きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2522 【野菜果物88】今年も作るぞ「信州の下剤ジャム」2016・・駒ヶ根 | main | 2524 【スイーツ198】木立の中の清流と「焼きドーナッツ」・・宮田村 >>
2523 【スナック63】高原の迷子石と「ツルヤのポテチ」・・駒ヶ根
フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

南信州・駒ヶ根市で一番の古刹は、貞観二年(860)に創建された「宝積山光前寺(こうぜんじ)」。木曽駒ヶ岳の麓に建つ天台宗の別格本山で、天竜川沿いじゃ有名な「霊犬早太郎(しっぺい太郎)」所縁の地です

チョット早い夏の静養気分で、南信州・駒ヶ根高原を訪ねた私メです。尤も信州しなのの長野県も梅雨入りしたばかりで、夏のバカンスを楽しむにゃ早過ぎますが、東京ばかりに居ると息が詰まりソウで・・ご勘弁を。

駒ヶ根は中央アルプス(木曽山脈)と南アルプス(赤石山脈)の峰々に挟まれた、南北に細長い伊那谷の真ン中に在る市で、私メの実家の在る静岡・磐田市と姉妹都市なモンだから、以前から親しく訪れてますヨ。


木曽駒ヶ岳を源とする、天竜川の最大支流「大田切川」の扇状地の上流部が駒ヶ根高原。川名は「大きくたぎる」が由来で、巨石がゴロゴロ流れる暴れ川だったとか。晴れてれば、奥にお山が見えるンですが・・

北アルプスの麓・白馬村に昔住んでた私メで、信州はドコでも好きですが、中央アルプスの麓の駒ヶ根市は特に好き。またココにゃ青年海外協力隊の研修所が在って、その御縁で初めて訪ねたのは二十数年も前。

もちろん入所した訳じゃ無い!私ぁ「講談を読む」以外の才能は無く、そんなドメスティックな能力じゃ隊員にゃ成れませんが、ドウ云う訳か友人が元隊員で・・研修所に当時勤務してたのネ。だから遊びに行った訳。


大田切川から導かれた「井筋(いすじ)」と云う用水路が、駒ヶ根高原のアチコチに流れてます。何れも透き通った冷た〜い清水で、川遊びはチト無理ソウですナ。コチラは切石(後述)の横を流れる「下の井」です

で、友人宅を根城にして木曽駒ヶ岳を登ったり、高原の木立ン中を意味なく彷徨ったり、隣村のウイスキー工場(明日ご紹介します)まで行って泥酔して道に迷ったり・・。まだ若くて健康だったからの「迷子」でした。

アレから久しく時は流れたのに迷子状態は未だ続き、加えて心神まで壊しちまって・・ドウ成るのかしらん?ま、人生の迷子なのは終生続変わらンでしょうネ。処で大自然にゃ「迷子石」なるモノが、時々存在してます。


駒ヶ根高原には七つの巨石が存在しますが、ご覧の「切石」は日本唯一の「迷子石」!約九万年前に木曽駒ヶ岳から氷河によって切り出され、約二万年前に土石流でココに運ばれた、大変に珍しいモノですゼ

ヨーロッパアルプスにゃ良く在るンだソウですが、氷河によって切り出された岩塊が悠久の時の流れを経て、元々の場所から遠く離れたトコに取り残されちまったのが「迷子石」。日本じゃ唯一、駒ヶ根だけに在る。

規模は違えど、コッチも同じアルプスだしネ!木立ン中をブラブラ歩いてたらば、久しぶりに切石の前に出ちゃいましたヨ。もちろん自分の意思で動き廻れるだけマシですが、殆ど「迷子石」化してるヨと嘆く私メでした。


旅先じゃ全国チェーンじゃ無く、地元資本のスーパーを選んで買い物する私メ。全国ドコに行ってもソレを貫いてますが、「国内で一番ステキなスーパー」と信じて疑わぬのが、東信州・北信州を中心に三十二店舗を構える「ツルヤ」さん。東京の紀ノ国屋すら上回る高品質と清潔感で、もしも東京に進出して呉れたら(しないでしょうが・・)直ちにお店の前に引っ越そう!と思う位。店舗網の最南端が駒ヶ根市の赤穂店で、昨日ご紹介したルバーブもココで買いましたヨ。ツルヤが在るから駒ヶ根にも住めるかも・・ま、闘病に敗れたらソウするかも知れません

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「長野県上伊那郡宮田村」への訪問記です★


(参考リンク)
★「信州駒ヶ根ガイド」駒ヶ根観光協会HP
★「BLUE SKY in KOMAGANE」駒ヶ根の青い空HP
★「信州伊那谷観光情報」上伊那観光連盟HP
★「天台宗別格本山」宝積山光前寺HP
★「早太郎伝説」駒ヶ根の青い空HP
★「自然と人がおりなす青空博物館」駒ヶ根高原砂防フィールドミュージアムHP
★「大田切川の井筋」人と暮らしの伊那谷遺産プロジェクトHP (PDF文書です)
★「駒ヶ根の切石
(海なき信州の津波)」自然と遊ぼう!ネイチャーツアー・ブログ
★「岩が真っ二つ〜@@!★長野:駒ヶ根高原の切石」野の花のお気楽日記ブログ
★「迷子石が教えてくれること」身近な化学ブログ
★「最高レベルの鮮度・おいしさ・旬と、安さを追求します。」ツルヤHP
★「ツルヤ『ツルヤオリジナル ポテトチップス レモンバター』
(長野県)」10転び11起きな日々ブログ
★「ポテトチップス
(れもんバター味)@ツルヤ」信州の東で毎日腹ペコ・ブログ

(関連する記事)
★「747 【お米料理50】早太郎と『ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「1494 【名物パン142】暴れ川と駒ケ根にも有った『信州の牛乳パン』」
★「1852 【名物パン203】『牛乳パン』と降格した村・・信州宮田」
★「1853 【保存食品48】『凍りもち』とアルプスの黄昏・・駒ケ根」
★「2150 【お米料理173】蒼く美しき木曽駒と『巨大ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「2151 【団子饅頭67】まだ咲いてた桜と『天ぷら饅頭』・・駒ヶ根」
★「2152 【スイーツ158】リンゴの花と清流と『ドーナッツ工場』・・宮田村」
★「2220 【野菜果物76】今年も『下剤』でジャム作り!2015・・駒ヶ根」
★「2221 【スイーツ166】『板飴』舐めて、高原で命の洗濯を・・駒ヶ根」
★「2222 【スイーツ167】涼しげな『こもれ陽の径』とドーナツ工場・・宮田村」
★「2522 【野菜果物87】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2016・・駒ヶ根


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(昔の欧州じゃ、迷子石は『ノアの大洪水』で運ばれたとされてたとか)

以前はツルヤに行くとオリジナルのジャムを買い捲ってましたが、次第に有名に成って品薄な時が多くて・・だから昨日のルバーブの様に、自分で作ろうてぇコトに成るンですが、ツルヤのジャムとカルビーがポテチでタックを組んだオリジナルポテチの第二弾「れもんバター味」を、漸く手に入れた私メ。第一弾は信州らしく「りんごバター味」でしたが、レモンって信州で採れたかしらん?レモンの酸っぱさよりジャム的な甘さが前面に出た、如何にもツルヤさんらしいスイーツ系のポテチでしたヨ



| 2016.06.08 Wednesday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.15 Tuesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS