きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2611 【団子饅頭89】関東の最北端で「明治からの温泉まんじゅう」を・・黒磯 | main | 2613 【野菜果物93】復活した中心繁華街で「なつおとめのスムージー」を・・宇都宮 >>
2612 【やきそば278】清水が二層で流れる宇都宮で「後がけ焼きそば」を

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

明治十八年(1885)に開業したJR宇都宮駅は、北関東三県じゃ最大乗降客数を誇る駅で、東北新幹線に乗れば東京駅から僅か五十で着いちゃいますが、ココまで来ると遠くへ来たと云う感が有りますナ

 

フト思い立ってJR宇都宮線の電車に乗り、北関東の栃木県へ参った私メです。発病以来、旅と云えば京都・大阪の関西や静岡・名古屋の中部が殆どで、東京から手近な関東近郊にゃ滅多に参ってませんでしたヨ。

 

別に避けちゃ居ませんが、「イザ参らん」と意気込むにゃ近過ぎるし、痩せ過ぎて臀部のお肉が殆ど消えちまった私メ。通勤電車の硬いシートを堪えて行くには遠過ぎる・・加えて不順な我が心神。上手く参りません。

 

JR宇都宮駅近くに特産の大谷石を使った、堂々たる商家が残ってるのを思い出し、今回は明るい内に訪ねてみました。宇都宮の豪商・篠原家の旧店蔵で、明治二十八年(1895)築の国の重要文化財ですナ

 

今回は那須高原の帰り道で、参りましたのは栃木の県都・宇都宮市。る予定は無かったンですが春に桜を観に行った時、ナンだか楽しかった覚えが有るンで急遽予定を変更し、乗り換えついでに途中下車の旅。

 

JR宇都宮駅は敷設時の反対運動の影響で中心街にゃ無く、ソコまで二kmほど離れてますヨ。私ぁ毎日テクテク青空療法で十kmほど歩く様にしてまして、この日はチョット歩き足らない・・なら遠回りして歩きましょ!

 

明治初期の宇都宮じゃ鉄道敷設がイヤがられ、駅は宇都宮城の外濠代わりだった「田川」を挟み、旧城下町の向うに設置させられたとか。尤もソレは宇都宮だけのコトじゃ無く、全国アチコチで有ったンですが

 

我ながら発想がヘンなのは判ってますが、ノルマじゃ無いとは云え、或る程度は歩かないと気分がスッキリしないのヨ。駅近くを流れる田川を渡り、目当ての焼きそば屋さんへ近付きますと、ステキな親水遊歩道。

 

宇都宮の別名は「雷都」で、真夏は毎夕雷雨に見舞われる街。つまり局地豪雨に遭う訳で、駅と中心街の間を流れる田川は頻繁に氾濫してたとか。ソコで田川は深く掘り下げて、沢山の水を流せる様に大改良を。

 

宇都宮中心街を流れる「釜川」は、キレイに整備されて「釜川プロムナード」と云う街中の親水遊歩道に成ってますヨ。ですが昔は大雨の度に川水が溢れ出てたソウで、表からじゃ判らぬ対策が施されてます

 

街中を流れる釜川も深く掘り下げたが、ソレじゃ水面が遠くて寂しいと、当時としては日本初の「二層構造」にしたらしい。つまり上層の親水遊歩道の水が溢れそうに成ったら、下層の暗渠にソレを流すンですナ。

 

そんな仕組みとは夢にも思わず、焼きそばを食べた腹ごなしにソコをいてみたら、案内板にそんな説明が・・考えてますネ。コレだから知らい街は歩いてみるに限るぞと、感心しながら街歩きはまだ続くのです。

 

釜川の水面に近付いてみましたが、中心街を流れる二km弱で二層構造に成ってるソウで、説明を見なけりゃ全く気が付きませんネ。この川水は田川〜鬼怒川を経由して利根川に流れ込み、太平洋へ向います


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「栃木県宇都宮市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「都会&田舎の『とかいなか』」宇都宮観光コンベンション協会HP
★「地図で愉快だ宇都宮」うつのみやマップHP
★「栃木のクチコミナビ」栃ナビ!HP
★「宇都宮観光でしたい51のことまとめ!」Find Travel HP
★「雷都宇都宮の表玄関 JR宇都宮駅」雷都節約HP

★「旧篠原家住宅 (国指定重要文化財)」宇都宮市役所HP

★「宇都宮駅周辺の川が氾濫しない理由」鈴印ブログ
★「釜川プロムナード整備活動」宇都宮まちづくり推進機構HP
★「宇都宮『釜川プロムナード』を歩く」あまやかんのウォーキング・ライフ ブログ
★「釜川・釜川放水路」のら松の旅日記。HP
★「餃子に次ぐ宇都宮のご当地グルメ!宇都宮やきそばの定番『石田屋やきそば店』特集」TapTrip HP
★「石田屋(宇都宮市)」あぶらーブログ
★「石田屋やきそば お持ち帰りの謎?に迫る。」おとうのブログHP


(関連する記事)
★「633 【麺類色々36】暑い日は鹿沼の『ニラそば』」
★「634 【スイーツ25】鹿沼には『切りパン』がある」
★「745 【お鍋料理13】燃える秋な奥日光と『ちたけ鍋』」

★「1185 【お魚料理69】鮫の肉『もろ』と巨大な狸‥益子」

★「1186 【やきそば103】金次郎サンと『特注焼きそば』‥二宮町」
★「1438 【やきそば142】『ニラ焼きそば』とまちの駅だらけの街‥鹿沼」
★「1439 【スイーツ84】『天然氷のカキ氷』と干瓢の故郷‥壬生町」
★「1511 【やきそば156】足尾銅山と日光の『白焼きそば』」
★「1512 【名物パン147】世界遺産・日光の社寺と『ジャーマン』」
★「1905 【やきそば202】伊達家の出身地で伊達な「焼きそば』を・・真岡」
★「2478 【やきそば261】蒼空の宇都宮で桜と『キャベツ焼きそば』を」
★「2479 【スイーツ192】今年最後の夜桜と銘菓『チャット』・・宇都宮」

★「2611 【団子饅頭90】関東の最北端で『明治からの温泉まんじゅう』を・・黒磯」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(群馬や茨城にも参りたいンですが、体調が今イチ宜しく無くって・・ネ)

いつの間にか「宇都宮=餃子」と云うコトに成ってしまい、以前は駅前や街中に無かった餃子屋が蔓延ってますが、大して美味いモンじゃ無いし、商魂が丸見えでイヤらしいンで拙ブログじゃ、余程のコトが無い限り取り上げるコトは無いでしょうネ。むしろ宇都宮は「ソース後掛けの焼きそば」の街でして、古くから愛されて来た専門店が一体何軒在りますのやら?身体が治ったら廻ってみたいモンですが、今回は釜川プロムナードの最下流付近に在る「石田屋やきそば店」さんへ。モチモチした蒸し麺にアッサリなソース味で、足りない分は自分で特製ソースを掛けて調節してくれと云うスタンス。「太らせる薬」を服用してる所為か?最近少しずつ食欲が戻りつつ有る様で、チョット大盛りでしたがナンとか食べ切るコトが出来て一安心。ソレにしてもお持ち帰りのお客サンが次から次へとやって来て、ブラトレイじゃ無くビニール袋に入れられた焼きそばを、大量に買って行くのに驚かされます。ソレこそ地元の買い方・食べ方で、焼きそばがドレだけ愛されてるか・・判った気がします




| 2016.09.28 Wednesday (00:15) | そりゃ栃木がいいべ | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.10.20 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS