きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2554 【やきそば272】「正油焼きそば」とさよならパルコ・・渋谷 | main | 2556 【野菜果物90】みたままつりの靖国と「パブバジ」・・九段 >>
2555 【呑みモン68】梅雨晴れの麹町で「米麹のうめ甘酒」を

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

国道二十号線(甲州街道)の皇居・半蔵門前からJR四ツ谷駅前までの間は、江戸時代から「麹町大通り」と呼ばれてた辺り。徳川家康公の江戸入府の際に造られた道とされ、麹町はこの道沿いに発展した街です

 

なかなか梅雨明けしませんが、そんなコトは気にせず都内をテクテク歩き廻る私メです。一昨年暮れから雪だろうと嵐だろうと全く構わず、療法として毎日歩いてますンで、この程度の長雨じゃ今更困りませんがネ。

 

唯一困ってるのは・・暑さが今イチ良く判らないコト。いや暑いのは判るンですが、ソレが「チョット暑いのか」「結構暑いのか」「凄く暑いのか」の感覚が麻痺してる様で、減り過ぎた体脂肪量が関係してンでしょうナ。

 

麹町大通りと直交する「日テレ通り」は昭和二十八年(1953)の開局以来、ココから全国へ放送してた日本テレビ旧本社の在る道。平成十五年(2003)の汐留移転後も使われてましたが、近く再開発されるとか

 

某姉弟子が「私の贅肉あげるわヨ」と心配して呉れますが、ナンと言われても痩せたく無いのに痩せてくばかりで、この夏が終わる頃にゃドレだけ身体に歪みが出ちまうのやら?我ながら戦々恐々・・未曾有の夏。

 

ソレでも今は突き進むしか無く、身体の歪みは寛解してから悩むコトにしましょ。尤もソコまで体力が持つか全く自信が無く、対処療法だけのを感じてますネ。取り敢えず、熱中症で倒れたりしない様にせねば。

 

日テレ旧本社の再開発は遅れ気味の様で、暫定的に部が「番町庭」と公開されてますナ。都心の真ン真ん中に広々とした空間るのは素晴らしいンですが、遠からずココも高層ビルに成る様です

 

痩せぬ為には高カロリーな食事を採れば良いンですが、減薬開始以来の食欲不振は一向に治まらず、青空療法で歩くのも減せないンで袋小路。ならば麹を使った夏の伝統飲料「甘酒」で、栄養補給しましょうか。

 

何しろ甘酒は夏の季語で、「飲む点滴」の異名が有る位に身体に良い飲みモン。但し絶対禁酒の続く私メだから、酒粕使用のソレは全くダメ!米麹だけのしか飲めない・・東京で麹と云えば「千代田区麹町」かしらん。

 

日テレ通りを赤坂方面へ向ったら、都会のオフィス街にも森が在るじゃん!いやいやココは「参議院清水谷宿舎」の建設予定地だったトコで、原都知事時代に一旦は撤回された筈なのに・・また計画してるとか

 

てな訳で板橋宿の拙宅から約十km、麹町まで都心をテクテク歩いた私メ。江戸開府の頃から賑わってた麹町に、麹屋は何軒も在ったらしいンですが、そんなお店は明治維新やら東京大空襲やらで残ってません。

 

むしろ大通りから路地(小路)が沢山延びてたから、小路町(麹町)に成っと云う説が有力らしく・・ま、梅雨晴れで気分良く歩けたから良としましょ。一縷の望みで甘味屋も探しましたが、そうは甘く無かったですネ。

 

更に南へ歩くと、先日ご紹介した「東京ガーデンテラス紀尾井町」が聳えてますが、その麓にご覧の洋館が!コレは旧朝鮮王朝の李王家のに昭和五年(1930)に建てられたモノで、参議院議長公邸を経てソレプリンスホテルが買い取り、赤坂プリンホテルの旧館として使われてしたヨ。ココにゃ仕事等で何度も参ってましたが、赤坂プリンス建替えられても歴史的なこの洋館は曳家して移築され、ガーデンテスのクラシックハウスとしてコレからも使わるコトに。壁の色が以前と違う様な気もしますが、建設当初は多分こんな色だったンでしょうナ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明後日は「東京都千代田区九段上」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ちよだの魅力」千代田区観光協会HP

★「麹町・平河町・紀尾井町周辺エリア」千代田区観光協会HP
★「麹町わがまち情報館」麹町出張所地区連合町会HP
★「半蔵門通信」千代田区観光協会HP
★「地名で読む街の歴史【麹町・番町編】」Tokyo Rent.jp HP
★「日本テレビ通り振興会」』同事務局HP

★「日テレ再開発地に期間限定店『No.4』ハンドクラフトな食と空間提供」市ヶ谷経済新聞HP
★「工事計画 参院・清水谷宿舎建替
(東京都千代田区)」日刊建設工業新聞HP
★「品と、格と、未来と。」東京ガーデンテラス紀尾井町HP

★「赤坂プリンス クラシックハウス」東京ガーデンテラス紀尾井町HP
★「赤坂プリンスに募る思い -李王朝皇太子の末路-」森下愛里沙のブログ
★「いいことあったら、甘酒、飲もう」森永製菓HP
★「夏の栄養補給のピッタリ!森永製菓の『うめ甘酒』レビュー」にじろぐブログ
★「クエン酸&塩分も摂れる!さわやかなレモン風味の甘酒がコレからの季節にピッタリ!森永製菓の『レモン香る麹甘酒』」サックス練習雑記ブログ


(関連する記事)
★「1299 【スナック18】桜咲く千鳥ヶ淵と『ムンムンカール君』」
★「1300 コレぞ日本の美!夜桜の千鳥ヶ淵と『2%増量!アベノミクス饅頭』」
★「1415 【麺類色々99】あぁ常陸丸!みたま祭りと『長崎タンメン』‥靖国神社」
★「1464 【名物パン138】終戦の日の靖国参拝と『軍隊堅パン』」
★「2071 【お米料理166】英国大使館の桜と『桜えびごはん』・・番町」
★「2109 【お肉料理67】靖國の桜と『モンゴルの揚げパイ』」
★「2214 【スイーツ165】政府最高首脳暗殺現場で『白くま』を・・紀尾井町」

★「2375 【お米料理210】今年最後の靖国と『シューマイカレー』・・九段」
★「2422 【名物パン287】英国大使館の桜と『バタービスケット』・・番町」
★「2496 【スイーツ195】新緑眩しき靖國神社と『例大祭の桜月餅』」
★「2497 【お米料理224】日印友好と『インド最高のお米』・・千鳥ヶ淵」
★「2547 【やきそば271】梅雨晴れの日枝神社で『ソースロメスパ』を・・赤坂」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(府中市の国府へ通じる道「国府路」から、麹町と云う説も有るとか・・)

麹町で甘酒屋を見付けられなかった私メ。ならば仕方無い、昭和四十九年(1974)から売られてる「森永の缶入り甘酒」で誤魔化そうかと思いましたが、「赤い缶」も「塩入りの青い缶」も米麹だけじゃ無く、酒粕も使用してるンで・・ダメだ今の私ぁ飲めない!でも調べてみたら今夏定の缶入り「うめ甘酒」とフリーズドライの「レモン香る麹甘酒」だけは、酒粕無しの米麹だけ。熱中症対策の経口補水液は不味いンで、コレを代りに出来たら一石二鳥と探して買ってみましたヨ。ですが・・うめ甘酒は梅の味が勝り過ぎてて、甘酒らしさが殆ど無いですナ。冷水で溶かし飲むレモン甘酒も・・甘酒にゃ違いないけれど、チョット違う様な。ソレでも無いよりマシと飲むコトにしますが、気軽に飲める米麹だけの缶入り甘酒を探す夏に成りソウです。ま、ホントの米麹から自分で甘酒を作れば良いンですが。少しでもイイから太りたいと本気で思います




| 2016.07.16 Saturday (00:15) | 日本の首都千代田区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.13 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS