きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2500 【今川焼き47】新緑の板橋平尾宿と「いちごクリーム鯛焼き」 | main | 2502 【呑みモン67】不安募る初夏の神宮外苑と「濃厚スムージー」 >>
2501 【今川焼き48】青葉の神楽坂と「ペコちゃん焼ピロシキ」
フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

桜の名所として知られた「牛込濠(江戸城外堀の北部)」も、青葉の季節を迎えてボート遊びをしたく成りますナ。その東端のJR飯田橋駅は少しだけ新宿寄りに移転するソウで、その工事が着々と進められてます

GW中の都内のお噂を続けます。雨が降ろうと風が吹こうと挫けずに、概ね十kmを目安にテクテク歩き廻る私メですが、如何に療法でもタダ歩いてるだけじゃ飽きますナ。だから毎日違うトコを歩こうとしてますヨ。

流石の首都・東京で、大小さまざまな繁華街・商店街や、面白い施設や心地良い公園が次々に在りますンで、「今日はドッチに行こうか」と選択肢が多くてホント助かりますネ。コレは大都市ならではの利点ですナ。


飯田橋駅西口から早稲田に近い矢来町に向けて、少し洒落た大人の街「神楽坂(早稲田通り)」は繋がってます。名前通りに結構キツイ坂の在るトコで、飯田橋側の「坂下」と矢来町側の「坂上」に分かれてます

そしてソレを面白がってンだから、私ぁやっぱ「都会の鼠」でござンすヨ。ですが一年半も毎日歩き続けてますと、出掛けて楽しいエリアやルートは定まって参りますし、興味の尽きない街や施設だって限られて来る。

ま、山手線内は殆ど歩いた感が有りますンで、コレからはその西側を攻めようかと思ってますが、ドウ成るかはその日の心神の具合次第。特に減薬過程に入って以来、食欲減退と体力低下が正比例してますンで。


神楽坂の真ん中辺りに在るのが、江戸三毘沙門の一宇「鎮護山善國寺」サマ。寛政五年(1793)に麹町から移転して来た法華のお寺で、専ら「神楽坂の毘沙門さま」で知られてますヨ。東京の縁日の元祖だとか

何れ慣れたり治まったりするでしょうケド、ソレまで大人しくしといた方がきっと良い筈。だから慣れてる街まで・・そうだ、神楽坂にゃ暫く御無沙汰してますゼ。前回は桜が咲く前だったから、久しぶりに参りましょ。

板橋平尾宿の拙宅から東池袋・音羽通りを歩いて約六km、矢来町界隈から神楽坂へ入るのが通例ですが、今日はその逆・飯田橋から神楽坂へ入って、板橋まで帰るコトにしよ!偶にゃ逆ルートも良いでしょ。


同じ神楽坂通りでも坂のキツイ飯田橋側と違い、矢来町側はなだらかな登り坂。坂下はチェーン店が多いですが、コッチは小洒落た個人経営のお店が多く、私ぁコッチの方が好きですネ。実に長閑な休日でした

平日お昼や週末・祝日は全日、神楽坂は歩行者天国に成って歩き易いトコ。ですがGW中は車道を歩く人は少なく、歩道をキチンと歩いてる中高年が殆ど。そうだ、普段の週末と違って若いカップルが少ないのか!

折角の長休みだから、きっと遠くの観光地に行ってンでしょう。尤も私メにゃソッチの方が都合良く、気ままにブラブラ出来るってモンだ。冷やかしを存分に楽しみ、お土産も買って心地良し。GWは都内に限りますヨ。


一番奥の矢来町と云えば、能楽堂と出版大手の新潮社の在る街。神楽坂通りに面した新潮社の長年放置されてた古い書庫が一昨年改装され、「la kagu」と云うイベントスペースやセレクトショップ・カフェ等の入った、ステキな場所に成ってますヨ。ココもGWの間は静かでしたネ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★次回は「東京都港区北青山」への訪問記です★


(参考リンク)
★「観光の見どころ満載の新宿を楽しもう!」新宿観光振興協会HP
★「新宿区地域ポータル」しんじゅくノートHP
★「まちの時間割」かぐらむらHP
★「神楽坂の通が教える、おすすめのお店や裏情報!」Kagurazaka Dropin HP
★「神楽坂通り商店街」同HP
★「牛込濠と飯田濠」大江戸歴史散歩を楽しむ会ブログ
★「開運厄除の毘沙門天」鎮護山善國寺HP
★「書籍・文庫・新書・コミック・雑誌の新潮社」新潮社HP
★「REVALUE」la kagu HP
★「話題のおしゃれセレクトショップ神楽坂『la kagu
ラカグ』」キナリノHP
★「日本でここだけ!ペコちゃん焼」不二家 飯田橋神楽坂店HP
★「不二家 飯田橋神楽坂店
(ペコちゃん焼)」たまはち日記ブログ

(関連する記事)
★「1027 【やきそば78】学生街と『エルムのカルボ』‥早稲田」
★「1322 【やきそば125】都の西北!早稲田で『ソース焼きそば』を」
★「1551 【名物パン156】色気のある街で『洋菓子みたいなクリームパン』‥神楽坂」
★「2046 【お米料理162】穴八幡で『日本元祖のかつ丼』を・・早稲田」
★「2082 【お肉料理66】JICAのカフェで『アフリカ料理』を・・市ヶ谷」
★「2098 【お米料理170】都電の終点で『ドカベン・マシマシ』を・・早稲田」
★「2167 【お肉料理75】若き日の新撰組と『エチオピア料理』・・牛込」
★「2190 【名物パン250】懐かしき病院と『ご褒美メロンパン』・・戸山
★「2200 【お魚料理101】東京初の景観保全と『なかよし』と・・飯田橋」
★「2228 【今川焼き25】大復活の神楽坂で『ペコちゃん人形焼』を」
★「2277 【麺類色々196】本当のシロガネーゼと元祖『かつそば』・・白銀町」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(ナンだカンだで毎月最低一回は、神楽坂を歩いてる様な気がします)

神楽坂名物「五十番の巨大肉まん」でも買って帰ろうかとも思いましたが、私ぁ食欲がホント減退中で・・食べ切れるかドウか自信が無い。だもんで肉まんに近いモノと考えて、コレも神楽坂名物「ペコちゃん焼」の「ピロシキ」をお土産にしましたヨ。全国でココだけのペコちゃん焼は、要するに如何にも不二家らしく甘い中身の入れられた、ペコちゃんの顔した鯛焼きみたいなモンですが、ピロシキは炒めた挽肉と玉ねぎが入れられた「肉食系ペコちゃん」。確かロシアのピロシキは揚げパンみたいなモンだった記憶も在りますが、細かいコトは言いっ子無しで願います。稀にポコちゃんも売られてたりしますが、今回は居ませんでした



| 2016.05.13 Friday (00:15) | 夢みる新都心新宿区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.08.24 Saturday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS