きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2718 【お肉料理97】寒桜咲く椿山荘と「英国の超濃厚クロテッド」・・関口台 | main | 2720 【お鍋料理24】八丁味噌の蔵と「鶏味噌鍋膳」・・岡崎 >>
2719 【今川焼き62】厄祓いのおそっさまと「パイたい」・・堀之内

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

落語の「堀之内」で道に迷った主人公が、「おそっさまへ行くならココを通れ」と教わるのが、メトロ新中野駅ソバの「鍋屋横丁」。堀之内妙法参道入口の商店街で、江戸時代は鍋屋と云う茶店が在ったとか

 

相も変わらずテクテクと、板橋宿の拙宅を起点に都内を歩き廻る私メです。お昼前の陽光を浴び乍ら「歩く」コト自体が療法の一つナンで、去年も一昨年も一日も休まず続けてますヨ。今年も多分ソウ成っちまう筈。

 

タダ歩くだけじゃ飽きちまうンで、ナニかしら目的を決めて出掛けるコトも多いですナ。年が明けてからは初詣や願掛けで、お寺や神社・教会等へ参ってますが、今日はズバリ「厄祓い」。節分前にやっとかないとネ。

 

鍋屋横丁から妙法寺へと歩いてたら、参道沿いに「女子美術大学」・・こんなトコに在ったンだ!男だけだった東京美術学校(現:東京藝大)対抗し、明治三十三年(1900)に創立された国内最古の私立美大です

 

元々は中国の風習でしょうが、面倒ゴトや災難ゴトの「厄」をお寺や神社で祓い落として貰う信心で、一般にゃ厄年に行うモンですが・・疫病神に憑り付かれてる様な気がしたら、厄年に関係無く詣でるのが吉だとか。

 

ソレは正月から節分までが良いと聞きますが、懸命に闘病してるも拘らず、遅々とした歩みでしか快方に向わぬ私メは、寛解させまいする疫病神に憑りつかれてるに違いない。ならば祓い落として貰いましょ!

 

女子美の資料室を見学させて貰いましたが、通路に誇らしく掲げられてたのが、東京オリンピック招致のシンボルマーク!すったもんだの末に決まった今の五輪マークより、私ぁコチラの方が遥かに好きですねぇ

 

さてドコへ参ろうか?都内にゃ厄除け・厄祓いで有名な寺社は多いですが、私メも寄席芸界の者だから・・やっぱ「堀之内のおそっさま」こと、並の妙法寺サマしか有るまい。法華の古刹で、落語「堀之内」の舞台。

 

江戸時代から厄除け名所で、私メみたいな疫病神付きの厄介者は、本橋から三里強(約13km)テクテク歩いてココへ行き、「おそっさま(師様=法華の開祖・日蓮上人)像」にお縋りして邪気を祓って貰う。

 

法華の本山の一つ「日圓山妙法寺」サマは、元々尼寺だったのを四百年ほど前に改宗したとされる、杉並区最大級のお寺。この祖師堂の中に「厄除けのおそっさま」が居られますンで、どうか助けて下さいませ

 

流石に日本橋から歩く気にゃ成らず、新宿駅から鍋屋横丁経由で往復10kmだけ歩くコトにしましたが、今時そんなコトをする痴れ者は滅多にらンでしょう。だからこそ判って下さいナ、この意気込みと深刻さを!

 

コッチも真摯に努めるからこそ、天佑神助は齎されるモノ!コレで疫神と決別出来る筈と信じたいですが、奴とは長い付き合いだから・・ネ。ま、一朝一夕の回復は無いでしょうが、快方に向って欲しいモノですヨ。

 

おそっさま境内で唯一の国の重文は、立派に思える祖師堂じゃ無く、御本堂の大玄関前の「鉄門」だったりするから面白い。日本近代建築の父「ジョサイア・コンドル博士」の設計で明治十一年(1878)に建てられたモノで、和洋折衷のエラク珍しいデザイン。堀之内界隈は昔からアートに関する理解が深いンですかネ?女子美が出来た位ですから

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「愛知県岡崎市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「なみじゃない!杉並!」中央線あるあるプロジェクト実行委員会HP
★「NAKANOKU KANKO KYOKAI」中野区観光協会HP

★「すぎなみ学倶楽部」杉並区産業振興センターHP
★「杉並区の文化財巡り」杉並散策ガイドHP

★「なべよこ」鍋横大通商店会HP

★「妙法寺の参道だった鍋屋横丁を歩いてみれば」大幸住宅HP

★「JOSHIBI」女子美術大学HP
★「[フェイス21世紀]島峰藍さん」アートマニュアルオンラインHP
★「厄除けに行く前に知っておきたい基礎知識」LAURIER PRESS HP
★「厄除け神社。東京で厄払いをするならここ!お詣りで開運しよう」お役立ち情報一括サイトHP

★「日蓮宗本山 やくよけ祖師」堀之内 妙法寺HP
★「堀之内妙法寺」東京墓地めぐりHP

★「落語『堀之内』の舞台を歩く」落語の舞台を歩くHP
★「たい焼きを探しに・・鍋屋あんどれ」おもしろ探しの部屋ブログ

★「新中野の鍋屋あんどれで少し変わったたい焼きを食べてきた。」へんてこグルメガイド・ブログ

(関連する記事)
★「1769 【お米料理129】読みづらい?阿佐谷で『カレーかつ丼』」
★「1770 【麺類色々130】ご当地ナンバーの区で『荻窪ラーメン』を」
★「1879 【スイーツ129】サブカルの殿堂で『多段ソフトクリーム』を・・中野」
★「1880 【お肉料理58】吉良さまの御墓所と『鉄板麺』・・東中野」

★「2108 【スナック53】善福寺池と『いぶりがっこポテチ』・・上井草」
★「2154 【麺類色々179】新緑の杉並と『かつカレーそば』・・阿佐ヶ谷」
★「2215 【やきそば234】『いりそば』と高円寺の高圓寺で雨宿りを」
★「2503 【お米料理225】世界一のトンネルの上を歩いて『サーティーライス』を‥東中野」
★「2519 【やきそば267】サブカルの聖地で『焼きナポリタン』を・・中野」
★「2626 【団子饅頭91】秋の善福寺池で『超薄皮の豆大福』を・・西荻窪」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(昨日はカトリックの大聖堂、今日は法華の本山と・・節操無いですナ)

参詣を終えて新宿駅まで帰ろうと、鍋屋横丁を再び歩いて通り抜けますと・・「鍋屋あんどれ」と云う、ナンとも不思議な名前の鯛焼き屋サンが。不思議なのは店名だけじゃ無く、売ってる鯛焼きがドウにも当り前じゃ無い!「甘い系」が七種類・「クリーム系」が八種類も有るだけじゃ無く、「甘くない系」が九種類も有る。更にパイ生地で中身を包んだ「パイたい」が七種類ほど有って・・合計幾つ有るのか数えるのが大変。ドレにしようか暫し悩んだ結果、小倉あん()とミート()のパイたいを。鯛焼きっぽい格好をしたパイとしか言い様が無く、しかもコレが随分美味いから尚更困っちゃう!全種食べるのはとても無理ですが、何れまた改めて、違う系のナニかに挑んでみたいと思います。全く面白いネ




| 2017.01.23 Monday (00:15) | 中野・杉並・練馬区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2018.11.14 Wednesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS