きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2478 【やきそば261】蒼空の宇都宮で桜と「キャベツ焼きそば」を | main | 2480 【名物パン293】しだれ桜の城下町と「新作ホイップメロン」・・白河 >>
2479 【スイーツ192】今年最後の夜桜と銘菓「チャット」・・宇都宮

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

下野(しもつけ)国の一ノ宮にして、宇都宮市の総鎮守なのが「二荒山(ふたらやま)神社」サマ。日光の同名神社と区別する為に、頭に宇都宮と付けて呼ぶコトが多いソウですが、コッチが御本社だと聞きます

拙宅の在る東京の桜だけじゃ飽き足らず、名古屋や京都まで遠征してソレを目一杯楽しんだのに、もっともっと眺めたいと北へ向かった私メです。我ながらチョット可笑しいと思う位、桜に執着して居ます。

こんな風に成ったのは昨春からで、何度も書いてますが心神崩壊からの復活を目指し、一日も欠かさずに服薬治療と青空療法に励んでますが、ソレだけじゃ保てぬ気持ちの張りを桜で満たそうとしてるから。


宇都宮二荒山神社サマは千七百年近く()も前の創建と云う大変な古社ですが、その参道前にゃパルコが建ってる!恐らく門前町がそのまま中心繁華街に成ったんだと思いますが、全国でも稀有な例でしょうナ

勿論パッと咲いてパッと散っちゃうのが桜の花で、何時までもソレに頼ってる訳にゃ参らず、何れ執着する先を変えにゃ成らぬのも判ってますが、叶うならば今暫く桜の美しさに浸ってたいのは人情ですヨ。

だもんで先ずはココからと、ホント久しぶりに訪ねた宇都宮市ですが、同じ関東でも東京と季節にチョット差が有る様で、訪ねた一週間ほど前はまだ枝垂桜が咲いてた!ソメイヨシノはやっと満開‥あらまぁ。


中心街をブラついてる内に黄昏が近付いて、神社参道のライトアップが鮮やかに。今年はもう無理だと思ってた夜桜を、同じ関東でまた見られるとは‥。どうして桜って、こんなに魅力的ナンでしょうか?

明るい内は昨日ご紹介した通り、宇都宮城址公園等を巡って桜を愛でてましたが、中心街の商店街やデパートとかで珍しい食べモン探しをしてる内に、お天道さまはすっかり西へと傾いて、夜の帳の降りる時間に。

如何に暖かく成ったと言ったって、まだ四月ですからネ。そろそろ東京に帰らなくちゃならぬ時間、でも桜をもう少しだけ見ていたい。ドコか夜桜は‥そうだ!この街の名前の由来に成った神社が、すぐソバの筈。


JR宇都宮駅のソバに地元特産の大谷石を使った、堂々たる規模の商家が残されてます。醤油醸造や肥料販売等で財をなした宇都宮の豪商・篠原家の旧店蔵で、明治二十八年(1895)築の国の重要文化財ですヨ

諸説有りますが、「一ノ宮」が訛って宇都宮に成ったと聞いたコトが有りますネ。一ノ宮とは全国が六十六に分れてた頃、各国の神社の中で一番格式の高かった神社のコトで、全国各地にそれなり以上に在った筈。

下野国
(=栃木県)は宇都宮中心街に鎮座する「二荒山神社」サマがソレで、事の真偽はともかくとして、参道で夜光に照らし出されたソメイヨシノが本当にキレイ!今年最後の夜桜を瞳に焼きつけた私メでした。


宇都宮の中心街をノンビリ歩いたのは、恐らく十年ぶり位で流石に浦島太郎状態ですナ。確かJRの駅前にゃデパートが在った筈ですが、郊外との競争に敗れ去った様で‥。ココは東京からそんなに遠く無いのに、桜の季節がチョット違ったのに感謝し、満足して帰路につきましたヨ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「福島県白河市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「都会&田舎の『とかいなか』」宇都宮観光コンベンション協会HP
★「地図で愉快だ宇都宮」うつのみやマップHP
★「栃木のクチコミナビ」栃ナビ!HP
★「宇都宮は花見を楽しめるイベントが満載。桜の名所もご案内」iemo HP
★「鎮守の杜 宇都宮二荒山神社」二荒山会館HP
★「宇都宮二荒山神社様」とちぎの百様・栃木県庁総合政策部HP
★「二荒山神社の桜はほぼ満開です
(宇都宮市)」よっしーの散歩ブログ
★「旧篠原家住宅
(国指定重要文化財)」宇都宮市役所HP
★「創業大正四年」下野菓子処うさぎやHP
★「宇都宮人気ナンバー1の土産菓子!うさぎやの『チャット』」街画コムHP

★「相田みつをが命名&デザインしたお菓子」Excite Bit HP

(関連する記事)
★「1183 【やきそば102】『ゴム焼きそば』と雪中ツーリング‥那須烏山」
★「1184 【お肉料理29】『なんこつ煮』と銀河鉄道999‥那須烏山」
★「1438 【やきそば142】『ニラ焼きそば』とまちの駅だらけの街‥鹿沼」
★「1511 【やきそば156】足尾銅山と日光の『白焼きそば』」
★「1512 【名物パン147】世界遺産・日光の社寺と『ジャーマン』」
★「1568 【スイーツ94】東西ホタル大名と『トラピストガレット』・・那須烏山」
★「2478 【やきそば261】蒼空の宇都宮で桜と『キャベツ焼きそば』を


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(短い期間だけだからこそ桜はキレイ‥でもまだ見たりません)

今回まで全く知りませんでしたが、宇都宮を代表するお菓子は大正四年(1915)創業の老舗菓子店「うさぎや」サンが、昭和三十六年に売り出した「チャット」だそうナ。あの相田みつをサンが命名したモノで、ネット用語のソレと同じく「気楽な語らい」の時に食べて欲しいと云う願いを込めたモノだとか。中身は白餡の入った良くあるタイプの洋菓子ですが、パッケージのデザインも相田氏がされたソウで、そう聞くと妙に有難く感じられちまうから、実に不思議でございます




| 2016.04.17 Sunday (00:15) | そりゃ栃木がいいべ | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.04.30 Sunday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS