きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2582 【やきそば275】蝉時雨の日比谷公園で「タラコ焼きスパゲッチ」を | main | 2584 【麺類色々217】盛夏の東京ドームと「肉野菜どっさりそば」・・春日 >>
2583 【団子饅頭84】夏木立の鬼子母神で「雑司ヶ谷の豆大福」を

ェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

昨春に落成した東池袋の豊島区役所「としまエコミューゼタウン」は、四年後の東京五輪のメイン会場「新・国立競技場」と同じ、熊研吾氏のデザイン。旧庁舎跡の再開発も始まって、池袋大改造が進んでますナ

 

中山道は板橋平尾宿の拙宅から毎日テクテクと、青空療法で都内を歩き廻る私メです。基本的にドコへ行くかは定めずに、足の向くまま気の赴くままにテキトーにいい加減に、十km程度を目安に歩いてますヨ。

 

と云っても・・気分やお天気次第でもっと歩ける日も有れば、ドウにもその気に成れぬ日も有る訳で、ママならぬ己の心神を落ち着かせるのに苦労が絶えませんネ。尤も歩かなきゃ、もっと落ち着かないンですが。

 

池袋の山手線内側南部が「雑司ヶ谷(ぞうしがや)」で、大繁華街のソバなのに戦災を逃れたコトも有って、古い街並みの残るトコが多かったりしますヨ。桜の名所・法明寺さんの参道も、夏は木蔭清かで静かです

 

処が簡単に治る病じゃ無く、既に一年半以上も闘ってますンで、無理はするけど無茶はしちゃダメと、気分の勝れぬ日は二km半ほ大繁街・池袋まで歩く程度に抑えてますネ。三日に一日はそんな塩梅です。

 

だから子供ン頃から買い物等で行ってた見知りの街なのに、最近一層詳しく成っちまった様な。板橋生まれで今も住んでるメですが、豊島区の方が近しい感が有ります。ま、区境に住んでるのも有りましょうケド。

 

江戸近郊の行楽地だった雑司ヶ谷は、古くからの寺町だったりもします。毎年十式は万燈を掲げたお練りが沢山出ますが、その終点が日蓮宗の古刹「威光山法明寺」さん。今年は見に行きたいねぇ

 

ですが生き馬の目を抜く大都会だけ有って、池袋も東口を中心に大改造が進み、昔懐かしい風景が段々姿を消して行くのを、見てて辛く感じる日も。そんな時はもう一km歩いて、池袋東口の南側の雑司ヶ谷へ。

 

大繁華街に隣接してるのが信じ難い程に、雰囲気がハッキリ違うから面白い。まず高層建築が少なくて空が広く、緑が断然多くて街は静か。坂道だらけの界隈を、苦しげなモーター音を上げて走る都電が愛おしい。

 

法明寺さんの境内飛地に建つのが、国の重要文化財に指定さたばかりの「雑司ヶ谷鬼子母神堂」。天正六年(1578)建立のお堂の前にアート系クラフト品の「手創り市」が毎月立ち、ソレが楽しみな私メです

 

そして雑司ヶ谷界隈をブラブラ歩き、鬼子母神サマのお堂の前のベンチに腰掛けて、お茶なんぞ呑みながら暫くボーッとしてますヨ。この界隈が元々好きで、一度は引っ越す寸前まで行ったトコ。今でも住みたい位。

 

尤も調子の良い時は座らずに、鬼子母神サマに頭だけ下げてテクテク歩き抜けてく私メ。ま、神サマにしろ仏サマにしろ普段から頼り切るのは失礼と、辛い時だけ御縋りする様にしてます。随分都合が良いですナ。

 

観光マップ的に「雑司ヶ谷を代表する風景」と云えば、都電の鬼子母神前電停とお堂の間に延びるケヤキ並木でしょうネ。樹齢四百年に至る巨木も有りますが、江戸時代のココは鬼子母神サマの門前歓楽街として栄えたンだとか。その頃の池袋界隈は畑地と雑木林だった筈で、立場が全く逆転しちゃってますヨ。雑司ヶ谷じゃ賑やかなトコですが、ソレも十分以上に静かな通りで、私ぁココら辺に住みたいと思ってます


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明後日は「東京都文京区春日」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ビジットシティとしま」豊島区観光協会HP
★「池袋通信」東武鉄道HP
★「タウンガイド池袋」ディープイン池袋HP

★「豊島区新庁舎」豊島区役所HP

★「私たちは、このまちの総合案内人です」雑司が谷コンシェルジュHP
★「雑司が谷法縁の縁頭寺」威光山法明寺HP

★「鬼子母神へようこそ」威光山法明寺HP
★「鬼子母神
(訶梨帝母)」仏像net HP
★「雑司が谷案内マップ」雑司が谷案内処HP
★「お寺に雑貨に美味しいカフェ。都会の狭間の静かな街『雑司ヶ谷・鬼子母神エリア』」キナリノHP
★「万灯の輝き」文の京地域文化インタープリターと企画展ブログ
★「手創り市 雑司ヶ谷」手創り市HP
★「鬼子母神参道 欅並木」雑司が谷コンシェルジュHP
★「紅谷のルーツを探る」港区立青南小学校64回生6−5HP
★「御菓子司 紅谷」池袋専科HP
★「御菓子司 紅谷【都電雑司ヶ谷@都電荒川線】」首都大福東京HP


(関連する記事)
★「168 【名物パン11】カジノと云えば池袋のタカセ 」
★「668 【麺類色々39】巣鴨プリズン跡はサンシャインシティ!」
★「741 【名物パン55】鬼子母神さまと『メープルナッツ』」

★「1323 【煎餅お餅18】日本に来た人・戻った人‥雑司が谷」
★「1565 【名物パン159】『ファンタジークリーム』と池袋の夜 」
★「1716 【名物パン181】桜咲く雑司ヶ谷と『トルコのパン』」

★「2148 【やきそば228】デパ屋の庭園で『新潟イタリアン』を・・池袋東口」
★「2174 【名物パン247】超高層ビルの新・豊島区役所と『スイートブレッド』」
★「2199 【麺類色々188】お散歩ネコと『冷やし豚天そば』・・雑司ヶ谷」
★「2320 【やきそば249】大盗賊『鬼あざみの清吉』の墓・・雑司ヶ谷」
★「2351 【今川焼き30】黄金色の鬼子母神と『白玉たいやき』・・雑司ヶ谷」

★「2409 【今川焼き34】六代目・高尾太夫と『サンドイッチ鯛焼き』・・池袋」
★「2468 【麺類色々213】挑戦!『池袋二郎』と池袋の桜めぐり」
★「2511 【スイーツ197】初夏のオープンカフェで『甘くて長〜いチョコ』を・・池袋東口」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(板橋を出て豊島区へ移り住むなら、雑司ヶ谷以外は考えられません)

私メが高座で口演する一番長い講談「出世の証文〜江戸元祖練り羊羹」の主人公・淡路屋喜三郎のモデルと成ったのは、日本橋で将軍家御用の菓子屋を開いていた「紅谷志津摩(べにやしづま)」だったりしますが、明治維新で幕府に殉じて惜しくも廃業されてますヨ。その流れを汲むのが幕末に小石川安藤坂(伝通院の近く)で創業した「安藤坂紅谷本店(コチラは戦後すぐに廃業)」で、ソコから大正十三年(1924)に暖簾分けされたのが、雑司ヶ谷の「御菓子司 紅谷」サンだったりします。法明寺さんの裏手で、南池袋と云った方が判り易いかも知れませんが、最近凝ってる豆大福が美味しそうだったンで、早速求めて参った私メ。減薬による食欲不振で甘いモノで栄養補給してる感が強く、薄皮なのにシッカリした食感の豆大福はホント嬉しい。また持ちネタに繋がるお店と知って喜びは一層で、雑司ヶ谷イイじゃんと思いを深めました




| 2016.08.23 Tuesday (00:15) | 行け!行け!池袋! | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.13 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS