きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2639 【やきそば284】秋晴れの川口で「1kgパック焼きそば」を | main | 2641 【やきそば285】「赤い焼きそば」と茅場町の宗匠・・日本橋 >>
2640 【揚げモン69】寛政の奇人・高山彦九郎と「サクサクとんかつ」・・人形町

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

旧日本橋区東部の人形町は、江戸時代に歌舞伎小屋や人形芝居等の小屋が在った辺りで、人形師や人形遣いが大勢居たからソウ呼ばれたとか。今はからくり人形の出て来る大時計が、街のシンボルです

 

相も変わらずテクテクと、都内を毎日歩き廻る私メです。先月の東京は曇りや雨降りばかりで、幾ら歩いても気分がスッキリしませんでしたが、今月に入ったら秋晴れの日が多く、ついつい多めに歩いちゃいますネ。

 

尤も二年近くも歩き続けてますと、山手線内は行き尽した感が有りますナ。歩くほどに新しいモノやコトに巡り合う都内ですが、同じトコがいと私メ自身も飽きて来ます。ならば・・余り行って無かったトコへ行こう!

 

観光客の姿が多く見受けられる人形町界隈で、一際ソレが多いのが「甘酒横丁」。明治時代に評判の甘酒屋が入口に在ったコトから命名されたソウで、四百mほどの通りですが小洒落たお店が並んでますヨ

 

てな訳で・・日本橋の人形町へ。同じ日本橋でも、三越や高島屋の在る中央通り沿いは結構歩いてるのに、隅田川に近い人形町界隈は発病以来、殆ど近寄らなかったエリア。別に避けてた訳じゃ無いンですがネ。

 

京都・三条大橋の東詰に、江戸中期の尊王思想家・高山彦九郎センセが御所の方を向き、遥拝してる有名な像が在りますヨ。遥拝最大最高の敬意を表す時の格好で、土下座にチト似てますがソレとは違います。

 

横丁の由来たる甘酒屋は戦後暫くで廃業しますが、その跡に在る和菓子屋「玉英堂」さんのショーウインドに・・高山彦九センセの木彫が!「寛永の三奇人」と呼ばれた、少し時代に早過ぎた思想家です

 

なのに京都じゃ「土下座像」と呼ばれてますが、私ぁ不思議な御縁でその足跡を追う様に成り、群馬・太田市の生家跡へ参ったり、九州・久留米のお墓を詣でたり・・。そんな遥拝像の原型が、人形町に在るらしい。

 

甘酒横丁の入口の和菓子屋「玉英堂彦九郎」サンは、もともと三条大橋の袂に在って、彦九郎センセが御所の方を遥拝した時に、ソコでお酒痛飲したンだとか。その御縁で店名に、彦九郎と入れる様に成った・・。

 

明治座の方へ甘酒横丁を進んだトコに、歌舞伎十八番「勧進帳」の役・弁慶が見得を切ってる像が!安宅関で富樫相手に問答してる、先年亡くなった団十郎丈の弁慶にワクワクしましたナ。懐かしいネ

 

玉英堂サンは天正四年(1576)創業の超老舗で、人形町に移ったの戦後暫くしてからですが、昭和初期に彦九郎センセ遥拝の像を造ったに、まだ京都にお店が在った玉英堂サンはイロイロ良くしたンでしょう。

 

銅像のモデルの木彫像はココに渡され、家宝も同然と東京へ一緒に来たのネ。てぇコトは・・人形町と直接関係が有った訳じゃ無いでしょうが、全国を放浪なさった彦九郎センセだから・・想像の尽きない私メです。

 

甘酒横丁の最奥に建つ「明治座」は、明治六年(1873)に杮落しした東京を代表する劇場の一つで、平成五年(1993)に現在の高層ビル「浜町センタービル」に建て替わり、その下層部に入ってますナ。長時間観劇はまだ耐えられンから無理ですが、寛解したら参りたいです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都中央区茅場町」への訪問記です★


(参考リンク)
★「見つける、新しい中央区」中央区観光協会HP

★「東京 日本橋の観光・グルメ・文化・街めぐり情報サイト」まち日本橋HP
★「歴史と人情の町 にほんばし人形町」人形町商店街協同組合HP
★「老舗の多い歴史情緒ある街」人形町観光ガイド・ブログ

★「レトロかわいい、人形町を歩こう。」NAVERまとめHP
★「甘酒横丁界隈を歩く」あの町この街あるこうよブログ
★「玉英堂彦九郎
(江戸からの和菓子)」気ままに江戸♪散歩・味・読書の記録ブログ
★「高山彦九郎先生とは」高山彦九郎先生顕彰会HP

★「高山彦九郎ってだあれ?」雀の日記ブログ
★「【高山彦九郎】土下座じゃない 拝礼だ」ますます勝手に関西遺産・朝日新聞デジタルHP
★「勧進帳の弁慶像
(かんじんちょうのべんけいぞう)」人形町観光ガイド・ブログ
★「明治座 公式サイト」明治座HP

★「すべての元気は笑顔から」とんかつ伊勢HP
★「とんかつ伊勢 甘酒横丁店」日本橋ランチブログ

★「ワンコインで特別提供しながら、いつもより少し大盛りとは、素晴らしい心意気!」mgmfanのブログ

(関連する記事)
★「282 【京都上ル下ル08】あまりの暑さに土下座したくなる」
★「883 【カレー焼10】高山彦九郎と太田『あら!モード焼き』」
★「529 日本橋 きょう架橋から満百周年!」
★「689 【調味料類07】講談発祥地と七色唐がらし」
★「1036 【調味料類11】三井の本拠地・日本橋と『つゆの素』」
★「1044 【スイーツ60】『人形焼』と牢屋敷‥小伝馬町」
★「1269 【今川焼き14】今川焼きは今川橋で売って居るか?」
★「1380 【保存食品33】東京名産『日本橋漬』って知ってます?」

★「1408 【麺類色々97】奇人・高山彦九郎と『久留米ラーメン』」
★「1806 【調味料類23】大復活の街で『江戸前のおだし』を・・日本橋」
★「1824 【麺類色々136】兜町で『ゆで太郎の大もり』を」
★「2137 【スイーツ155】美女三人に逢いに、お江戸日本橋へ!」
★「2445 【スイーツ186】江戸の街ン中の島で『いちご大福』を・・新川」
★「2616 【スナック68】さよなら!『ヤマザキのリッツ』・・岩本町」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(下町趣味はしない心算でしたが、彦九郎センセだけは話が別です)

甘酒横丁の真ん中辺りに、私メとフェイスブックでのお友達Oさんのお店「とんかつ伊勢・甘酒横丁店」サンがございますヨ。都庁や新宿高層ビル街にも出店して居られますが、甘酒横丁は明治座と提携して出されたソウで、サクサクで美味しいのにボリュウムが有って・・しかもお安い!明るくテキパキした雰囲気なトコでして、本来なら玉英堂サンの和菓子をご紹介すべきナンですが、ソレはいずれ改めてと云うコトで御容赦願います。トンカツを食べられる位に食欲が復活しつつ有る私メで、実はこの秋だけで二度も行っちまった・・但しご飯は小盛でしたが




| 2016.10.27 Thursday (00:15) | 東京の中心は中央区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.09.19 Thursday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS