きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2669 【お米料理247】絶景の池畔で「馬肉の丼」を・・信州飯島 | main | 2671 【スイーツ219】紅葉の高原リゾートと「超濃厚スイスロール」・・駒ヶ根 >>
2670 【やきそば289】山寺の燃える秋と「塩味のローメン」・・駒ヶ根

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

光前寺の門前の「駒ヶ根高原美術館」から仰ぎ見れば、南アルプスの主峰「北岳(3193m、画像左側)」と、「間ノ(3190m、右側)」の高く聳える姿が。北岳は日本国内で第二位、間ノ岳は第三位の高峰です

 

晩秋の南信州・伊那谷へ参った私メです。天竜川沿いの東西に長い谷の中間に在るのが駒ヶ根市で、南アルプス(赤石山脈)と中央アル(木曽山脈)に挟まれ、「二つのアルプスの見える街」を標榜してます。

 

私ぁ中央アルプスの主峰「木曽駒ヶ岳」麓のリゾート地・駒ヶ根高原が大好きで、縁あって前世紀末から時折訪ねてますが、発病してから頓に参る様に成り、今年はコレで何度かしらん?ですがこの季節は久しぶり。

 

貞観二年(860)建立の「宝積山光前寺」サマは、信州随一の古刹で天台宗の別格本山。杉の巨木に囲まれたお寺で、樹齢数百年のノも珍しくないとか。参道の杉並木の間で、秋がキレイに燃え始めてます

 

条件さえ整えば引っ越しちまいたい位ですが、中々ソウは上手く問屋卸して呉れず、やむなく時々出掛けるコトで我慢してますが、何度参っても気分が清々しく成りますネ。普段住んでる東京とナニもかも違う!

 

何しろ高いビルが一つも無く、一番高いのはNTTの鉄塔かナ。だから街を挟む二つのアルプスの眺望はドチラも抜群で、見ててナカナカ飽きませんヨ。そして太い杉が立ち並ぶ山麓の森を歩くのが、無性に楽しい。

 

光前寺サマの境内は、運良く紅葉・黄葉の森・・ってウソです。駒ヶ根観光協会のHPで色付き具合の情報を少し前から確認してて、そろろ絶頂と云うンで「ならば」と訪ねたンですヨ。全く便利な世の中です

 

でも森歩きは後にして、先ずは界隈で一番大きい光前寺サマへお詣を。今はリゾートに成ってる駒ヶ根高原ですが、元は太い杉の木立を切り開いた開拓地。その深い森の殆どは、光前寺サマの寺域だったとか。

 

つまりお寺の裏山()だったのネ、今じゃ温泉まで湧いてますケド。ソレも広いお寺で、標高が八百m以上も有って秋の深まりの早い駒ヶ原でも、ココの境内は特にソレが早くて・・紅葉・黄葉が見頃らしい。

 

国の名勝に指定されてる位に風光明媚な境内で、嘉永四年(1851)再築された御本堂が木立の奥に。この境内にゃヒカリゴケも自生してますが、寒く成って来ると枯れて光らなく成っちまうソウで・・残念です

 

だもんでお詣りそっちのけで、紅葉見物にもぅ夢中。木曽駒ヶ岳は流石の高峰で、その山裾は朝夕の冷え込みが厳しく、東京に比べて色付きが早いし鮮やかですネ。常緑樹の杉の木立だから、一層目立ちます。

 

桜の季節も美しいトコですが、紅葉も抜群ですナ。ですが色付きが良い分だけ寒くって、暖かい格好をして来た心算だったのに・・この身体にゃ堪えますヨ。寛解してからの再訪を誓い、リゾート地へ向かう私メです。

 

光前寺サマと云えば「霊犬早太郎(しっぺい太郎)」伝説の地で、そのお墓が境内に。ココで飼われていた山犬(=狼)の早太郎が、天竜川の流の東海道・見付宿(静岡・磐田市)まで出向いて凶暴なヒヒを退治し、傷ついて血塗れの身体を引き摺って寺まで帰り、そして息を引き取った・・この伝説が御縁で、駒ヶ根市と磐田市は友好都市に成ってます

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日も「長野県駒ヶ根市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「信州駒ヶ根ガイド」駒ヶ根観光協会HP
★「BLUE SKY in KOMAGANE」駒ヶ根の青い空HP
★「信州伊那谷観光情報」上伊那観光連盟HP
★「避暑地『駒ヶ根高原』」駒ヶ根高原リゾートリンクスHP
★「天台宗別格本山」宝積山光前寺HP
★「駒ヶ根 光前寺紅葉」HAPPY PHOTO LIFE ブログ
★「信州『光前寺』の紅葉」Colors of the Wind ブログ
★「杉は紅葉しないって本当?冬でも緑の葉っぱの木はなんて呼ぶの?」今話題の気になる情報満載ブログ
★「光り苔と苔〜光前寺
(長野県駒ヶ根市)の境内」ここだけのはなしブログ
★「光前寺の霊犬早太郎伝説」風水学研究所 玄武HP
★「2つのアルプスに囲まれた美術館」駒ヶ根高原美術館HP
★「味処みよし 馬か丼」道の駅 花の里いいじまHP
★「みよし
(ローメン 食堂)6.0点」東海のグルメを中心とした かぁ坊ちゃんのブログ

(関連する記事)
★「747 【お米料理50】早太郎と『ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「1494 【名物パン142】暴れ川と駒ケ根にも有った『信州の牛乳パン』」
★「1852 【名物パン203】『牛乳パン』と降格した村・・信州宮田」
★「1853 【保存食品48】『凍りもち』とアルプスの黄昏・・駒ケ根」
★「2150 【お米料理173】蒼く美しき木曽駒と『巨大ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「2151 【団子饅頭67】まだ咲いてた桜と『天ぷら饅頭』・・駒ヶ根」
★「2152 【スイーツ158】リンゴの花と清流と『ドーナッツ工場』・・宮田村」
★「2220 【野菜果物76】今年も『下剤』でジャム作り!2015・・駒ヶ根」
★「2221 【スイーツ166】『板飴』舐めて、高原で命の洗濯を・・駒ヶ根」
★「2222 【スイーツ167】涼しげな『こもれ陽の径』とドーナツ工場・・宮田村」
★「2522 【野菜果物87】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2016・・駒ヶ根」
★「2523 【スナック63】高原の迷子石と『ツルヤのポテチ』・・駒ヶ根」
★「2524 【スイーツ198】木立の中の清流と『焼きドーナッツ』・・宮田村」
★「2577 【スイーツ206】駒ヶ根高原で川遊びと『ピーチソフト』を」
★「2578 【スナック67】爽風の駒ヶ根高原で『ブルーベリーポテチ』を」
★「2579 【スイーツ207】こもれ陽の径で夏も『ドーナッツ工場』へ・・宮田村」
★「2617 【スイーツ213】油水騒ぎの駒ヶ根で『しっとりビスケットサンド』を」
★「2669 【お米料理247】絶景の池畔で『馬肉の丼』を・・信州飯島」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(『しっぺい太郎』の講談を駒ヶ根でも読みたいンですが・・無理かねぇ)

駒ヶ根じゃ無くて失敬ですが、その南隣りの飯島町の道の駅で食べた「塩味のローメン」を。ローメンとは伊那谷北部の伊那市で発祥した羊肉を使った焼きそばで、スープの掛かったモノを出す店と掛かって無いのを出す店に分れてますが、コチラは掛かって無いタイプ・・しかも塩味ですナ。「好みに応じてソースや黒酢を掛けて」と言われましたが、量が少なかったンで・・味を変える前に食べ切っちゃいましたヨ。ま、食欲不振が完全には解消されて居らず、以前ほど大食いじゃ無く成っちまった私メですンで、ちょうど良い位でしたが・・レディースサイズかナ?




| 2016.11.27 Sunday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.16 Wednesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS