きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2620 【団子饅頭90】女城主の天空の城で「かんから餅」を・・岩村 | main | 2622 【スイーツ215】秋晴れの雑司ヶ谷で「すずめやのどら焼き」を >>
2621 【スイーツ214】女城主の街で「江戸時代のカステラ」を・・岩村

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

第三セクター「明知鉄道」の岩村駅から、日本一標高の高い山城「岩村城」の麓まで、なだらかな坂道の古い街並みが一km以上も続くのが、国の重要伝統的建造物群保存地区指定の「岩村町本通り」です

 

岐阜県の南東部・東濃地方のフラフラ旅を打ち止めにして、東京へ帰るコトにした私メです。ならば最後は東濃最大の城下町・岩村を、テキトーに歩きましょうかネ。何度も来てますンで、多少は地理も知ってますし。

 

さて日本は明治維新を境目に、地上交通網の常識が激変してますナ。鉄道が通ったり車が走る様に成ったり、山にトンネルを掘ったり川に橋脚を掛けたりして、街道を歩くしか無かったソレまでと全てが変わった。

 

最古の町家は江戸初期だと聞きますが、近年建てら家も切妻りの二階家で概ね揃えられてて実に見事!特に立派なのが「カステラの松浦軒本店()」さんと、造り酒屋さんが向い合ってるこの辺りですヨ

 

特に鉄道が通るか通らないかで天地の差が生まれ、開通以前は大きく栄えてた街が没落したと云うか、時代に取り残されて忘れ去られたトコが、残念ながら全国に結構在ったりしますヨ。その一つが岩村城下町。

 

現在の東濃の中心・中津川市から、二十五kmほど分け入った高原街で、勾配に弱い昔のSLじゃ「中山道幹(現:JR中央西線)走らせるのは無理。代って比較的平坦な中津川に鉄道が通り、栄えるコトに。

 

一昨年暮れの心神崩壊以来、ドクターから完全禁酒を命じられてるメなのに、清酒「女城主」の岩村醸造さんの蔵の奥へ奥へ。お酒へ執着が多少薄れたのかなぁ?その匂いを辛く感じないのに驚きました

 

ソリャ困ると岩村じゃ、近くの中央線の駅まで勾配に強い路面電車をらせたソウで、ナンとか時代に付いて行こうとしたンでしょうナ。尤も明時代の路面電車じゃ、人や貨物を運ぶ能力が足らずでママならぬ。

 

路面電車の代りに旧国鉄明知線(現:明知鉄道)が敷かれても、大して状況は変わらずに時代に取り残され、昭和の末に町おこしを始めるまで忘られたママ・・だった様。お蔭で古い街並みが残ったとも言えますが。

 

表通りは切妻の町屋が並びますが、少し入るとなまこ壁も在ったりと変化に富んでて興味深く、ドウしてこんな素敵な街がもっと賑わぬのか?コレが名古屋圏じゃ無く、東京圏なら観光地化してる筈ですが

 

確かに高原ですが夏は大変な猛暑、逆に冬は極めて寒冷と厳しい気候の小さな城下町。明知鉄道の沿線は岩村以外にも、時代に取り残されたからこそ残った素敵なトコが多く、ソレなりに頑張ってるけど限界が!

 

起爆剤に成れそうなのは、平成三十九年(2027)に開通するリニア新幹線。東京から中津川が五十分と近付くンで、そしたら岩村ももっと賑わって呉れるかも・・。先のコト過ぎますが、願わずに居られません。

 

昨日も書きましたが、岩村と云えば戦国時代の女城主「おつやの方」で、ロマンス有って悲劇も有ってと・・来年の大河ドラマは井伊直虎さんより相応しいと思えますがネ。さて岩村町は平成十六年(2004)に近の恵那市に吸収され、単独の自治体としては消滅してますンで、マンホールは合併以前のモノかしらん?ま、観光協会は独自のノを維持してますから、「女城主の里」として振興を図って欲しいモノです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都豊島区雑司が谷」への訪問記です★


(参考リンク)
★「え〜な恵那」恵那市観光協会HP

★「四百余年の歴史の町」岩村町観光協会HP
★「ようこそ ゆかしき里 いわむらへ」城下町ホットいわむらHP
★「<岐阜>寄ってこまい、岩村。城跡と城下町おすすめ観光、立寄りスポット5選プラス1.」RETRIP・HP

★「城下町」城下町ホットいわむらHP
★「岩村の古い町並み」一路一会HP

★「日本の古い町並み〜岩村町本通り」JAPAN WEB MAGAZINE HP
★「信長に処刑された叔母・岩村城女城主お直の方の強く、美しく、はかない人生」武将ジャパンHP
★「岩村城攻防戦〜おつやの方の女の決断」今日は何の日?徒然日記ブログ
★「岩村城 結婚受け入れた女城主」朝日新聞デジタルHP

★「Akechi Railway」明知鉄道HP
★「岩村電気軌道」え〜な恵那・恵那市観光協会HP
★「明知と明智−明知鉄道沿線の旧郡部をぶらり」TOPPY.NET HP
★「リニア開発に50年以上 2027年開業に向けて」ミドルエッジHP

★「リニア中央新幹線とまちづくり」恵那市役所HP
★「清酒 女城主」吟醸工房 岩村醸造HP
★「トロッコが走った酒蔵を、レールづたいに巡る。女城主の城下町で、静かに醸された酒に恋しよう」旅ぐるたびHP

★「創業寛永8年 カステーラ本舗」松浦軒本店HP
★「江戸時代より伝来した製法を守った伝統の味 カステーラ」松浦軒本舗HP
★「松浦軒本店の『カステーラ』」和菓子魂!ブログ
★「元祖"カステラ"を岐阜で見つけました」Healthy&Natural Life ブログ


(関連する記事)
★「174 【スイーツ08】東濃の山ン中にポルトガルは残る」
★「175 【団子饅頭06】山ン中でもカラスミは作れる」
★「560 【煎餅お餅11】多治見は暑いけど洒落てる街」
★「561 【お米料理34】彼女のおならは時代を変えた?・・瑞浪」

★「755 【やきそば41】中津川の『塩焼きそば』」
★「756 【スイーツ36】栗きんとんの『おこげ』・・中津川」
★「757 【やきそば42】『鶏ちゃん焼きそば』で乾杯!」
★「758 【団子饅頭26】馬籠で『三色からすみ』を!」
★「1020 【スイーツ58】女城主の壮絶なロマンスと『カステーラ』‥岩村」
★「2111 【スイーツ150】道の分かれる恵那で『岩村カステーラ』を」
★「2112 【スイーツ151】リニアを待つ中津川で『巨大栗饅頭』を」
★「2618 【やきそば279】秋晴れの中津川宿で『白い焼きそば』を」

★「2619 【野菜果物94】日本一のチコリの里の青い空・・中津川」

★「2620 【団子饅頭91】女城主の天空の城で『かんから餅』を・・岩村」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(岩村の路面電車は、全国でも七番目に作り始めた鉄道だったとか)

岩村と云えば誰がナンと言おうと「カステ〜ラ」の街で、しかもポルトガルから伝来したカステラの正しい姿が全国で唯一残ってるトコ!江戸時代初期の寛永十二年(1635)に岩村藩の藩医が長崎に医学の勉強に行った際、一緒に学んで持ち帰ったのがこのカステラ。長崎じゃ次第に日本風に変化して現在のソレに成って全国に広がってますが、流石に山ン中で時代に取り残されてただけ有って岩村じゃ、特に変化せずに今もそのママで残ってるから素晴らしい!その藩医さんから製法を教わったの「松浦軒本店のカステーラ(真ん中)」さんで、同じ名前で「松浦軒本舗のカステーラ()」さんの方は明治十五年に分家したトコだとか。ホントはもう一軒、同じ岩村のかめや菓子舗さんでもカステを作ってて、以前三つ並べてご紹介したコトも有りますが、今回はソの代りに「清酒・女城主の甘酒()」を。もちろん絶対禁酒の続く私ナン酒粕由来のじゃ無く、完全ノンアルコール米麹の甘酒で我慢我慢。何れ寛解して禁酒が解けたら、岩村カステーラをつまみに日本酒の女城主で一杯グイッとやりたいモノですナ。ソレを目標に頑張りたいです




| 2016.10.06 Thursday (00:15) | 岐阜はエエとこやで | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.11.24 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS