiday HP
★「滋賀の味をそのまま直送 びわこ食堂のとりやさいみそ」琵琶近江どっとこむHP
★「やっと食べれた・・びわこ食堂『とりやさい鍋』@長浜」村一番ブログ
★「一回の鍋で三回楽しもう!冬の鍋には欠かせない『とりやさいみそ』」sorariumブログ

(関連する記事)

★「202 【名物パン13】湖北名物サラダパン」
★「203 【麺類色々09】長浜のっぺいうどん」
★「305 【やきそば14】琵琶湖にもイタリアンがあった」
★「697 【講談の舞台08】賤ヶ岳の合戦・・長浜市木之本町」
★「1605 【名物パン167】湖北の不思議な『サンドウィッチ』・・木之本」
★「1606 【やきそば170】正体不詳の武将と『和えそばスペシャル』・・木之本」
★「1608 【スイーツ97】太閤殿下のご長男と『親玉饅頭』‥長浜」
★「1609 【麺類色々114】黒壁スクエアと『鯖そうめん』‥長浜」
★「2033 【スイーツ146】雪積る清流の里で『六方焼き』を・・醒井宿」
★「2132 【麺類色々176】県名変更?と桜と『ハイカラこぶうどん』・・彦根」
★「2133 【麺類色々177】一期一会の夜桜と『元祖・彦根ちゃんぽん』」
★「2323 【団子饅頭73】お伊勢サンの御両親と『糸引餅』・・多賀」
★「2324 【麺類色々199】『近江ちゃんぽん』と電車の墓場・・高宮」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(二年以上も長浜へ行って無かったとは・・、早く寛解したいモノです)


このブログ旅日記を始めた頃から知ってたのに、今までドウしても採り上げられなかった、長浜市高月町の名物「とりやさいみそ」をとうとう御紹介!湖北自慢の白菜鍋に用いる味噌でして、「とりやさい」とは「鶏と野菜」じゃ無く、「野菜を摂る」と云う意味ですナ。全く同じ名前で極めて良く似た鍋料理が北陸・金沢市にも有り、ソッチも私メはエラク大好きですが、互いに違うモノと言い張ってるのが面白い。長浜のは金沢のと違ってチョット大蒜が強いですが、鶏に限らずお肉は何でも良く、お湯でといたこの味噌に呆れる大量の白菜を入れて、グツグツ煮ると身体が芯から暖まるのヨ。因みに今まで取り上げられなかった理由は、単純に重いから・・。画像の小サイズで900gも有り、その倍や三倍サイズも売ってまして、如何に愛されてるかお判り戴けましょう。今冬はコレをメインに鍋三昧!ドンドン食べて少しでも太りたい私メです



| 2016.01.24 Sunday (00:15) | 琵琶湖は滋賀の1/6 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.16 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS