きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2551 【野菜果物89】深霧の秋葉大権現と「塩まつば」・・天竜区 | main | 2553 【お肉料理92】日帰り故郷で「さわやかのハンバーグ」を・・静岡市 >>
2552 【調味料類34】夜の浜松中心街と「いちごドレッシング」

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

名古屋方面からレールが延びて来て、(当時は鉄道)浜松駅が開した治二二年(1888)。翌年静岡駅まで繋がって東海道本線は全線開通してますが、浜松から東京まで九時間ほど掛かったとか

南信州の飯田市から天竜川沿いに下流へ降り、太平洋に達する河口の街・浜松市へ参った私メですヨ。河口の対岸の磐田市に定年帰郷した両親の住む実家が現在ありますンで、ココはあながち知らん街じゃ無い。

と云っても・・私ぁ全国転勤族の倅で、静岡県西部に住んだコトが無いンで・・子供ン頃から磐田へ行く度に浜松へ時折参ってても、威張れる程詳しく無いですヨ。処が他所の街よりは詳しくて・・ヤヤコシイ関係だナ。

つまり住んでたトコみたいに路地裏のまで知らンけど、多少以上に土地
感が有って住人の気質も判ってて、訛りも判るし或る程度は話せるし、美味い店やステキな場所だって判ってる。そんな微妙な感じの街です。
 

同じ静岡県内じゃ、子供ン頃に一時住んでた県都・静岡市の方が遥かに親しく、ほぼ同規模のライバル都市の静岡と浜松を、ドウしても静岡側の視線から眺めちまう。ナゼ浜松はこんなに中心街が寂れてるの?



バブル以前、浜松中心街にゃデパートや大きなスーパーが沢山在ったのに、殆どが撤退しちまって・・再開発ビル「ザザシティ」もお世辞にも賑わってませんナ。江戸時代は浜松宿本陣が在った辺りナンですが

大体が文化から違ってて、大雑把に「東日本の西端・静岡」と「西日本の東端・浜松」。例えば同じ駐車場でも「静岡はパーキング」「浜松はモータープール」と表示が違い、子供心に吃驚した記憶が。気質も全く違う。

 

保守的で内側志向の静岡市は弊害も多いけど、中心街・呉服町は賑わいを奇跡的に保ってて、私ぁブラつくのが楽しい。一方、昨日ご紹介の葉神社の在る天竜区を除き、平らでダダっ広い浜松は全く車社会。

 

郊外に巨大SCがボコボコ出来て、互いに食い合いしてますナ。開放的で新し物好きだから、ソッチが一気に流行った様ですが、駅前や中心街は壊滅状態。まだお酒が呑めた頃、夜の閑散ぶりに怖く成りましたネ。

 

尤も今の私メは絶対禁酒で、仕方なくなく素面で夜の中心街を歩いてみましたが、思ったより人は居たけど・・政令指定都市と思えぬ静けさ。ソレでも多少は良く成ったと聞きますンで、是非とも復活を!無理かナ?


中心街の鍛冶町界隈は結構賑わってたのに、ソコから少し離れた「浜松城(出世城)」まで歩いて行ってみたら、折角ライトアップされてるのに誰も居らん!徳川家康公が中年期の十七年間を過ごしたお城で、今の天守は昭和三十三年(1958)に鉄筋コンクリで創造されたモノです


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「静岡県静岡市葵区」への訪問記です★


(参考リンク)
★「浜松だいすきネット」浜松観光コンベンションビューローHP
★「we love 浜松」浜松エンジョイ情報倶楽部HP
★「浜松の観光スポット29のまとめ。行ったらここは必見です。」Find Travel HP
★「浜松駅ビル MAY ONE」浜松ターミナル開発HP
★「鉄道は社会を一変させた」週刊はままつおもしろのおとブログ
★「静岡VS浜松!県内No.1都市はどちらか」Jタウンネット東京都HP

★「2015静岡県の中心市街地・浜松市」静岡発!地方再生論ブログHP
★「徳川三百年の歴史を刻む出世城」浜松城公園HP
★「浜松城の天守」攻城団HP
★「野菜村ドレッシング」ガリバーフーズHP
★「新感覚☆スイーツドレッシング」しずふぁん!!アーカイブHP


(関連する記事)
★「298 【名物パン21】遠州限定!お葬式には平パン」
★「736 【スイーツ33】浜松中心街の再生?と『あげ潮』」
★「737 【スイーツ34】祝!『うなぎパイ』生誕から50年」
★「1079 【名物パン82】舘山寺温泉で『アイスコルネット』を」

★「1616 【お肉料理46】『浜松餃子』は質より量な食い物!」

★「1794 【麺類色々131】天女と津波と『五味八珍』・・浜名湖」

★「1818 【名物パン197】西日本の東端で『カニぱん』を・・浜松」

★「2014 【スナック46】巨大SCの潰し合いと『三ヶ日みかんのポテチ』・・浜松」
★「2141 【スイーツ156】空自エアーパークと『チョコバット』・・浜松」

★「2142 【調味料類28】意外に近かった月世界と『野菜村ドレッシング』・・天竜区」

★「2172 【やきそば230】出世城と『モーニング焼きそば』・・浜松」
★「2173 【お魚料理99】大津波で生まれた、日本一の『舞阪しらす』」
★「2551 【野菜果物89】深霧の秋葉大権現と『塩まつば』・・天竜区」

 

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(昔の様に中心街が賑わうのは難しいでしょうが、復活を期待してます)

「やらまいか精神」の静岡県西部(遠州地方)の中心都市だけ有って、不思議で珍し食べモンが多く在る浜松ですが、その一つに「野菜村」と云う四十年近く地元だけで愛されてるドレッシングが有りますヨ。元々は喫茶店の人気商品だったモノで、基本的に甘口なのが特徴。十数種類の味が有りますが、恐ろしいのが「フルーツドレッシング」で、三ヶ日みかんを加工した甘酸っぱいモノを以前ご紹介しましたが、今回は紅ほっぺいちごを加工した「いちごドレッシング」を。前々から欲しかったンですが人気が高過ぎて手に入らず、やっとこさ買えたソレは・・確かにコリャいちごの味。野菜サラダを食べてる筈なのに、ナニか違う・・説明の仕様の無い不思議な味。赤だし味噌をベースにした「コク味噌」は味わい深くてサラダが進みますが、いちごは・・。ま、如何にも浜松らしい尖がった面白いドレッシングでした




| 2016.07.13 Wednesday (00:15) | やらまいか静岡遠州 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.11.20 Wednesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS