きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2471 【今川焼き41】ソメイヨシノの故郷で「ジャーマン鯛焼き」を・・駒込 | main | 2473 【お肉料理87】桜の小金井公園と「Sガストの特大ハンバーグ」 >>
2472 【団子饅頭78】鴻巣の桜と「いが栗まんじゅう」
今日も余計な文章抜きで、埼玉・鴻巣市の桜をお楽しみ下さいませ!

FMラジオのDJ出演の為、中山道の七番宿・鴻巣に毎週通い続けて十八年目。宿場に在る浄土宗の関東十八壇林の一つ、「天照山勝願寺」さんの境内の桜がスゴいンで、今年も満開の日に訪ねてみました


勝願寺にゃ徳川家康公が度々お出でに成られてたソウで、その御縁で「丹後田辺藩(京都・舞鶴市)・牧野家」「関東郡代・伊奈家」等の徳川譜代大名の御墓所が在りますヨ。でも今年はこの幟が沢山立ってます


今年の大河ドラマの主人公「真田信繁」公の兄嫁で、真田家存続の為に大活躍する女傑「小松姫(家康公の養女)」のお墓も勝願寺さんの境内に。江戸から草津へ湯治に行かれる途中、鴻巣で病没されてます


勝願寺さんは壇林(修行僧の学校)として、学寮の建ち並ぶ北武蔵有数の大寺だったとか。学寮だった辺りは大きな公園に成り、ソレを囲む様に並ぶ桜は実に見事!去年は晴天でしたが、今年は生憎の曇天です


鴻巣の桜の名所は「鴻巣公園(勝願寺さんの前の広場)」と、十年前に合併した旧吹上町の「元荒川沿い」ナンだとか。鴻巣公園は毎年観桜に行ってましたが、元荒川沿いの桜は十八年目にして初めてですヨ


元荒川は名前通りに昔の荒川の本流ですが、勝願寺さんにお墓の在る関東郡代・伊奈忠次公により、江戸へ流れ込む利根川・荒川の流路変更えが行われた結果、今の荒川とは全く別の川に成った経緯が・・


先日ご紹介した拙宅(中山道・板橋平尾宿)近くの「神田川沿い」「石神井川沿い」の凄まじさにゃ負けますが、元荒川沿いは親水公園に成ってる分、桜が近く感じられて良いですネ。約五百本の桜が2.5kmに渡り続いてるソウで、いずれ寛解したらユックリ歩いてみたいモノです

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都小金井市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ひな人形と花のまち こうのす」鴻巣市観光協会HP
★「鴻巣の日本一」鴻巣市役所HP
★「埼玉県鴻巣市の商店街とタウン情報」こうのとりドットコムHP
★「FM鴻巣フラワーラジオ」フラワーコミュニティ放送HP
★「勝願寺
(鴻巣市:本町)」Wind of Home town in 鴻巣HP
★「私と小松姫の接点<勝願寺>」あかねのん日記ブログ
★「鴻巣公園の桜祭り・・『さくら』ァ!」きよちゃんの趣味悠遊ブログ
★「鴻巣公園の夜桜」アマチュア写真家 Sky Duckブログ
★「埼玉県鴻巣市吹上で幽玄の花見を!うす紅に染まる元荒川の桜並木!!」たびねすHP
★「元荒川というからには荒川はここを流れていたのか、中川は何の中の川か」まち歩きで趣味探しと図書館めぐりを自転車でブログ
★「いがまんじゅう/埼玉県・鴻巣・加須」e−food HP
★「鴻巣ポピーハッピースクエアで絶品、いが栗まんじゅう」埼玉県民のお散歩ブログ


(関連する記事)
★「531 【揚げモン12】数千円で旧町名を復活させました」
★「839 【団子饅頭33】渡辺さんの発祥地と『いが饅頭』‥鴻巣」
★「842 【比較研究06】山形と広島の『いがまんじゅう』」
★「916 【団子饅頭37】また復活した旧町名と『塩あんびん』‥鴻巣」
★「1259 【やきそば115】『焼きそばサンド』とひな祭り‥鴻巣」
★「1267 【やきそば117】『手打ち焼きそば』とびっくりひな祭り‥鴻巣」
★「1306 【麺類色々87】桜咲く鴻巣で『世界最広!川幅ラーメン』」
★「1523 見事成功!世界最大の大花火『四尺玉』・・鴻巣」
★「1678 【お米料理116】『パンチ丼』とびっくりひな祭り・・鴻巣」
★「1767 【やきそば186】日本一のポピー畑と『ポテト焼きそば』・・鴻巣」
★「1953 【やきそば210】一千万本のコスモスと『フライ&焼きそば』・・鴻巣」
★「1978 【やきそば213】『にんにく焼きそば』とナゾの街区表示板・・鴻巣」
★「2072 【団子饅頭62】『いが饅頭』と五千体のお雛様・・鴻巣」
★「2124 【お肉料理72】桜祭りの苦悩と『にんにくステーキ』・・鴻巣
★「2297 世界一の大花火『四尺玉』を打ち上げる男たち・・鴻巣」
★「2433 【お米料理217】びっくりひな祭りと『こうのすコロッケ丼』・・鴻巣」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(長いコト行ってる割にゃ、ソレほど鴻巣を詳しくない様な気もします)

鴻巣は不思議な食べモンの多い街で、今までイロイロご紹介して参りましたが、その一つが「いがまんじゅう」。餡子入りの田舎饅頭を御赤飯で包むという豪快極まる逸品で、その姿が栗のイガに似てるトコから名付けられた、鴻巣辺りじゃ昔から在る郷土菓子ですナ。同じ名前で大福みたいなのは全国に在って、以前ソレを調べて見たコトも有りましたが、ソッチは「稲の花=いが」。栗のイガなのはココら辺だけの様ですが、ホントに栗の実が入ってるのを今回見付けちまいました。と共にフツーのはつぶ餡なのに、こし餡のも見付けちまったンで二つ揃ってご購入!饅頭ナンだかお結びナンだか良く判らぬ、実に不思議な食感で・・ホント腹持ちが宜しいですヨ。私ぁ食欲不振を甘さで補ってます



| 2016.04.10 Sunday (00:15) | なぜかココは埼玉北 | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.12.11 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS