きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2716 【スイーツ221】雪舞う越後湯沢で「笹だんご味の柿チョコ」を | main | 2718 【お肉料理97】寒桜咲く椿山荘と「英国の超濃厚クロテッド」・・関口台 >>
2717 【お米料理259】大雪が降る前の越後塩沢で「けんさん焼き」を

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

三国街道の宿場として栄えた越後塩沢は、上越線の開通で活気を失い埋没してましたが、ソレを再生したのが「塩沢宿・牧之(ぼくし)通り」。訪ねた日は雪が全く積もって居らず、う〜む・・真冬の魚沼ナンですが

 

昨日は今冬二度目の寒波来襲で、東京も降雪するンじゃ無いかと言われてたのに、空振りに終わってガッカリした私メです。もう少しで体脂率が二ケタ台に復帰出来そうでも、今の身体じゃ寒くて仕方ない癖に。

 

都内でも海っ縁や川手は多少降った様ですが、我が板橋宿は「山手」だから・・ソリャ気質は違いますが、地理的にゃ本郷台地の尾根筋で・・手にゃ違いない。僅かな標高差で、都内でも気象が違ったりしますナ。

 

コリャ一昨年の今頃の画像ですが、雪降りの時の塩沢宿はこんな風一晩で1.4mも積もった記録が有る豪雪地ですが、道路中央に埋された「消雪パイプ」から噴き出た水が、雪をドンドン融かして行きます

 

ましてや山ン中だと気象の違いは大変で、今回訪ねた新潟・南魚沼で痛感しましたヨ。昨日ご紹介の越後湯沢は「標高365m」と駅のホームに書いて有りましたが、約十五km離れた塩沢宿のソレは200mほど。

 

コレが大きな差で、湯沢は小雪が舞ってたのに・・寒さは同じでも塩沢は全く降っとらん!街全体を昔風に再生した「牧之通り」と云う素敵なトコ在り、ソコの雪化粧を見て以前感激したンで・・楽しみにしてたのに。

 

コレも一昨年ですが、町家の軒先で繋がる「雁木」が或る程の歩道を護って呉れるンで、その下を歩けば濡れないのが地の知恵。尤もその存在が仇と成り、年末の糸魚川市は大火に成っちゃいましたが

 

ま、無いモノ強請りしたって始まりませんし、タダ寒いだけの宿場町に来ようと云うモノ好きは他に居ないンで、「独占してる様なモン」と開き直った私メですが、同じ魚沼でもコレほど迄に天候が違うとは・・ホント驚き。

 

上越国境の長いトンネルの出口はエライ豪雪でしたが、ソコから距離十五kmほど・標高150mほど下った湯沢は小雪の中。更に同じだけ距離と標高を下った塩沢は、雪のユの字も無い状態・・都内の比じゃ無い!

 

大雪前の訪問だったンで、宿場の鎭守「住吉神社」の不思議に気が付けましたヨ。鳥居の扁額と社殿前の狛犬と燈籠が、ブルーシートに覆われてる!積雪による破損を防ぐモノで、コレも雪国の知恵の様です

 

もちろん先日大雪が魚沼全域に降りましたンで、恐らく今はドコも彼処も雪に埋まってる筈ですが、その寸前だったからこそ・・一口に豪雪地帯片付けちまう魚沼も、随分違いが有るンだと今更乍ら判りましたヨ。

 

実際訪ねたからこそ驚きは倍増し、こうして土産話に出来るンで・・雪化粧が空振りだったのも上々吉。その身体じゃ豪雪にゃ耐えられめぇと、塩沢の住吉神社サマが御配慮して下さったと思うコトにした私メです。

 

ナニか美味しそうなモンを無いかしらんと、牧之通りを歩いてたら・・地元のNPO法人が町おこしの一環として運営する「魚沼さんちのおすそわけ。」と云う、チョット洒落た郷土料理レストランが開店してましたヨ。特Aランクの南魚沼コシヒカリを使った「けんさん焼き」が身体が暖まると仰るンで、ソレを頼んでみましたら・・焼きお結びのお茶漬けみたいのが。越後が誇る名将・上杉謙信公や家来達が合戦の際に食べてたモノらしく、硬くなったお結びを剣の先に刺して火で炙り、そのママ食べたりお茶漬けにしてたと云う郷土料理。魚沼の生姜味噌が焦げて香ばしく、程好い出汁と相まって・・美味かった暖まった腹が膨れました

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都文京区関口台」への訪問記です★


(参考リンク)
★「えちご南魚沼いいとこ自慢」南魚沼市観光協会HP
★「知りたいことがきっとある、南魚沼」南魚沼市役所HP
★「真白き世界に隠された知恵と出会う」雪国観光圏推進協議会HP
★「【魚沼】[魚沼の風景]豪雪地帯ならではの雪対策」新潟県庁魚沼地方整備局HP
★「三国街道塩沢宿 牧之通り」しおざわ商工会HP
★「三国街道塩沢宿牧之通りを案内していただきました」南魚沼女子力観光プロモーションブログ
★「必見!300年以上続く住吉神社例大祭の遷座祭」南魚沼市女子力観光プロモーションブログ
★「魚沼産コシヒカリ」新潟こだわり市場HP
★「魚沼さんちのおすそわけ。」南魚沼もてなしの里HP
★「玄米けんさん焼き」南魚沼もてなしの里HP
★「魚沼さんちのおすそわけ」六日町あるきMAPブログ

★「魚沼さんちのおすそわけ コシヒカリのおにぎり」平成デザインスタジオ・ブログ

(関連する記事)
★「204 【野菜果物06】残雪の湯沢に今年もハッカは薫るか?」
★「328 【お米料理16】まいたけとモヤシの狂宴」
★「693 【野菜果物29】今年も越後湯沢で『日本ハッカ茶』を!」
★「870 【揚げモン31】本当の雪国と『雪国もやしの天ぷら』‥南魚沼」
★「1232 【お肉料理33】『ケンちゃん餃子』は六日町で作られてる!」
★「1518 【団子饅頭55】『おかこ餅』と数年後、赤字に墜ちるローカル線‥六日町」
★「1519 【野菜果物55】『かぐらなんばん』と偽装コシヒカリ‥塩沢」
★「2038 【保存食品52】最後の賑わい?越後湯沢駅で『車麩の煮物』を」
★「2039 【スナック49】豪雪降る越後湯沢で『サラダホープ』を」
★「2043 【名物パン223】『あんぼパン』とほくほく線の挫けぬ闘志・・六日町」
★「2044 【保存食品53】深雪の六日町で『打ち豆の煮菜』を」
★「2045 【お魚料理97】深雪の塩沢宿で「鮭入り粕煮』を」
★「2716 【スイーツ221】雪舞う越後湯沢で『笹だんご味の柿チョコ』を」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(遊びに行く方は楽しくても、住んでる方には大変ネ・・豪雪地帯って)

同じ「魚沼さんちのおすそわけ。」ですが、流石に魚沼コシヒカリの大産地で「コシヒカリ御飯の食べ放題定食」まで有りましたが、まだ食欲が復活し切ってないンで・・残念ながら挑戦は元気に成ってからの楽しみに。代りに新潟らしく「へぎ蕎麦」でも手繰ろうかと思いきや、麩海苔を繋ぎにしたソレじゃ無く、コシヒカリの米粉を繋ぎにした蕎麦が有るとのコト。むしろソッチの方が面白いンで当然頼んでみましたが、ナンら違和感の無い味で・・お米の消費拡大にコレを盛大に売り込んだら良いと思う位。もちろんコシヒカリ御飯まで付いて来ましたンで、魚沼ならではの味を存分に堪能させて貰いました。やっぱ魚沼米は日本一です




| 2017.01.21 Saturday (00:15) | 長いぞ新潟は!中越 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.11.06 Wednesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS