きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2719 【今川焼き62】厄祓いのおそっさまと「パイたい」・・堀之内 | main | 2721 【麺類色々229】蒼空の金鯱と「本物の名古屋カレーうどん」・・名城公園 >>
2720 【お鍋料理24】八丁味噌の蔵と「鶏味噌鍋膳」・・岡崎

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

岡崎市中心街に在るのはJR東海道線「岡崎駅」じゃ無く、旧東海道沿いに線路を敷いた名古屋鉄道東岡崎駅(画像奥)」。勾配がキツくてSだっ国鉄はココを通れずに、やむなく城下町を回避した結果だとか

 

拙宅の在る東京を歩くだけじゃ無く、機会を見付けて方々へ出掛クテク廻る私メです。知ってる街も知らない街も、動けば動くほど「珍しいモン」を見付けられるンで・・好奇心回復からの心神再建に繋がりそう。

 

ついでに「美味しいモン」も見付けて参りますが、ソウは上手く問屋が卸しちゃ呉れぬ時も有り、幾ら歩いても珍しいモンの無い日や美味そうなモンの無い日も有りますヨ。酷い時は・・食べるトコの見付からぬ時も。

 

岡崎名物「八丁味噌」は、岡崎城から西に八丁(約800m)離れた「八村」で醸造されてたンで、ソウ呼ぶンだとか。ご覧の旧東道を挟んでからの味噌蔵が二つ在りますンで、ソレを見学しに行こまい!

 

中部地方の某所で先日そんな目に遭い、ソレでも何か食ねばと仕方無く、参りましたのは全国ドコにでも在る牛丼屋チェーン。私ぁ滅多にソコへ行かンから知りませんでしたが、地域限定のメニューが有るのネ。

 

ソリャ面白いと頼ンでみましたが、偶に食べると八丁味噌も美味く感じますナ私ぁ静岡市に昔住んでましたンで、お隣の愛知ほどじゃ無い・・馴染みが多少有りますヨ。そうだ、八丁味噌の故郷へ参りましょ。

 

同じ様な豆麹味噌は愛知県各地で製造されてますが、「八丁味噌」と乗って良いのは延元二年(1337)創業の「まるや」さんと、正保二年(1645)創業の「カクキュー」さんの二軒だけだとか。今回はまるやへ

 

てな訳で「行こまい行こまい」と訪ねましたのは、冷たい雨降る愛知・岡崎市。ヒマだからこそ為し得るフットワークの軽さで、気分は東海道を旅する旗本退屈男。「天下御免の向こう傷」早乙女主水之介サマですヨ。

 

時代劇の主人公だから架空の方ですが・・「退屈のお殿様」は大身の直参旗本だから、徳川将軍家と同じく御先祖様は岡崎辺りの設定だったのかも。だとすれば当然、八丁味噌を毎日お召し上がりに成ってた筈。

 

八丁味噌の原料は大豆と塩と水だけで、蒸した大豆から麹球を作り、ソレを樽の中に職人さん達が均して入れ、その上に積みして重し掛け、二夏二冬寝かして熟成させる・・ホンモノは手間が掛かりますナ

 

味は濃くても塩分はフツーの味噌より少ないソウで、徳川将軍家の天下取りの陣中食として愛用された、完璧とは云わないけどスゴイ健康食。また熟成・濃縮された大豆成分は、私メみたいな症状にも良いらしい。

 

ソレで呼ばれた様な気がしたンですかネ?熟成の為に二夏二冬寝かすと説明されましたが、私ぁ闘病で二夏三冬寝てる様なモンだから、そろそろ出荷作業に取り掛かりたいと、思わずに居られない味噌蔵でした。

 

まるやサンの蔵を見学させて貰い、身体に良さそうナ味噌製品を幾つか買い求めましたが、ついでだからとカクキューさんへも。但し時間の都合で蔵見学は無理でした・・まるやサンで長居し過ぎたナ。コチラの方が販路が広い様で良く見ますが、ドチラのも間違いなくホンモノです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「愛知県名古屋市北区名城」への訪問記です★


(参考リンク)
★「岡崎観光」岡崎市観光協会HP
★「岡崎観光の情報発信サイト」岡崎ナビHP
★「岡崎観光30選 絶対に訪れたい定番スポットから穴場まで一挙紹介!」KAUMO・HP
★「八丁味噌の魅力と美味しい食べ方」味噌専門ページbyピントルHP
★「八丁味噌がもたらした家康の天下統一」キリン食生活文化研究所HP
★「岡崎名物八丁味噌美味GUIDE」岡崎商工会議所HP

★「旧東海道を挟み、隣あって営業を続けています。」八丁味噌協同組合HP
★「創業延元二年
(一三三七年)」まるや八丁味噌HP
★「八丁味噌の造り方」まるや八丁味噌HP
★「退屈な不死鳥〜市川右太衛門と『旗本退屈男』〜」映画史探訪HP
★「匠味・健康・安全」吉野家HP
★「吉野家の地域限定メニュー『なごや鶏味噌鍋膳』を食べてきた」exciteニュースHP
★「地域限定、鶏味噌鍋膳はまさに名古屋の味噌煮込みうどん」かくてもあられけるよブログ


(関連する記事)
★「438 【呑みモン12】大岡越前守サマはお大名に成った」
★「480 【団子饅頭16】ザ・ルーツ・・徳川家の場合[松平郷篇」
★「481 【麺類色々24】天下取りはココから始まった・・岡崎」
★「482 【呑みモン14】徳川家康公、大樹寺で叱られる」
★「1210 【やきそば105】焼きそばと白しょうゆの街‥碧南」
★「1211 【野菜果物43】名門・吉良家の没落と『筆柿』‥西尾」
★「1781 【スイーツ118】池鯉鮒名物『大あんまき』・・知立」
★「1782 【やきそば187】天下取りの起点で『ぼてこ焼そば』・・安城」
★「1855 【名物パン205】『淡雪シベリヤ』と芭蕉翁・・藤川宿」
★「1856 【お米料理138】『どて煮丼』と面倒臭い三河武士・・岡崎」
★「2407 【名物パン283】抹茶の里で『抹茶メロンパン』を・・西尾」
★「2408 【お米料理213】童話作家の青春と『北京飯』・・安城」
★「2430 【保存食品61】悲劇の吉良サマと『おべんとうのおかず』・・吉良町」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(吉野家へ行くって、半年に一度有るかドウかってレベルの私メです)

詳しい事は知りませんが、吉野屋サンが牛丼以外のメニューとして、九州以外の全国を四つの地域に分けて「ご当地鍋膳」を出してるンだとか。その中で最も狭いエリア・・愛知・静岡・岐阜・三重の四県だけなのが「鶏味噌鍋膳」。八丁味噌を使った「みそ煮込みうどん」みたいなモノで、固形燃料で熱されグツグツ煮たって出て来ましたヨ。確かに八丁味噌に一番合うのは鶏肉ですから、ソレの不味い筈は無く・・生卵も頼めば良かったネ。ホント面白いモンをやってると、驚いた私メでした




| 2017.01.24 Tuesday (00:15) | 愛知三河においでん | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.11.17 Sunday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS