きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2419 【保存食品60】化野念仏寺に捨てた心と「くき大根」・・嵯峨野 | main | 2421 【今川焼き35】梅と桜とカテドラルと「天然鯛焼き」と・・関口台 >>
2420 【名物パン286】巨大伽藍の東福寺で「京風メロン」を
フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

「慧日山東福寺」の応永三十二年(1425)に再建された「三門」は、禅寺のソレとしては国内最古を誇りますヨ。当然の様に国宝指定されてますが、ホントとにかく巨大で・・高さ二十四m・横幅五十mも在ります

上方の旅の最終日です。一昨年末に心神崩壊した私メですが、長年のお付き合いの我が主治医ドノに異変を早く見抜いて貰い、ご紹介して戴いた専門ドクターの元で、服薬治療と青空療法に励んで参りましたネ。

お蔭で寝たきり・引き籠りに成らずに済み、不出来でも寄席の高座に上れますし、こうして旅に出られる位に状態も安定し、減薬に早く再挑戦したくて堪らない程。無理を承知で、ガムシャラに頑張って来ましたから。


五摂家の一つ・九条関白家により嘉禎二年(1236)に創建された東福寺は、京都でも最大級の伽藍を誇りますが、何度か大火に遭ってまして・・。ご覧の本堂は昭和九年(1934)に再建されたモノ、でも立派!

尤も再挑戦は暖かく成るまで見送りと決まり・・我思うほど、回復して無かった様ですナ。暫くは拙宅の在る東京で治療・療法に勤しみ、体調を整える必要が有りましょうから、そろそろ旅を切り上げて帰りませんと。

ですが・・京都に折角来てンだし、もう一ヶ所ドッカへ寄りたいと、思い悩む朝の京都駅。路線図を見ると、JR奈良線の一つ隣りが「東福寺駅」。東福寺と云えば「京都五山」の第四位で、巨大な伽藍で知られた大寺。


京都の禅の大寺は「〜面(づら)」と云う綽名が有りますが、大伽藍で知られた東福寺はもちろん「伽藍面」。ナニが驚くって・・境内の庭園を跨ぐ「臥雲橋」は屋根付きで、コレまで重要文化財・・流石に京都ですゼ

駅自体はJRや京阪電車で何度も通ってますが、東福寺サンはまだ詣でて居らず、思い立ったもナニかの御縁。頭ン中をスッキリさせる青空療法に都合良しと、テクテク歩いて行ったンだから・・やっぱり変ですヨ。

尤も毎日歩いてる私メにゃ、二kmなんて大した距離じゃ無い。むしろ東福寺サンの寺域に入ってからが大変で、「伽藍面」と呼ばれるのは伊達じゃ無い。広大な境内に建つ、巨大極まる伽藍の数々・・うわぁデケぇ。


広大過ぎて境内に渓谷まで在る東福寺サンは、秋の紅葉で知られたトコ。「桜が在ると遊興の場に成って宜しくない」と全て伐採し、代りに楓を沢山植えたソウで・・真っ赤に燃える季節に再訪したいモノですナ

心神崩壊以来、混雑するトコが苦手に成り、観光寺院の多い東山区を避けてましたが、南端の東福寺サンはオフシーズンで人影少なく、ジックリ見られるのは有難い。ですが・・ココは最終日に寄るトコじゃ無い!

帰りの列車が気に成って、肝心の本坊庭園等をゆっくり見てられぬのが残念無念。歩かずに電車で来れば良かったンでしょうが、アレは大事な療法でナニより優先させる必要が・・。早く寛解したいと思う私メでした。


拝観を早々に切り上げ、JR東福寺駅へ行ってみれば・・アレ?もう少し時間に余裕が有るみたい。ならばと駅近くをブラついてみると、「新熊野(いまくまの)神社」なるお社を発見!永暦元年(1160)に熊野信仰に熱中した後白河法皇のご命で、あの平清盛公が創建されたンだとか。源平合戦の大立者お二人に係わるスゴイ神社が、駅前商店街の中にフツーに在るのが全く京都・・。まだまだ知らないトコだらけですヨ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は更新を休まさせて戴きます、ごめんなさい★

(参考リンク)

★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「歩いて楽しむ東山」京都市東山区役所HP
★「日本最古にして最大級の伽藍 東福寺」臨済宗東福寺派大本山 慧日山東福寺HP
★「東福寺の伽藍面」いり豆 歴史談義ブログ
★「国宝 東福寺三門」閑古鳥旅行社HP
★「東福寺三名橋のうち、臥雲橋と通天橋」京都検定合格を目指す京都案内ブログ
★「熊野の新宮・別宮として創建」新熊野神社HP
★「ないどおおきに いまくまの」今熊野商店街振興組合HP
★「全てはお客様の『おいしい』のために」フレスコHP
★「京都から真心を込めて食卓に美味しい笑顔をお届けいたします。」京都 山一パン総本店HP
★「これがメロンパンだっ!」京都・町家ぐらしブログ
★「〜京風抹茶メロン つぶ餡入り〜 山一パン総本店」ビタミンちゃんブログ

(関連する記事)
★「911 【麺類色々52】清酒の町・伏見で『きざみそば』」
★「912 【名物パン71】伏見の『なつかし菓子パン』と寺田屋事件」
★「1050 【やきそば84】地獄への入口と『京都焼きそば』」
★「1052 【スイーツ61】太閤殿下の神社と『衛生ボーロ』‥東山」
★「1361 【揚げモン48】伏見稲荷と『大き過ぎる京揚げ』」
★「1601 【麺類色々113】京都駅ビルのクリスマスと『京都ラーメン』」
★「1681 【お肉料理49】早起きのお説教と『王将の餃子』・・京都」
★「1731 【名物パン184】黄昏の伏見で『サンライズ』を」
★「2028 【麺類色々161】大階段イルミネーションと『京都ラーメン』・・京都駅」
★「2087 【お米料理167】夜明けの京都駅と『なか卯の親子丼』」
★「2131 【団子饅頭65】東寺の夜桜と『花見団子』・・九条大宮」
★「2261 【お米料理188】『ピネライス』と光り輝く夜の京都駅」
★「2393 【お米料理211】大階段イルミネーションと『ガーリックピネ』・・京都駅」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(寛解したら・・ゆっくりジックリ京都を歩き廻りたいと思うばかりです)


神社の名前は「新熊野」でも、周りの商店街は「今熊野」。読みはドッチも「いまくまの」で同じ・・不思議ですナ。その商店街にも在ったのは、京都市内じゃお馴染みのスーパー「フレスコ」で、京都の地元製パン会社「山一パン総本店」さんのベストセラー「京風メロン」が、当然の様に置いてありましたヨ。但しフレスコのオリジナルブランド「エフグリーン」版で、白あんのフツーの京風メロンと、黒あんの入った京風抹茶メロンの二つを買って参りました。東京風の丸いメロンパンは関西じゃ「サンライズ」と呼び、ラグビーボウル状のを「メロンパン」と称しますが、最大の違いは中に餡子が入ってるコト!帰りの電車で食べる心算でしたが、疲れが溜り過ぎてたのか?食べずに持って帰って来ちゃいました



| 2016.02.08 Monday (00:15) | 京都上ル下ル・洛外 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.11.19 Tuesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS