きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2631 【やきそば281】ホントの真田丸と「酒屋の焼きそば」・・空堀 | main | 2633 【揚げモン67】鬼子母神サマの万灯と「文化フライ」・・雑司ヶ谷 >>
2632 【スイーツ217】げに恐ろしき医薬・呪いの神様と「栗のせ水無月」・・烏丸松原

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

京都駅から烏丸通を北へ向い、五条から少し上った松原通との交点に建つのは「京都銀行本(左のビル)」ですが、ココは某有名百貨店の創業地で、その本店が和二十七(1952)年まで在ったトコです

 

大阪から京都へ移動した私メです。大阪じゃ定宿の在る上本町を根城にテクテク歩き廻りましたが、京都は東本願寺サンの北側・烏丸六条の宿をベースに、足の赴くままにアチラコチラへ青空療法でテクテクと。

 

胸張り前向きリズム良く、昼前の陽光を浴びて歩くのが私メの療法の一つで、旅先でも東京と同じ様に毎日歩いて居りますが、京都はソレがやり辛い!何しろ興味深いモンが多過ぎて、ナカナカ前へ進めないから。

 

烏丸松原界隈は京都じゃ長らく最大の繁華街だったトコで、ココで発祥したのがあの「高島屋」だったりしますヨ。天保二年(1831)に古着屋として開業したのが始まりで、現在の京都店は四条河原町に在ります

 

お宿から烏丸通沿いをテクテクと。京都駅の在る七条方面に戻っても仕方無いンで、六条・五条と北の方へ・・ドコまで参ろうかしらん。調子の良い日は一条どころか、遥か上賀茂神社まで歩いたコトも有りますがネ。

 

最も今日はソコまで元気じゃ無く、五条と四条の間の松原通でもブラつきましょか。豊臣秀吉公によって変えさせられるまで、本来はココが五条だったトコで、平安の昔から戦前まで京都随一の繁華街だった道。

 

大繁華街だっただけ有って、松原通にゃ歴史が満載!高島屋発祥地のソバに、平安の大歌人・藤原俊成卿のお屋敷跡だった「新島神社」サマが。今は小さなお社ですが、「和歌の聖地」とされてるトコです

 

私ぁこの通りの雰囲気が大好きで、正直「住んじまいたい」と思う位ですが・・問題が多過ぎて、ソウは問屋が簡単に卸しちゃ呉れないから困ってますネ。家賃も高ければ気位も高いトコで、東夷にゃエライ大難関!

 

ソレはさて置き・・ココを良く歩く訳が「五條天神社」サマで、何しろ医薬の世界じゃ日本の最高神!一昨年末から心神寛解を目指し、私ぁ毎の服薬が欠かせませんので、「薬が万全に効きます様」と真剣に祈る。

 

松原通が五条通だった証拠が、通沿いの「五條天神社(天使社)」サの存在。平安遷都の時に創建された「医薬の神さま」で、菅公を祀る満宮より古くて由緒あるお社。弁慶・義経の出会った場所とされてます

 

効果は覿面で最悪期を無事脱せましたが、今春から減薬期に入った途端・・二進も三進も行かなく成って七転八倒。天神社サマを春以来詣でてないのが気に掛かるンで、先月詣でたら減薬の第二段階に進めた。

 

げに怖ろしき医薬の神さま!「偶然だろう」「思い込みだろう」とお思いでしょうし、実際そうナンでしょうが・・こう成ったら寛解するまで出来る限り詣でなきゃネ。「信じる者は救われる」のを、信じたく成ってる私メです。

 

東は清水寺門前から・西は春日通(佐井通)まで・・鴨川を越えて都を貫く「松原通」は、祇園祭の山鉾巡行まで行われてた平安京の中(だったトコ)。当時のママの道幅らしく、昔はコレでも大道だったのネ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市上京区上七軒」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「【京都観光はどう?】京都市下京区の観光スポットまとめ」NAVERまとめHP

★「京都の地名『上ル、下ル』について徹底解説」HP
★「通りの達人〜松原通り〜」そうだ京都、行こう。JR東海HP
★「京の五条は六条通?〜松原通東から西」京の道 今日の道ブログ
★「京の路と町家〜松原通」一路一会HP
★「タカシマヤ・アーカイブス」高島屋HP
★「高島屋の創業地に記念碑が完成、そして因幡堂との関係とは?」京都発!ふらっとトラベル研究所ブログ
★「新玉津島神社」京都のITベンチャーで働く女の写真日記ブログ
★「五条天神の森 義経・弁慶初の対面」ふるさと昔語り・京都新聞社HP
★「少彦名命を祀る厄除けの神様−五条天神社」HP
★「京都の和菓子屋:亀山」京都きょろきょろブログ
★「亀山の水無月」猶しも直しすブログ
★「しるこ、ぜんざい、亀山の由来」とんちゃん日記ブログ


(関連する記事)
★「239 【京都上ル下ル05】錦は今日も賑やか」
★「711 【名物パン50】新撰組と『ニューバード』‥京都壬生」
★「1681 【お肉料理49】早起きのお説教と『王将の餃子』・・京都」
★「2031 【麺類色々162】『しっぽくそば』と早朝の東西本願寺・・京都」
★「2130 【やきそば225】憂さ晴らしの島原遊郭と『大とら焼きそば』」
★「2188 【調味料類29】なくなる定宿と『京野菜パスタソース』・・六条烏丸」
★「2189 【調味料類30】医薬・呪いの神様と『シャンタンDX』・・松原堀川」
★「2329 【麺類色々201】四条通の歩道革命と『天下一品のあっさり』・・河原町」

★「2394 【スナック62】天神信仰発祥の地と『そばぼうろ』・・六条烏丸」
★「2435 【粉なモン37】『まんぼ焼き』と新装なった定宿とお東さん・・六条烏丸」
★「2452 【スイーツ189】さよなら新風館と『錦市場の豆乳ドーナツ』・・烏丸御池
★「2455 【名物パン290】天使の突き抜ける街で『塩パン』を・・五条堀川」
★「2505 【お米料理226】一人寂しき夜の河原町で『唐揚げ親子丼』を」
★「2605 【スイーツ212】黄昏迫る雑踏の河原町で『ちご餅』を」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(天神社は『呪いでも神様』ですが、『のろい』じゃ無くて『まじない』です)

関東の「田舎しるこ(粒餡の御汁粉)」を関西じゃ「ぜんざい」と呼びますが、関東にゃ別の「ぜんざい(お餅に餡子を掛けたモノで汁なし)」が有りますヨ。ならば関東風のぜんざいを関西じゃナンと呼ぶかと云えば・・ソレは「亀山」と呼ぶンですナ。その命名ルーツは諸説ありますが、中でも有力視されてるのが松原通の和菓子屋「亀山」さん。ホント街のお菓子屋さんって感じのトコですが、界隈じゃ知らぬモノの無い老舗だソウで、京都じゃココが「亀山」の発祥地として扱われてますヨ。ですが季節がチョット早いンで、秋らしく「栗のせ水無月」を。水無月は小豆寄せの外郎で・・名前通りに六月の食べモンですが、栗を載せると俄然十月の食べモンに成っちまうンだそうナ。ホント京都って面白いですネ




| 2016.10.18 Tuesday (00:15) | 京都上ル下ル・洛中 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.17 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS