きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2610 【お米料理240】近所で開いてた天国の扉と「大正丼」・・西巣鴨 | main | 2612 【やきそば278】清水が二層で流れる宇都宮で「後がけ焼きそば」を >>
2611 【団子饅頭89】関東の最北端で「明治からの温泉まんじゅう」を・・黒磯

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

盛岡まで続く東北本線を「JR宇都宮線」と呼ンでるエリアの最北端・黒磯駅は、昔は関東・東北の境として賑やかだったソウですが、北新幹線が真上を通っててもココにゃ停まらず、今は実に静かなトコですヨ

 

普段は都内を歩き廻ってますが、フト思い立ってJR宇都宮線に乗り、関東の最北駅・栃木県の黒磯まで参りました。最近のJRは椅子の硬い電車が多く、痩せ過ぎてお尻が薄く成った私メにゃ、拷問も同然ですナ!

 

さて那須高原は良く参ってたトコで懐かしいですが、但しソレは電車じゃ無くてバイクでしたネ。発病してから諦めざろう得なく成ったモンが随分有りますが、中でもツラいのが「お酒を呑むコト」と「バイクに乗るコト」。

 

往年は鉄道の要衝として栄えただけに、駅近くにゃ当時の繁栄を示す建物がアチラコチラに。この石積みの洋館は大正五年(1916)に建てられた「旧黒磯銀行本店」で、現在は洒落たカフェとして使われてます

 

この二つは生業たる講談より私ぁ好きで、ソレが無理に成っちまっらこそ講談にしがみ付いてますが、服薬してる限りお酒がダメなのは納得出来る。寛解すりゃ再び呑める様に成るンで、懸命に我慢してます。

 

処がバイクは禁じられた訳じゃ無く、乗れなく成っちまっただけ。視感と体感の速度ギャップを脳ン中のプロセッサーが処理し切れず、無意識に恐がってるンだろうと、モータースポーツ関係の方に言われましたヨ。

 

那須野原に鉄道・国道が敷かれ、交通の要衝として人口が急増したンで明治三十五年(1902)に創建されたのが、旧黒磯市の総鎭守「黒磯神社」サマ。鎮座地は黒磯駅のソバですが、奥州街道にも程近いです

 

道理で四輪にゃ乗れる訳だと納得しましたが、コリャ慣らして行くしかい様で、全く乗れなく成ってから苦闘二年弱。板橋宿の拙宅から番までの十数kmだけは、決まったルートなら走れる様に成りましたネ。

 

で・・大好きな某輸入食品スーパーへ参るンですが、慣れ親しんだ都心を走るのに、たかが往復三十km程度でもぅヘトヘト・・。発病前一日五百km以上のツーリングしてた頃より、間違いなく草臥れ果てちまう。

 

黒磯駅の改札内に面白いオブジェが!椅子がフカフカだった旧型電車(要するにカボチャ電車)時代に使ってた行き先表示板で、昔は係の人が終着駅で一々取り換えてましたナ。捨てずに再利用、良い試みです

 

私ぁ芸界屈指の長距離ライダーを自認し、一日千km走った時すら有ました・・アリャ草臥れたネ。要車検な大型スクーターに跨って、那須高原までの百八十kmはホンの朝飯前と、実に気軽に出掛けてたンです。

 

だから今回は電車じゃ無く、バイクでココへ来たかった。けれど今は無理な相談で、黒磯駅近くをテクテク歩いて帰りましたが、酒は寛すりゃ呑めますケド、バイクに元通り乗れる様に成るのは何時なのかしら?

 

黒磯駅から少し離れたトコまで行って、収穫寸前の田んぼの彼方に見える「那須連山」をパシャリ!その主峰・茶臼岳(1915m)を初めココは火山帯なモンだから、その分熱〜い温泉地に成ってます。バイクに乗れてた頃はココのスカイラインを走り廻りましたし、疲れたら温泉に浸かったり・・と楽しい思い出ばかり。遠くから雄姿を眺めるのも良いですが、やっぱ再びバイクで走れる様に成りたいと願わずに居れません


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「栃木県宇都宮市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「キスゲ・温泉・乳製品、鮮やかな自然の街、くろいそ。」黒磯観光協会HP
★「那須塩原市の総合観光情報サイト」那須塩原市観光局HP
★「那須高原の観光情報」ココシル那須高原HP
★「那須塩原市地域ポータル」きらきらホットなすしおばらHP

★「黒磯はこんなところだった」続・国道な日々ブログ
★「高木会館」那須塩原市役所HP
★「旧黒磯銀行(高木会館)」思いつくまま・近代歴史遺産の旅ブログ
★「明治35年、源頼朝の巻狩の原野に鎮座した黒磯郷総鎮守」黒磯神社HP
★「黒磯神社」ぶらり寺社めぐり-神社編HP
★「那須連山-三本槍岳」miya−home HP
★「創業明治元年 那須高原から」御菓子司処 明治屋HP
★「黒磯 明治屋の温泉まんじゅう」pafe cafe sanpoブログ


(関連する記事)
★「056 那須与一は神田の生まれだってねぇ」

★「576 【野菜果物21】馬頭町の不思議なシイタケ」

★「577 【やきそば31】那須烏山のゴム焼きそば」

★「956 【名物パン73】天下御免の喜連川の殿様と『温泉パン』」
★「957 【呑みモン30】那須烏山には『洞窟の酒蔵』が在る」
★「969 【やきそば65】大田原でイロイロな『やきそば』」
★「970 【麺類色々58】太く短く生きた英雄と『太い鳥うどん』‥大田原」
★「1183 【やきそば102】『ゴム焼きそば』と雪中ツーリング‥那須烏山」
★「1184 【お肉料理29】『なんこつ煮』と銀河鉄道999‥那須烏山」

★「1568 【スイーツ94】東西ホタル大名と『トラピストガレット』・・那須烏山」

★「2223 【お米料理183】断念するツーリングと『御幣餅』・・信州新野」

★「2478 【やきそば261】蒼空の宇都宮で桜と『キャベツ焼きそば』を」
★「2479 【スイーツ192】今年最後の夜桜と銘菓『チャット』・・宇都宮」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(人生最大の趣味を稼業にせず、三番目のソレを生業にしてますゼ)

那須高原へ一番多く行ってたのは、このブログ旅日記を始める前でしたネ。バイク出来てりゃ当時親しんでた美味いモンを食べに行くンですが、列車の旅って駅から遠いトコに行き辛いからソレが不便!だもんで黒磯駅前で湯気をふかしてた、明治元年創業の名物和菓子店「明治屋」サンで、温泉地・那須塩原市に相応しい「蒸し立ての温泉まんじゅう」を。別にナンってコト無い饅頭ですが、餡子の材料たる小豆は那須高原で採れたモノだけを使用してるソウで、黒磯駅が乗り換え客で賑わってた頃からの名物ナンだとか。因みに黒磯駅で行われてた貨物列車の機関車の取り換えも、今春からすべて廃止に成ったらしく、益々ココは寂しい駅に成っちまいソウ。でも饅頭は美味かったですネ




| 2016.09.27 Tuesday (00:15) | そりゃ栃木がいいべ | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.27 Thursday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS