きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 128 【ご近所めぐり04】元祖亀の子束子西尾商店 | main | 130 【お魚料理05】愛知で烏賊はプレスされる >>
129 【団子饅頭03】ミツカンのカンは「環」の字らしい

          
半田市の名物「生せんべい」。外郎よりモチモチっとした強い歯応え

ゆえ有って愛知県西南部の半田市へ行って来たンです。この半田市の在る知多半島は、新幹線や東名高速ナドの東海道筋から南に外れてますンで私ぁナカナカ行く機会がなかったンですが、予想以上に面白かったですヨ。

街を代表する全国的な企業というのは沢山ございますねぇ。私メの実家がある静岡県磐田市はヤマハ発動機、嫁さんの実家のある広島県福山市はJFE。そして私メがいま住ンでる東京都板橋区はポテトチップの湖池屋・・。

発祥地だったり主力工場があったりで、良くいえば大黒柱として街を一手に支える存在。悪くいえば街の命運を全て握る存在で、下手に逆らうと大変な騒ぎに成りかねん・・。ま、湖池屋にソコまで力が有るたぁ思えませンが。

愛知の大黒柱はトヨタ自動車ナンですが、他にも有名な会社が多いンです。知多半島の西の常滑市にはINAX、東の半田市にはミツカンがありまして、要するに今回はミツカン本社工場の見学に行って来たンでございますヨ。


ミツカン本社裏のこの古い洋館は研究所らしい。右が博物館「酢の里」

私ぁよくお醤油とかワインとか各種食品の工場に見学に行きまして、お勉強すると共にお土産を貰うのがとても嬉しいンですが(むしろ目的はソッチか?)お酢は初めて。博物館内は全般的に、お酢の強い匂いがプーンと香ります。

ミツカンの若いお姐ぇちゃんが醸造場見学コースを案内してくれたンですが、聴いてて思ったのは「私らも二ッ目時分、同じ様に説明丸暗記ではとバスの案内してたなぁ」。今ならもっと上手くやれますんで、ミツカンさん雇ってよぉ。

ミツカンは二百年以上だそうですが、この半田市の更に古い頃からの名物が上の画像の「生せんべい」。ナンでも家康公由来のお菓子ナンだそうですが、コリャ焼かずにそのまま食べるのよ。味わい風味は「平べったい外郎」かな。

黒は黒糖、白は蜂蜜で控えめな甘さ。どうもコレが名古屋風の外郎の元祖ナンだそうですヨ。だよねぇ、外郎ってェのは本来丸い喉の薬だモンねぇ・・。そういや舌耕滑舌用の「外郎売りの口上」練習を、私ぁ近頃してませんねぇ。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「愛知県一色町」への訪問記です★

(参考リンク)
★ミツカングループHP内「博物館 酢の里」紹介ページ 
http://www.mizkan.co.jp/company/csr/sunosato/
★知多銘菓「生せんべい」総本家田中屋HP 
http://www.namasenbei.jp/index.php
★半田市観光協会HP
http://www.handa-kankou.com/

(でも正直イイますと、酸っぱい匂いって私ぁ一寸ニガテなのヨ・・)




| 2010.03.16 Tuesday (09:08) | でら愛知尾張だがね | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.18 Tuesday (09:08) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS