きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2616 【スナック68】さよなら!「ヤマザキのリッツ」・・岩本町 | main | 2618 【やきそば279】秋晴れの中津川宿で「白い焼きそば」を >>
2617 【スイーツ213】油水騒ぎの駒ヶ根で「しっとりビスケットサンド」を

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

駒ヶ根高原の中心に在る「駒ヶ池」からは、中央アルプスの主峰「木曽駒ヶ岳(2955m)」が良く見えますが、いつも同じカットだと面白くないンで別の方向を。深い蒼空が水面にキレイに映り、コレこそ水鏡です

 

南アルプス(赤石山脈)と中央アルプス(木曽山脈)に挟まれた、南信州の真ン中の街・駒ヶ根市をテクテク歩く私メです。中央道経由なら東京と大阪のほぼ中間と交通の便は良く、可能ならば住みたいと思ってますヨ。

 

と云っても街中に溶け込む自信は無く、ソレは木曽駒の山頂へ上がるロープウェイの麓に在る、静かな温泉リゾート地「駒ヶ根高原」。その良さはコレまで度々語って参りましたンで略しますが、とにかく良いトコ!

 

信州はドコでもソウですが、チョット歩けば豊かな自然の中のトレッキング!遊歩道が処々に在りますンで、ソコを歩けば足裏が柔らかく、森の香りが芳しくて・・不順極まる我が心神をスッキリさせて呉れますヨ

 

そんな駒ヶ根高原が、有るコトで先日パニックに近い状態に成ったンだとか。一体ナニが起きたかと云えば、高原のシンボルの一つ「切石」の直ぐソに在る浄水場で、「水道水に灯油が混入」しちまった・・らしい。

 

日本唯一の高原の迷子石「切石」は以前ご紹介しましたが、確かに浄水場みたいなトコが在りましたナ。随分簡易な施設に見えましたが、清な木曽駒の雪融け水を濾すだけだから、余計な仕組みは要らぬのネ。

 

木曽駒を水源とする大田切川から導かれた「井筋(いすじ)」と云う用水路が、駒ヶ根高原のアチコチに流れてますヨ。その一つ「下の井」が浄水場の水源で、中央アルプス天然水だから普段は美味いンですがネ

 

処が浄水場のソバ一帯は温泉地でも在りまして、何軒も観光ホテルが建ってますが、ドウやらその一軒の温泉加熱用のボイラーが壊れ、灯油が思わず知らずに漏れ始め、大雨に押されて井筋まで流れ出した様。

 

駒ヶ根市民は普段から美味しい水を飲んでるンで、灯油交じりの水道水に違和感を感じてクレームが市役所に殺到し、調べてみたらこの始末。急ぎ他の水道系統に切り替えたモノの、約一万軒に影響が出たとか。

 

天竜川の最大支流・大田切川は、一番奥に頭だけ見えてる「木曽駒ヶ岳」が水源。駒ヶ根高原より奥に人家は殆ど無く、中央アルプスの高峰降った雨水は汚されるコトも無く、自然に濾過されて清らかです

 

水が豊かなトコだから被害は最小でしたが、悪意を持った奴が都市部の浄水場に毒物でも混ぜやがったら・・。日本だから対策は万全でしょうが、残念ながら万一ってコトは有り得る訳で、考えるだけでアァ恐い。

 

けれどそんなコト考えてたら、世界中のドコにも住めなく成っちまうし、大体が心神に宜しく無い!コレから暫くあんな事は起きンだろうから駒ヶ根は安心と、逆に考えた方がイイ筈・・。でも皆さん驚いたでしょうナ。

 

駒ヶ根高原の標高は800m以上あるソウで、海抜0mのトコに比べて100hPaほど気圧が低いソウですヨ。だもんでポテチの袋なんかは結構膨れてますし、カップラーメンすらパッケージが膨れてるンで、ソレを見ると「あぁ信州だナ」と改めて実感しますネ。そんな信州限定のカップラーメンを二種ほど。特に右側のテーブルマーク「ホームラン軒・信州みそ仕立て」は百円程度のカップ麺と思えぬ美味しさで、私ぁコレがカネボウ・フーズの製品だった頃から大好き!で、東京まで持って帰りますと・・標高が低いから、パッケージの膨れが引くンで面白いですヨ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「岐阜県中津川市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「信州駒ヶ根ガイド」駒ヶ根観光協会HP
★「BLUE SKY in KOMAGANE」駒ヶ根の青い空HP
★「信州伊那谷観光情報」上伊那観光連盟HP
★「避暑地『駒ヶ根高原』」駒ヶ根高原リゾートリンクスHP

★「中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ」中央アルプス観光HP
★「木曽駒ヶ岳」Yamakei Online HP
★「駒ヶ池から中央アルプスを望む」駒ヶ根市役所HP
★「駒ヶ池
(長野県駒ヶ根)」水辺遍路ブログ

★「水道水に灯油混入 駒ヶ根市内7割超で影響」長野日報HP
★「長野・駒ヶ根市の水道水に灯油混入 実は全国でたびたび発生」J−CASTニュースHP
★「水道水に灯油混入事故」アルプス俊路のブログ
★「水道水 灯油混入事故復旧」アルプス俊路のブログ
★「標高の化学」八ヶ岳の東からHP
★「ホームラン軒 愛され続けて30年」テーブルマークHP
★「アイスの国へようこそ サンドアイス」森永製菓HP
★「『おいしい』を確かな品質で。」日進乳業HP

★「【森永製菓】ビスケットアイスサンドをレビュー」アイスマニア大西のアイスクリームレビュー・ブログ

(関連する記事)
★「747 【お米料理50】早太郎と『ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「1494 【名物パン142】暴れ川と駒ケ根にも有った『信州の牛乳パン』」
★「1852 【名物パン203】『牛乳パン』と降格した村・・信州宮田」
★「1853 【保存食品48】『凍りもち』とアルプスの黄昏・・駒ケ根」
★「2150 【お米料理173】蒼く美しき木曽駒と『巨大ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「2151 【団子饅頭67】まだ咲いてた桜と『天ぷら饅頭』・・駒ヶ根」
★「2152 【スイーツ158】リンゴの花と清流と『ドーナッツ工場』・・宮田村」
★「2220 【野菜果物76】今年も『下剤』でジャム作り!2015・・駒ヶ根」
★「2221 【スイーツ166】『板飴』舐めて、高原で命の洗濯を・・駒ヶ根」
★「2222 【スイーツ167】涼しげな『こもれ陽の径』とドーナツ工場・・宮田村」
★「2522 【野菜果物87】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2016・・駒ヶ根」
★「2523 【スナック63】高原の迷子石と『ツルヤのポテチ』・・駒ヶ根」
★「2524 【スイーツ198】木立の中の清流と『焼きドーナッツ』・・宮田村」
★「2577 【スイーツ206】駒ヶ根高原で川遊びと『ピーチソフト』を」
★「2578 【スナック67】爽風の駒ヶ根高原で『ブルーベリーポテチ』を」
★「2579 【スイーツ207】こもれ陽の径で夏も『ドーナッツ工場』へ・・宮田村」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(水道水への灯油混入って、実は全国で時々発生してるソウですヨ)

某スーパーで買い物を済ましましたら、急にアイスが食べたく成った私メ。ならば森永製菓のチョコモナカジャンボでも食べようと冷凍ケースを覗けば、同じ森永の「しっとりビスケットサンド」に呼ばれてる様な気がして、深い思慮も無くソレを買ってみると・・販売者は森永製菓ですが、同じ森永でも森永乳業と違って製造ラインを持って無いのか?製造者は駒ヶ根市の日進乳業アルプス工場と書いて有る!私ぁ不勉強にして全く知りませんでしたが結構前から有る製品の様で、ビスケッの森永らしく、食べ応えの有るほんのり甘い大きなビスケット二枚で、少しまろやかで自然に溶けるバニラ味の強いアイスが挟んで有ってコレ一つで結構腹が膨れます・・アイスの表現っぽく無いですヨ。何だか妙に気に入ったンで、東京でも探してみたら・・委託生産先が幾つか有る様で、駒ヶ根の日進乳業以外に静岡・森町のやまひろ関東工場のも有りましたヨ。もちろんサンドアイス自体は全く同じで、他にも地方毎に製造者の違うバージョンが幾つも有るンでしょうネ。面白いですナ




| 2016.10.02 Sunday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.08.18 Sunday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS