きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2523 【スナック63】高原の迷子石と「ツルヤのポテチ」・・駒ヶ根 | main | 2525 【お米料理229】「豚丼」とさよなら吉野家の本社・・赤羽 >>
2524 【スイーツ198】木立の中の清流と「焼きドーナッツ」・・宮田村
フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

「木曽駒ヶ岳」から流れ出る国内有数の暴れ川「大田切川」の右岸(南側)が駒ヶ根高原ですが、その左岸(北側)は「宮田高原」と称し、木立ン中に「黒川」なる清流が。その殆どが雪どけ水だから・・うわぁ冷てぇ!

少し早めの夏の静養の心算で、天竜川沿いに南北に延びる南信州の伊那谷を訪ねた私メです。中央アルプス(木曽山脈)の主峰「木曽駒ヶ岳(2956m)」の東麓に拡がる温泉リゾート、駒ヶ根高原で寛いでますヨ。

尤も東京に居ようと旅先に居ようと、毎日テクテク歩く青空療法を休もうと云う気は更々無く、むしろ普段の街中歩きとは全く違う環境に居るのを幸いに、新緑眩しい高原の木立ン中を上機嫌で歩き廻ってましたネ。


昨年もココをご紹介しましたが、広田高原の黒川沿いは「こもれ陽の径(みち)」と云う遊歩道に成って居て、清らかな川音を聞きながらノンビリ歩けますヨ。余りに心地の良いトコだから、私ぁ今年も来ちゃいました

確かに大都会を歩くのは刺激が多く、壊滅した好奇心を喚起するにゃ向いてますが、幾ら私メが根っからの「街のネズミ」でも、毎日ソレだけじゃ気が滅入る。いや滅入ってるから歩いてる訳で、悪化させてドウする?

だもんで時にゃ「村レベルの田舎」へ出掛け、自然の中で静粛なトレッキングを楽しみ、緊張感のリセットをせにゃあ!駒ヶ根高原と大田切川を挟んで対岸の宮田高原は、「町→市→村」と数奇な運命を辿ったトコ。


「こもれ陽の径」は約二kmの短い遊歩道ですが、その殆どが未舗装路で・・足裏の柔らかい感触を楽しみつつ、木立ン中の美しい風景を眺めてノンビリ歩きましょ。幸か不幸か?歩いてたのは私メだけでした

以前も書きましたが、今から六十年ほど前に駒ヶ根(当時は赤穂町)と宮田町は偽装結婚みたいなコトをして一旦は市に成り、暫くして約束通り分離したら・・その間に基準が変わってて、宮田は町から村に転落・・。

国や県を巻き込んだ大騒動に成った様で、駒ヶ根の無理矢理に付き合わさせられて迷惑した宮田側は、「合併なんてもうコリゴリ」と独身主義を誓ったか?精密機械産業の工場進出で栄えても、今も「村」のまま。


私メが毎日歩くのは脳内物質セロトニンの分泌促進の為ですが、涼しげな川音を聞くのは好環境で、森林のフィトンチッドも尚更良いンだとか。ずっとココを歩きたい・・何往復でもしたく成る、嬉しい遊歩道です

世の中にゃ肩肘突っ張らかして見栄を張り、嘘を塗り重ねて自縄自縛に陥る下種な輩が居りますが、私ぁそんなの真平御免。確かに無理もするけれど、無茶はキライ。出来ないコトはその道の、専門家に任せましょ。

臆病だヘタレだと罵る輩も居りましょうが、背伸びしないでノンビリやれば良いの!開き直ってマイペースで進む宮田村に好感し、今年も歩く「こもれ陽の径」。己の有り様を再確認出来た、緊張感のリセットです。



宮田村を初めて訪ねたのは二十年ほど前、駒ヶ根の海外青年協力隊の研修所に勤めてた、某友人宅へ遊びに行った時ですナ。「隣りの村にウイスキー工場が有るから」と誘われ、日本唯一の「村の蒸留所」マルスウイスキーへ参りましたヨ。試飲ですっかりご機嫌に成ったのは良い思い出ですが、「こもれ陽の径」沿いに立つ蒸留所も久し振り。服薬治療の禁忌条件で今は一滴も呑めませんが、寛解したらふくよかなマルスをチェイサー無しで楽しみたいモノです。もう少し待ってて下さい

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明後日は「東京都北区赤羽」への訪問記です★


(参考リンク)
★「信州みやだ観光ガイド」宮田村観光協会HP
★「こい!こい!みやだ」宮田村商工会HP
★「こもれ陽の径」宮田村観光協会HP
★「信州伊那谷観光情報」上伊那観光連盟HP
★「"こもれ陽の径"を散策」ア・カプリチョ・ブログ
★「こもれ陽の黒川渓谷」Colors of the Windブログ
★「宮田村の自然・文化・観光」宮田人HP
★「マルスウイスキー」本坊酒造HP
★「信州マルス蒸留所」本坊酒造HP
★「全国第6位のドーナッツメーカー」北川製菓HP
★「ドーナッツができるまで」北川製菓HP
★「ル・ノール・リヴィエール」北川製菓HP
★「ル・ノール・リヴィエール
(ドーナッツ@宮田村)」信州のおいしい店HP

(関連する記事)
★「747 【お米料理50】早太郎と『ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「1494 【名物パン142】暴れ川と駒ケ根にも有った『信州の牛乳パン』」
★「1495 【やきそば153】ドッチが出て来る?伊那の『ローメン』」
★「1496 【保存食品36】『かんてんぱぱ』と『粉豆腐』・・伊那市」
★「1851 【保存食品47】『かんてんぱぱ』と信州『平』問題・・伊那市」
★「1852 【名物パン203】『牛乳パン』と降格した村・・信州宮田」
★「1853 【保存食品48】『凍りもち』とアルプスの黄昏・・駒ケ根」
★「2150 【お米料理173】蒼く美しき木曽駒と『巨大ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「2151 【団子饅頭67】まだ咲いてた桜と『天ぷら饅頭』・・駒ヶ根」
★「2152 【スイーツ158】リンゴの花と清流と『ドーナッツ工場』・・宮田村」
★「2220 【野菜果物76】今年も『下剤』でジャム作り!2015・・駒ヶ根」
★「2221 【スイーツ166】『板飴』舐めて、高原で命の洗濯を・・駒ヶ根」
★「2222 【スイーツ167】涼しげな『こもれ陽の径』とドーナツ工場・・宮田村」
★「2522 【野菜果物87】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2016・・駒ヶ根」
★「2523 【スナック63】高原の迷子石と『ツルヤのポテチ』・・駒ヶ根」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(イイ加減に整備された『こもれ陽の径』は、イイ加減に心地良いのヨ)

昨年もソウでしたが「こもれ陽の径」を歩くとドウしても、その終点近くに在る「国内第六位のドーナッツメーカー」北川製菓さんの工場直売店へ寄っちまうンですヨ。減薬治療の副作用の食欲不振は相変わらずで、毎日の青空療法で消費し過ぎてる筈のカロリーの不足分を、私ぁ甘いモンで補ってます。ソレでも痩せてく一方なのは悲しいコトで、ドーナッツを一体ドレだけ食べたら発病前の身体に戻れるのか?何しろ二十五kg以上痩せちゃいましたから・・取り敢えず食欲を戻したいですネ



| 2016.06.09 Thursday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.18 Tuesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS