きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2540 【お肉料理91】ホンモノの条約調印書と「森永トロイカ」・・麻布台 | main | 2543 【名物パン300】梅雨時の吉祥寺で「ロッゲンミッシュブロート」を >>
2541 【スイーツ200】夏越の祓と「本葛の水無月」・・茗荷谷

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

メトロ丸ノ内線・茗荷谷駅からスグの「教育の森公園」は、国立東京教育大学(現在の筑波大、戦前の東京高師)の大塚キャンバスの跡地。戸時代は、水戸徳川家の分家・守山藩二万石のお屋敷だったトコです

 

今日は「夏越の祓」、つまり今年も半分終わりですネ。アチコチの神社に茅の輪が設けられ、ドッチから廻れば良いのかナ?と皆が戸惑う日でが、まず左から。続いて右から八の字に廻り、計三回潜りゃ良いのヨ。

 

すりゃ今年前半の悪運と穢れを浄められるソウで、元々は宮中の行事として大和時代から行われてたと聞きますゼ。室町時代までれて様ですが・・何時しか廃れ、明治政府が全国的に復活させたンだとか。

 

駅から教育の森へ続くエントランス(カイザースラウテルン広場)に、ナンとも不思議な彫刻群が!ドイツの方による作品で、一角獣やら怪魚らナニやらと・・前衛芸術は難しいですが、不思議な存在感が有ります

 

但し無理が生じた・・と云うのは、夏越の祓は「旧暦七月一日の前日」行事のに、「新暦七月一日の前日に嵌めこんだノだから、何十日ズレが生じて本来と違う季節。まだ梅雨なのに夏越に成っちまった。

 

コレを説明し出すと大変ですが、旧暦じゃ四月〜六月が夏、七月〜九月が秋。つまり六月が終わると「夏を越して」秋な訳で、だから秋の前日が「夏越」。因みに今年の本当の夏越は、確か八月の二日だった気が・・。

 

茗荷谷界隈は水戸徳川家関連のお屋敷が多かった様で、文京区きっの桜の名所「播磨坂」も、その御分家たる常陸府中藩・松平播磨サマのお屋敷だったトコだとか。桜の季節と違って、今は静かですナ

 

ま、コレ以上騒ぐのは野暮天で、今年前半の悪運と穢れを浄めねば!昨年一年間は大狂乱の中でしたが、弛まぬ服薬治療と青空療法でソレを強引に鎮圧して、闘病も折り返しの減薬期に入れた今年の前半分。

 

服薬の副作用で殆どナニも覚えてませんが、苦しいばかりの半年間でしたネ。去年の今頃より心神の具合は遥かにマシですが、無理を重過ぎた為に身体の調子が宜しく無い。痩せてくのに歯止めが掛らない。

 

播磨坂を降りると、徳川将軍家の薬園だった「小石川植物(東京大学院理学系研究科付属植物園)」。その片隅に明治九(1876)建てられた、国の重文「旧東京医学校本館」が移築・保存されてます

 

ソレでも前に進むしか無く、無理を承知でこのまま頑張るしか無いンでしょう。せめて悪運と穢れを浄め、ほんの一時でも安寧を得たいモ。だから茅の輪を三回と言わず、三十回・三百回だって潜りたい位の気分。

 

珍しい「水無月」が有ると聞き、青空療法がてら訪れた茗荷谷。この辺りの鎮守サマは、植物園のお隣の簸川神社サマの筈。滅多に詣でぬお社ですがコレも何かの御縁と、茅の輪をクルクル潜ってみた私メでした。

 

今は小さなお社ですが、ソレでも文京区最大の氏子数を誇る「簸川(かわ)神社」サマは、紀元前473年の創建と伝わるトンでも無い古社。江戸の七大氷川神社の一つで、昔は小石川植物園の場所に鎮座してたとか。明治に成って「氷川」から、同じ音の「簸川」に改称されてます

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都武蔵野市吉祥寺」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歴史と文化に恵まれた緑豊かな区」文京区観光協会HP
★「山の手屈指の閑静な住宅街エリア」小石川ネットHP
★「茗荷谷の生活者による生活者のためのサイト」茗荷谷界隈サイト・ブログ
★「教育の森公園」文京区役所HP
★「教育の森公園〜占春園〜窪町東公園」万歩計HP
★「想い出の東京教育大学」東京教育大学新聞会OB会HP
★「神話空間への招待 カイザースラウテルン広場」茗荷谷界隈サイト・ブログ
★「文京区播磨坂と環三通り」東京坂道ゆるラン・ブログ
★「小石川分館 建築ミュージアム」東京大学総合研究博物館HP
★「文京風景 簸川神社」TRYタウンガイドHP

★「旧暦・新暦とは?その違いとずれとは!」jun smile j ブログ
★「季節の行事 夏越の祓
(なごしのはらえ)」暮らし歳時記HP
★「HONMONO 一幸庵」松屋銀座HP
★「一幸庵の水無月」猶しも直しすブログ


(関連する記事)
★「236 【東京十社02】白山神社で紫陽花を」
★「427 【五色不動02】仕立屋銀次と目赤不動」
★「763 【お米料理51】茗荷谷の縛られ地蔵と『肉丼』」

★「893 【お米料理62】牛天神と貧乏神と『中大学食』」

★「994 【団子饅頭40】護国寺で猫見物と『群林堂の豆大福』」
★「1012 【呑みモン31】将軍家の女たちと『ヨーグルッペ』・・傳通院」
★「1297 【お米料理85】桜咲く播磨坂で『さよなら牛太』‥小石川」

★「1787 【調味料類22】あじさいと『キムチマヨネーズ』・・白山」

★「2123 【お鍋料理22】桜咲く啄木終焉の坂と『そばすいとん』・・小石川」

★「2147 【スイーツ157】新緑の護国寺と『大人の不二家』・・音羽」
★「2182 【お米料理176】革命家と紫陽花と『チキンケバブ丼』・・白山」

★「2239 【呑みモン59】茶道の総本山と『ウス茶糖』・・護国寺」
★「2248 【お米料理186】占春園と『牛太のキムチ牛丼』・・茗荷谷」

★「2322 【保存食品56】最後の将軍、世紀の大和解・・小日向」
★「2457 【名物パン290】桜咲く護国寺で『元祖バケットサンド』を・・音羽」

★「2529 【スナック66】アジサイと八百屋お七と『ホッコメ』と・・白山」
★「2537 【スイーツ199】風そよぐ上賀茂神社と『六月祓の水無月』」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(この苦労は全て万全の身体で高座に上がる為、決して負けません)

先日も御紹介したばかりナンですが、六月だけの京都の和菓子で「水無月」と云うモノが有りますヨ。六月祓、すなわち夏越の祓いの日に食べるモノで、フツーは白い外郎に甘く煮た小豆を載せて、氷室から出した氷を模すンですが・・茗荷谷・播磨坂上の「一幸庵」さんのソレは外郎じゃ無く、本葛を使って透明に仕上げた珍しいモノと聞いて、透明な心神に戻って今年の後半に臨みたいと買いに参った私メ。処が・・少し冷えてた方が美味しかろうと、冷蔵庫に入れちまったのが運の尽き。本葛の和菓子って、チョット冷やすと白く濁って風味が悪く成っちまうのを忘れてた・・取り返しの尽かぬ失態で、コウ成りゃ恥を晒してスッキリしようと、情けない画像で失礼致します。今年前半の私メを象徴するかの様な濁りっぷりで、茅の輪潜りの数が足りなかったのかしらん




| 2016.06.30 Thursday (00:15) | ふみのみやこ文京区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.08.18 Sunday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS