きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2671 【スイーツ219】紅葉の高原リゾートと「超濃厚スイスロール」・・駒ヶ根 | main | 2673 2016年11月の目次 >>
2672 【名物パン312】錦秋のこもれ陽の径と「カフェロイヤル」・・宮田村

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

伊那谷のほぼ真ン中の「宮田(みやだ)村」は、中央アルプスの主峰「木曽駒ヶ岳」の山麓だけ有って朝夕の冷え込みがキツク、村内のチコで紅葉・黄葉が今を盛りとキレイなモノ。コレぞ正に日本の美ですネ

 

晩秋の南信州、南アルプスと中央アルプスに挟まれた伊那谷をブラつ私メです。今年は春の桜の頃から度々参ってましたが、恐らくは今回が後。次に訪ねるのは来春、再び桜が咲く頃に成るンでしょうナ。

 

北信州ほど雪は降りませんが、ソレでも冬はムチャクチャ寒い地域。最近多少挽回してますが、やっぱり体脂肪が減り過ぎてるのに違いなく、信州の気候に私ぁ耐えられそうも無い。ま、暖かく成るまで無理ですヨ。

 

宮田高原を流れる黒川沿いのネイチャートレール「こもれ陽の径」を、今年は何度歩いたのかしらん。ココを歩きたいが為に南信州に行くなモノですが、森が色付く晩秋は初めて・・何だか知らないトコみたい

 

次回訪ねる時は是非とも寛解・・若しくはソレに準ずる状態まで回復し、スッキリした心神で山野を巡り歩きたい。行きつ戻りつでも季節が確実に変わって行く様に、療法に耐えて着実に快方に向って行きませんと。

 

多少の遠回りは既に経験してますンで、「ゆっくり急いで」慌てずに来春を迎えたいですナ。尤もそんなコトを言ってると鬼に笑われます・・心中の鬼にネ。だから今は、南信州・宮田村の錦秋に夢中に成りましょ。

 

幾ら寒さがキツい地域でも、或る程度の陽射しが届かないと紅葉付きは宜しくない様で、黒川沿いは植林された深い杉林の中を流れますンで、ソレが今イチなトコが多かったのが残念。ま、仕方無いですが

 

昨日ご紹介の駒ヶ根高原と、天竜川の最大支流・大田切川を挟んで向かい合う「宮田高原」は、盛夏の避暑シーズンでも結構静かなトコ。ましてや寒さが日毎に増して来る晩秋ともなれば、人影は殆ど見当たらぬ。

 

お蔭で「こもれ陽の径」を独り占めしてノンビリ歩けます。聞こえるのは川のせせらぎと、自分の足音ぐらいなモノ。何度も歩いてるトコだから怖さは感じないし、幸い熊も出そうに無い・・ニホンザルなら居ましたが。

 

駒ヶ岳に降った雪や雨の伏流水が集まったのが黒川で、水温は年中殆ど変わらないと聞きますが、夏は涼しくて心地良く感じた水温が・・今エラク冷たく感じられたのはナゼ?天然のミネラルウォーターです

 

夜に成ったら鹿まで出たンで嬉しく感じた半面、野生生物が里まで降りて来ねば成らぬ・・今秋は山の団栗が少ないと聞ますンで、彼らもの寒さを乗り切る為に「太る」コトに必死なのネ。命が懸かってるから。

 

私メも負けずに懸命に食べて、もう少し太って来る冬を乗り切らねば。体温を保つ為にゃドウしてたって、冬は自然と痩せちまう季節。次にココ来る時はドウ成ってるだろう、そんなコトを考えてた錦秋の高原です。

 

こもれ陽の径を抜けて陽当たりの良いトコに出れば、色付く黄葉がキレイな森に。でも色付くからには何れ落葉する筈で、ソウしたら寂しい風景に成っちゃうンでしょうネ。南信州は今年最後の輝きを迎えてます

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都港区外苑前」への訪問記です★


(参考リンク)
★「信州みやだ観光ガイド」宮田村観光協会HP
★「こい!こい!みやだ」宮田村商工会HP
★「信州駒ヶ根ガイド」駒ヶ根観光協会HP

★「こもれ陽の径」宮田村観光協会HP
★「信州伊那谷観光情報」上伊那観光連盟HP
★「"こもれ陽の径"を散策」ア・カプリチョ・ブログ
★「こもれ陽の黒川渓谷」Colors of the Windブログ
★「宮田村の自然・文化・観光」宮田人HP

★「キレイに紅葉する気象条件は?」中日新聞プラスHP
★「里山と野生動物・・経済林・自然林の配置」Maystorm Journal ブログ
★「全国第6位のドーナッツメーカー」北川製菓HP

★「montparno since 1950」モンパルノ田口屋HP
★「長野県宮田村のぐうでんとモンパルノ」ふつうの暮らしブログ

 

(関連する記事)
★「747 【お米料理50】早太郎と『ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「1494 【名物パン142】暴れ川と駒ケ根にも有った『信州の牛乳パン』」
★「1852 【名物パン203】『牛乳パン』と降格した村・・信州宮田」
★「1853 【保存食品48】『凍りもち』とアルプスの黄昏・・駒ケ根」
★「2150 【お米料理173】蒼く美しき木曽駒と『巨大ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「2151 【団子饅頭67】まだ咲いてた桜と『天ぷら饅頭』・・駒ヶ根」
★「2152 【スイーツ158】リンゴの花と清流と『ドーナッツ工場』・・宮田村」
★「2220 【野菜果物76】今年も『下剤』でジャム作り!2015・・駒ヶ根」
★「2221 【スイーツ166】『板飴』舐めて、高原で命の洗濯を・・駒ヶ根」
★「2222 【スイーツ167】涼しげな『こもれ陽の径』とドーナツ工場・・宮田村」
★「2522 【野菜果物87】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2016・・駒ヶ根」
★「2523 【スナック63】高原の迷子石と『ツルヤのポテチ』・・駒ヶ根」
★「2524 【スイーツ198】木立の中の清流と『焼きドーナッツ』・・宮田村」
★「2577 【スイーツ206】駒ヶ根高原で川遊びと『ピーチソフト』を」
★「2578 【スナック67】爽風の駒ヶ根高原で『ブルーベリーポテチ』を」
★「2579 【スイーツ207】こもれ陽の径で夏も『ドーナッツ工場』へ・・宮田村」
★「2617 【スイーツ213】油水騒ぎの駒ヶ根で『しっとりビスケットサンド』を」
★「2669 【お米料理247】絶景の池畔で『馬肉の丼』を・・信州飯島」
★「2670 【やきそば289】山寺の燃える秋と『塩味のローメン』・・駒ヶ根」
★「2671 【スイーツ219】紅葉の高原リゾートと『超濃厚スイスロール』・・駒ヶ根


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(ホント良いトコなのに、『こもれ陽の径』は何度行っても空いてますナ)

少しでも太らにゃ成らぬ・・思い込み過ぎな感が多分に有りますが、ソレくらい本人にゃ深刻な悩みだったりしますヨ。何しろ太ってた頃の方が、明らかに体調も心神も朗らかでしたから。てな訳で・・こもれ陽の径を歩き終えたら毎度の様に、終点ソバの「全国第六位のドーナッツメーカー」北川製菓さんの工場直売店に行って、フツーに買うよりお得なドーナッツを多数買い求めた私メですが、ソレだけじゃ飽き足らずに宮田村の中心街へ繰り出して、昭和二十五年(1950)からパンを焼き続ける「モンパルノ」さんへ久し振りに行き、名物の菓子パン「カフェロイヤル」を買って来ましたヨ。コーヒー風味のバタークリームがたっぷり入れられたカロリー過多な一品で、今の私メにゃ丁度ピッタリ。但しコレは小さいSサイズで、この倍の長さのも有りましたが・・流石にソレに挑むほどの食欲は回復して居らず、来春への宿題にしたいモノです




| 2016.11.30 Wednesday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.13 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS