きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2690 【スナック72】真っ赤な飛鳥山と「いかにんじんポテチ」・・王子 | main | 2692 【やきそば293】聖なる西池袋で「カリフォルニア焼きそば」を >>
2691 【スナック73】晩秋の赤羽の森と「まさかのコラボポテチ・バーベQあじ」

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

明治十八年(1885)に日本鉄道中仙道線(現:高崎線)と品川線(現:埼京線)の分岐点として駅が設けられたのが切欠で、一農村だったトコ急発展したのが「赤羽」。北区最大・都内最北の繁華街だったりします

 

相も変わらずテクテクと、青空療法で毎日歩き廻る私メです。決意を固めて靴の紐を結び、中山道板橋宿の拙宅から歩き始めますンで、出掛ける先は城北エリアが一番多いのに、ナカナカご紹介出来てませんヨ。

 

まぁ城北各区は地元だから日常的過ぎて、新鮮に感じないと云うか、記事にするのは何時でもイイやと考えちまうンで、日々過ごす時間は絶対的に多いのに、珍しく思える都心・城南のソレが多く成っちゃいますネ。

 

空襲で焼け野原にされた赤羽のシンボルは、昭和二十六年(1951)落成した「被昇天の聖母カトリック赤羽教会」。TVドラマ等の撮影にく使われてますンで、知らず知らず御覧に成ってるかも知れませんナ

 

ソレはソレで構わないですが、人間足元をジッと見つめるのも大切だ!拙宅は板橋区なれどもその東南端の切先の頭で、豊島区・北区との境に接してますンで、この三区のお噂も少しずつ増やして参りましょうか。

 

てな訳で昨日ご案内の飛鳥山に続き、同じ北区の赤羽へ。城北じゃ池袋に次ぐ繁華街で、チョットした県庁所在地並みの賑わいが有るのに、庶民的で気楽に過ごせるトコ。お酒が呑めた頃は、良く行ってましたヨ。

 

教会や繁華街は赤羽駅東口ですが、西口のバッケ()の上は都最初に造営された大規模団地「赤羽台」。流石に老朽化が著しく替え・高層化が進み、見慣れた中層フラットはドンドン減っちゃてます

 

昔は山手線の本線だった埼京線沿いに、スタスタ歩けば拙宅から三十分位で着いちゃう距離ナンで、気が向くと今は買い物に行きますが、華街は良く知ってても・・その後背のバッケの上にゃ余り参りませんナ。

 

ソコは公団の古いニュータウン「赤羽台」で、歩いても余り楽しいトコじゃ無いンで・・。ですがその一画に「赤羽自然観察公園」なる、自衛隊の駐屯地跡を整備した森が在りますンで、晩秋らしい風景が見られるかも。

 

戦前は陸軍東京兵器補給廠、戦後は米軍の戦車練習場だった「自衛赤羽分屯地」跡の一部を、平成十一年(1999)に整備したのが「赤羽自然観察公園」。本物の農家まで移築され、都内と思えぬ風景です

 

早々と返還された団地と違い、良くも悪くも長らく軍用地だっただけ有って、高度成長期の拙速な開発から免れた貴重な空間。努めて外来樹木取り除き、元々の風景を再現・・昔の城北ってこんな感じだったのネ。

 

所詮私ぁ街のネズミで、最先端を行く都心や城南の街中は珍しいモンが多くて楽しいですが、例え作りモノだとしても・・コウ云う場所も良いですナ。近場なのに遠くへ旅した様で、ホッコリした気分に成れた私メです。

 

赤羽と云う地名は「赤土のバッケ」だったのが由来と聞きますが、訪ねた日の自然観察公園は至る所キレイに紅葉してて、「赤い葉」で赤羽だったンじゃないかと考えちまった位。長閑な晩秋の一日に成れました

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都中野区中野坂上」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歩きたくなるまち」北区役所観光HP
★「赤羽ってどんな街」e-赤羽ネットHP
★「赤羽の今をお伝えする情報誌」赤羽styles HP
★「全国のあかばねを訪ねてます」全国あかばね紀行HP
★「被昇天の聖母カトリック赤羽教会」コンベンツアル聖フランシスコ修道会HP
★「団地の団地。赤羽台&桐ヶ丘
()」尊い東京の姿ブログ
★「赤羽自然観察公園」北区役所HP
★「池や田んぼがある自然いっぱいの公園『赤羽自然観察公園』」そのうちHP
★「秋色に染まり始めた赤羽自然観察公園に」赤羽ほっとcafeブログ
★「赤羽自然観察公園の池
(東京都北区)」水辺遍路ブログ
★「カルビーのポテトチップス」カルビーHP

★「スーパーマーケット・ライフ」ライフコーポレーションHP

(関連する記事)
★「1059 【国内で海外旅行06】赤羽に響くフィリピンの祈り」
★「1329 【名物パン122】赤羽の赤い水門と『赤羽あんこ』」
★「1330 【やきそば129】馬鹿げた馬鹿祭りと『焼きスパ』‥赤羽」
★「1570 【お魚料理79】『ちくわぶ』と『すじ』の無いおでんなんて‥赤羽」
★「1571 【お魚料理80】酔いどれ酒場で『鯉のうま煮』を・・赤羽」
★「2048 【名物パン224】水上バスと『軽井沢浅野屋のパン』・・小豆沢」

★「2050 【揚げモン56】『巨大唐揚げ弁当』とナショナルトレセン・・西が丘」
★「2079 【お肉料理65】『セキネの肉まん』と禁酒中で呑み屋街・・赤羽」
★「2196 【国内で海外旅行15】城下町だった赤羽で『フィリピン料理』を」
★「2525 【お米料理229】『豚丼』とさよなら吉野家の本社・・赤羽」
★「2528 【名物パン297】浮間公園のアジサイと『軽井沢浅野屋のパン』」
★「2690 【スナック72】真っ赤な飛鳥山と『いかにんじんポテチ』・・王子」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

自然観察公園の池にゃカワセミが棲ンでるソウで・・ココも都内です
)

ポテトチップスは城北の地場産業だったりしますが、中でも赤羽は数年前までカルビーの本社の在った街!だもんで今日も、カルビーの珍しいポテチを・・しかも飛びっきり珍しいのを。関東と関西にしか無い大手スーパー「ライフ」とカルビーのまさかのコラボ商品、「カルビーポテトチップス・サッポロポテトパーベQあじ」。何しろ現時点じゃweb検索しても全く引っ掛からないと云う位で、珍品中の大珍品!普通コラボと云えば異なる会社の商品が組み合わされるモノで、コレってコラボじゃ無くて「ただ単に流用しただけ」の様な気が。ですがパーベQあじは大定番中の大定番で、むしろ今まで無かったのが不思議な位。もちろん味はサッポロポテトそのまま、ハッキリ言っちまうば材料は全く同じ。格がチョット違うだけで文句なしの美味さ!箱買いしようかと考えてます




| 2016.12.20 Tuesday (00:15) | きたくなるまち北区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.17 Thursday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS