きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2655 【やきそば288】黄昏の西新宿で「焼きスパ・醤油にんにく」を | main | 2657 【お米料理244】光源氏のモデルと「黒い炒飯」・・六条河原院 >>
2656 【保存食品67】大街道が合流する街で「ひのな漬」を・・草津

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

滋賀・草津市は五街道の筆頭「東海道」と、同じく五街道の「中山道」が合流する街。画像手前から左奥のトンネルへ続くのが中山道、右手に折れて行くのが東海道。なお・・温泉で有名な草津はココと違います

 

雨が降ろうと風が吹こうと全く休まず、毎日毎日テクテク歩き続ける私す。コリャ日々の服薬量を抑える為の青空療法で、ダイエットしたいとか運動不足解消とかの「殊勝な心掛け」でやってるコトじゃ無いですヨ。

 

午前中の陽光を浴びながら懸命に歩いてますと、深霧の掛かった頭ンが次第にスッキリして来て、多少はマトモな思考を取り戻せるンですナ。歩き始めはドウにもツラいですが、段々歩くのが楽しく成って来る。

 

ランニングハイならぬ「ウォーキングハイ」みたいな状態で、交差点の赤信号で立ち止まるのすらイヤに成るモンで、長く続きそうだと意味も無く道を曲がり、予定と違う方向に進んでドコに居るのか判らなく成る時も。

 

ま、得てしてソウ云う時の方が面白いモンを見付けますンで、むしろソレを楽しんでる感も有りますが。ホントに判らなく成った時は、スマホの地図で現在地を調べるって方法も有りますしネ。全く便利な世の中です。

 

文化十三年(1816)に建てられた「追分道標」が、両街道の追分(分岐)に残ってます。「中山道美のぢ」だと江戸まで約五百km、「東海いせみち」だと約四百六十km。因みに京都までは三十六km有ります

 

その日の天候と体調・気分次第で多寡は有りますが、毎日十kmをに歩いて二年弱。正確にゃ一年十一ヶ月ですが、首からぶら下げてる動計のデータでは、東海道五十三次の八往復が先日終ったらしい。

 

GPS連動とは違うンで厳密じゃ無いですが、歩数からの推定換算累積距離によると片道約五百kmの旧東海道、ソレが八往復だから・・コレまでに約八千km歩いた訳ですナ。三ヶ月で一往復してるペースに成る。

 

もちろん実地を歩いた訳じゃ無く、険しい峠道を越えた訳でも無いでが、思えば随分歩いたモンだ・・過ぎてしまえば美しい思い出。と言いいけれど、正直ナニも覚えて無い。何しろ記憶力が壊滅してますンで。

 

東海道と中山道が合流する草津宿。記録上じゃ十六回も通ってるンですが、実際に来たのは数年ぶり。青空療法を何時まで続けるのか判りませんが、寛解して必要が無く成ったらホントに歩き通したいモノです。

 

私ぁ中山道の首宿「板橋宿」に住んで居りますが、空襲で焼け野原に成ったンで・・昔のモンが全く残って無いンですヨ。処が草津宿は追道標のスグ傍に、本物の本陣が残っててホント羨ましい!江戸時代期のモノで、東海道・中山道で残る本陣としては最大規模だソウです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市下京区内浜」への訪問記です★


(参考リンク)
★「草津観光&物産まるごとガイド」草津市観光物産協会HP
★「過去・現在・未来が出会うまち、草津」草津市シティセールスHP
★「東海道と中山道が出会うまち」草津宿HP
★「江戸時代の街道」草津宿HP
★「東海道への誘い」国土交通省関東地方整備局横浜国道事務所HP
★「中山道入門」JackとでかけよHP

★「追分道標」旧街道ウォーキング人力HP
★「東海道草津の宿場の本陣と追分道標」京都検定合格を目指す京都案内ブログ
★「街道写真紀行 草津宿本陣」写真紀行・旅おりおりHP
★「滋賀のおいしいコレクション 日野菜」滋賀県庁農政水産部HP
★「滋賀の伝統野菜!日野菜を使ったレシピ」MERY・HP


(関連する記事)
★「121 【保存食品01】氏郷公の城下町・近江日野」
★「122 秀次公の城下町・近江八幡」
★「123 【スイーツ06】和た与の「でっち羊羹』、近江の味」

★「216 狸と狸と狸と狸と狸と狸の街」

★「217 【スイーツ11】田村神社のかにが坂飴」

★「888 【お魚料理47】義仲公最期の地と『えび豆』・・大津」
★「889 【お魚料理48】義仲公のご墓所と『氷魚の佃煮』‥大津」
★「890 【お米料理61】東海道と中山道の分岐点で『はこずし』・・草津市」
★「891 【団子饅頭36】二つの道に分かれる街と『うばがもち』・・草津市」

★「1342 【保存食品31】日吉大社と『比叡ゆば』‥坂本」
★「1457 【団子饅頭54】すご〜く長い路面電車と『弁慶の力餅』‥大津」
★「1458 【スナック26】皇太子襲撃事件と『甘いポテチ』‥大津」

★「2294 【野菜果物78】赤神山の太郎坊と『赤い糸こんにゃく』‥八日市」
★「2295 【スイーツ178】悲劇の関白と『近江うゐろ餅』‥近江八幡
★「2296 【スイーツ179】『丁稚ようかん』と洋館の街・・近江八幡」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(実際に東海道と中山道を歩き通すと成ると、イロイロ大変でしょうナ)

湖国・滋賀県は美味しいモノが多いトコですが、ココで私メが好きな漬物はカブの一種「日野菜」を甘酢に漬け、桜色に成った「ひのな漬」。津市に近い日野町の名物で、戦国時代から近江特産として親しれて来た伝統食。薄くスライスされたモノが良く売られてますが、特の細長い姿が良く判る状態のが有りましたヨ。本体より葉っぱの方がかに長く大きく、漬ける時はソレをこんな風にクルクル巻て置ンですナ。程好い辛さと苦さが食欲を誘って、ご飯が思わず進みます




| 2016.11.13 Sunday (00:15) | 琵琶湖は滋賀の1/6 | - | - |
スポンサーサイト



| 2020.01.26 Sunday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS