きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2567 【お米料理235】木蔭の玉川上水と「すた丼・大盛り」・・小平 | main | 2570 【団子饅頭82】灼熱の熊谷で「塩あんびん」を >>
2569 【やきそば274】灼熱の熊谷で「フライ焼きそば」を

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

埼玉北部じゃ最大の市・熊谷は、(失礼ながら)約二十万の人口のワに立派な街ですナ。明治初期に三年間だけですが、今の埼玉県の西半分と群馬県を包括した「熊谷県」が存在し、その県都だったトコです

 

さぁ八月に成りましたナ。今年の東京は梅雨が異様に長く、ヒョッとしたら明けるのが八月にズレ込むンじゃ無ぇかと心配してましたが、ソウ成らずに一安心。やっぱり八月は夏じゃ無いと・・暑いのは困りますケド。

 

何しろ暑さに対する感覚が今夏はメチャクチャで、青空療法で毎日歩いてると身体は暑がって大汗をかくのに、頭の方がソレを今イチ判ってない・・長引く闘病で痩せ過ぎちまったからネ。コリャ命の係わる大問題。

 

途轍もない酷暑で知られた街だけ有って、上越新幹線の停まるJR熊谷駅の入口じゃ、「気温28℃以上」に成ると熱中症対策の冷却ミストが、十月末まで自動的に噴霧されるンだとか。確かに涼しく感じますネ

 

過ぎたるは及ばざるが如しで、私ぁ痩せたく無かったのに・・体重は三以上減っちまったし、減薬治療に入った今春から体脂肪率が一桁台真中に落ちたママ。余裕が無いから疲労は酷いし、風邪すら引けない。

 

そして暑さが良く判らぬと云う異常事態で、残暑が終わるまでの一ヶ半を無事に乗り越えられますやら?せめて熱中症に成らぬ様、水分分の補給に気を付けねば・・。寛解する前に身体が壊れちまいそう。

 

熊谷が誇る英雄「熊谷(くまがい)次郎直実」公が、駅北口のロータリー立って居られますヨ。直実公は一ノ谷の合戦で平敦盛公を討った源方の猛将で、講談でも「青葉の笛」と云う一席で知られたお方ですヨ

 

尤も梅雨明けしたばかりで東京の暑さは本気じゃ無いンで、今の内にソレに慣れさせたいと向ったのが、埼玉県内最高の暑さを誇る熊谷市。東京も埼玉も昔は同じ武蔵国だから、要するに南関東じゃ一番暑い街!

 

私ぁ熊谷のお隣の鴻巣市へ毎週、コミュニティFMのDJを致しに参って居りますが、鴻巣だって必要以上に毎夏暑いのに・・熊谷はもう少しスゴイとか。発病以来、ナニかと極端に走りがちの私メで・・ホント乱暴。

 

熊谷市中心街を流れる星川沿いは、キレイな遊歩道として整備され「星川シンボルロード」と呼ばれてますナ。川面を吹く風は心地良いですが、この晴天じゃ流石に暑いヨ。街路樹がもっと大きく成れば・・ネ

 

駅から外へ出た途端、ムワーっと来る大変な暑さ。ココまで涼しい電車に乗ってたからも有るでしょうが、利根川を挟んだ埼玉・群馬の県境一帯の暑さは、海に近い都内のソレと質が明らかに違う感が有りますナ。

 

途端に噴き出る額の汗・・ならば街中に、川沿いの遊歩道が在った筈。ソコなら多少は涼しかろうと向ったモノの、流石の私メの頭でも感じるこの暑さ!エライ街に来ちゃったと思いつつ、ブラブラ歩きは続くのです。

 

星川の源流は「星渓園」と云う庭園で、ソレは元和元年(1623)の洪水で清水が噴き出した池を中心としたモノ。幕末から明治初期にかけて回遊式庭園として整備されてますヨ。ココは木蔭が濃くて、多少は涼しく感じられますナ。暫し休憩して街歩きを再開しましたが、その様子は明日ご案内させて戴こうと思います。連続モノはナンだか久しぶりです


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「埼玉県熊谷市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「熊谷観光局」熊谷観光協会HP
★「3分でわかる熊谷市」熊谷観光協会HP
★「みんなの熊谷コミュニティサイト」くまがやねっとHP
★「熊谷周辺の情報発信ポータルサイト」あついぞ.com HP
★「今年も熊谷駅で冷却ミストが噴霧しています」くまがやねっとHP
★「埼玉県の平野部が暑くなる理由」気象庁・熊谷地方気象台HP
★「熊谷直実」熊谷デジタルミュージアムHP
★「星川シンボルロードを散歩」青葉をゆらす風ブログ
★「星渓園」くまがやねっとHP
★「熊谷の名勝『星渓園』」美栄子の熊谷らいふ♪ブログ
★「福乃家
(熊谷市)」どどすこ君が行く!ブログ

★「福乃家の『フライ焼きそば』という謎フードがすごく美味しかった」Blog@narumi


(関連する記事)
★「244 【お米料理13】斉藤実盛は聖天さまを建立した」
★「245 【講談の舞台04】勇女甲斐姫・・行田市」
★「618 【スイーツ24】洒落ぬきで‥あつすぎるぞ!熊谷」
★「619 【やきそば34】熊谷の焼きそばは細い!」
★「902 【やきそば56】ナゾの日本三体文殊と熊谷『ホルどん』」
★「1827 【名物パン198】『謎のメロンパン』と古代埼玉帝国・・行田」
★「1828 【スイーツ122】浮き城と『うますぎる十万石饅頭』・・行田」
★「1977 【揚げモン55】利根川を上る鮭と『ゼリーフライ』・・行田」
★「2472 【団子饅頭78】鴻巣の桜と『いが栗まんじゅう』」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(熊谷も車社会だから?流石に表を歩いてる人は少なかったですネ)

バイクでツーリングに行けてた頃は、埼玉県北部から群馬・栃木両県に拡がる「焼きそばデルタ地帯」を良く訪ねたモンですが、病気の関係で乗れなく成っちゃいましたンでネ・・悔しいですナ。だもんでスッカリ忘れちゃってましたが(健忘症は服薬の副作用・・)、星川シンボルロード沿いを歩いてましたら、焼きそばとフライの専門店が二軒も並んでる!店ともに歴史が有りソウな店構えで、今回は昭和三十四年(1959)ら営業してると云う「福乃家」サンの方へ参りましたヨ。フライと云うのは熊谷の近郊の城下町・行田市や、今は鴻巣市に成った吹上町で発祥したローカルフードで、大雑把に言えば「具無しで皮だけを厚〜く焼いたお好み焼き」みたいなモン。ソレで焼きそばを包んだ名物「フライ焼きそば」を頼みましたが、考えてみれば外も中身も全て炭水化物!焼きそばもフライも随分と辛い、ウスターソースの味付けでした




| 2016.08.01 Monday (00:15) | なぜかココは埼玉北 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.24 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS