きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2492 【今川焼き46】惜別の辞、神田陽司先生へ(前)・・尼崎 | main | 2494 【名物パン294】惜別の辞、神田陽司先生へ(後)・・尼崎 >>
2493 【お米料理223】惜別の辞、神田陽司先生へ(中)・・千日前
※昨日の記事からの続きです、先ずはコチラをご覧下さいませ※

陽司センセのお通夜の後、阪神尼崎駅から電車に乗ったら近鉄難波行き・・。彼と一度大阪ミナミで遊んだ事が有りましたが、待ち合わせたのは南海電車なんば駅でしたナ。アレは互いに二ツ目だった頃です

私メと陽司センセが講釈師に成った平成二年は、終盤なれどバブルの賑やかさが続いてましたネ。不思議なモンで寄席芸界は世間が不景気だと入門希望者が増えますが、好景気だとそんな物好きは減りますヨ。

加えて講談唯一の定席「本牧亭」が地上げに遭って閉館し、釈界の将来に暗雲が漂ってた頃。私ぁ師匠から「後輩は暫く来ないと覚悟する様に」と言われ楽屋入りした初日、陽司センセが入門願いに来たンです。

コリャ嬉しかった・・だって忽ちの内に、一番下じゃ無く成ったンですからネ。実はこの年、衰退してやがて消滅するだろうと言われてた釈界に、私メと彼を含めて四人もの物好きな入門者が出て、先輩方は大喜び。

「新弟子が滅多に入らぬ講談に異変が起きた」と、雑誌に取り上げて貰いましたヨ。尤もその四人の内、一人は釈界を去り、一人は名跡を襲名したのに音信不通。私メと陽司センセだけが残る結果と成りましたが。


観光客のミナミでのお約束は、道頓堀川に架かる戎橋からグリコの巨大ネオンを見つつ、ソレの真似して「お手上げポーズ」するコト。陽司センセと互いにやった覚えが有りますが、あの画像・・ドコに在るかしらん

中でも陽司センセは頼もしかった。何しろ私ぁ大学を途中で遠慮した、世間知らずのお兄チャン。一方彼は早大をチャンと卒業し、情報雑誌の敏腕編集者として世間の荒波に揉まれた、学識も常識も有る社会人。

確かに芸界は「一秒でも先に入った者は、一生追い抜き無しの先輩」なのが鉄の掟で、数か月先に入っただけの私メは兄サン扱い。ですが実際は陽司センセに教えて貰うコトばかりで、ドレだけ助かったコトやら。

彼からしたら定めし迷惑な兄サンだった筈ですが、余程のコトが無い限り文句や嫌味を口にせず、その代わりお得意の漫画やアニメについて語りつつ、テキパキ仕事を片付けて呉れたンで、ホントに有難かった。

そして楽屋仕事が終わると、安酒飲みに繰り出してた訳ですが、今考えるとバブルって不思議な時代。前座だから収入は当然少ない癖に、財布にゃナゼか「無記名・無制限のタクシー券」が何枚も入ってましたヨ。


一昨年末の心神崩壊以来、タダでさえ弱ってる心神が突然の訃報・お通夜で不安の極みに達しかけ、定宿で一人ソレに堪える勇気をとても保てず、無理を承知で道頓堀界隈へ乗り込みましたが・・無謀でした

ドコかの仕事先で「コレで帰ってネ」と貰ったモノですが、タクシーに乗るしか使えぬチケットで、私メら前座は「タク券より小遣いが欲しい」。そしたらお酒は飲めるし着物も買えるし、何より家賃や光熱費が払えるし。

そう、陽司センセは家賃や光熱費を溜める名人で、督促状や警告書が白地や緑地の内は大丈夫。黄色に変わったら用心し、赤地に成ったら「兄サン、流石に払わなくちゃ駄目です」って、ヘンな事も教わりました。

程なくバブルが崩壊したお蔭()で、芸界の芝生を青く感じたらしい後輩共が少しずつ入って来たンで、共に三年少しで二ッ目に昇進出来ましたが、途端に天狗と化した私メと違い、彼は変わらぬ努力をしてました。

特に得意な知識を生かしたサブカルチャーものや、メッセージ性の強い新作講談を作り始め、その才の無い私ぁドンドン引き離されましたが、不思議と嫉妬する気に成らなかったネ。アレは彼一流の工夫だから。


道頓堀の雑踏から逃げ込んだのは、千日前の「天竜山法善寺」サマ。織田作之助センセの小説「夫婦善哉」や、藤島恒夫さんの大ヒット曲「月の法善寺横丁」の舞台はココと、陽司センセに教えて貰いましたヨ

彼がドウ思ってたか判りませんが、立場上は確かに私メの方が先輩だけれど、私ぁ年上の彼を兄と思い尊敬してましたネ。「力で押す高座」一辺倒の私メと、ドコまでも緻密に「理知的な高座を勤める」陽司センセ。

新しい根多を高座に掛ける時、「楽屋に一旦入ったらジタバタしない」主義が私メで、彼は「高座ギリギリまで台本原稿を読み返し完璧を期す」流儀。芸風や姿勢が余りに違うンで、一度も反目せずに済みましたヨ。

だからこそ二人同時の真打昇進と成り、昇進披露パーティーやら披露興行やら、互いにフォローし合って何とか無事に努めるコトが出来ました。他の人だったら絶対喧嘩してた筈ですが、陽司センセだったから。

私メの様な半端者と違って敵を造らぬ彼だから、釈界の将来は陽司センセが背負って呉れるモノと信じてましたネ。だからこそ痩せ衰えた姿で、杖を突いて現れた時は・・!ソレはちょうど一年前の今頃でしたヨ。


陽司サンがわてを初めて法善寺へ連れてくれはったのは、大阪ミナミで一緒に飲んだ晩やった。早う立派な講釈師に成りいや言うて、長い事水かけ不動さんにお願して呉れはりましたなぁ‥懐かしい思い出。張り扇一本、晒しにまいて・・ちょうど法善寺横丁に月が出てましたゼ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「兵庫県尼崎市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「世界へ!大阪最新情報」OSAKA-INFO 大阪観光局HP
★「大阪人が選ぶ観光スポット・穴場・イベント情報」大阪ええとこ巡りHP
★「中央区にぎわい発見サイト 大阪中心」大阪市中央区役所HP
★「SHIN SAI BASHI」心斎橋筋商店街振興組合HP
★「いっとこミナミ」いっとこミナミ実行委員会HP
★「大阪の人が言う『ミナミ』って何だ?大阪・難波で知っておきたい21のこと!」Find Travel HP
★「大阪千日前 水掛不動尊」天竜山法善寺HP
★「月の法善寺横丁」歌の舞台写真紀行HP
★「講談師・神田陽司のサイト」同HP
★「神田陽司さんのこと」芸の不思議、人の不思議ブログ
★「喝鈍 法善寺横町店 特盛りコース」腹ペコ隊が行く!!大盛り、特盛り、てんこ盛り!!ブログ


(関連する記事)
★「306 大阪の暑さにアッサリ負けた男」
★「307 【お肉料理05】大阪ミナミで買い食いした男」
★「1064 【麺類色々68】道頓堀に飛び込む阿呆と『好きやねん』」
★「1501 【粉なモン25】雨の法善寺横丁と『キャベツ焼き』‥大阪ミナミ」
★「1637 【お米料理112】『名物カレー』と強引と傲慢・・大阪ミナミ」
★「1639 【お魚料理85】ココもミナミ?心斎橋で『昆布の佃煮』」
★「2187 【名物パン249】都構想敗れたミナミで『ヴェネチアーナ』を」
★「2272 【お米料理190】『セイロンライス』とアメリカ村・・西心斎橋」
★「2273 【お肉料理79】『蓬莱本館の豚まん』と雨夜のなんば」
★「2431 【今川焼き37】狛虎の居る神社と『茜丸の鯛焼き』・・上本町」
★「2438 【お米料理218】爆買いから逃れて『ビーフワン』を・・道頓堀」
★「2447 【スイーツ187】悲しき青空の中之島と『なにわ鯛焼きパイ』」
★「2448 【今川焼き39】悲しき夜の大阪城と『鳴門金時の鯛焼き』」
★「2492 【今川焼き46】惜別の辞、神田陽司先生へ
()・・尼崎」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(二人でイロイロ馬鹿なコトをしましたが、忘れない様にしたいモノです)

法善寺サンへわざわざ参ったのは、「月の法善寺横丁」ごっこをしようと思ったからじゃ御座いませんヨ。実はココの横町に、私メが陽司センセから唯一「おごって貰った」料理屋サンが在るから。芸界は基本的に先輩が払うのが決まりで、同輩同士だと割り勘も有りますが、後輩におごって貰うのは滅多に無いコト。ま、兵庫・尼崎市の生れ育ちの彼にゃ大阪は半分地元みたいなモンで、「安くて早くて美味くて珍しいカツ丼屋が在ります。兄サン行きましょ」と連れてって貰ってのが、「喝鈍(かつどん)」と云う結構前から在る有名店。ナニが珍しいって・・確かにカツ丼を頼んだ筈なのに、まるでカツ皿の様にご飯と煮カツが別に出て来るコト。汁タップリで少し甘めのトロトロ玉子煮カツを先ず味わい、その後ご飯に載せて食べるンだと教えて貰いましたネ。そして「ココを誘ったのは私ですから」とおごって貰いましたが、続いて行ったお店でココの十倍位おごらされる目に遭ったのは・・今や懐かしい思い出ですナ。ソレを想い出して改めて食べに参りましたが、成るほど確かに美味いけど、まさかこんな事に成るンだったら・・もっと高いトコで驕らせておけば良かったと後悔ばかり。陽司センセ、幾らでも驕ってあげるから偶には高座に化けて出ておいで・・私ぁ待ってますゼ



| 2016.05.02 Monday (00:15) | やっぱ大阪はミナミ | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.16 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS