きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2745 【麺類色々234】真っ黄色な浜離宮と「銀座300円ラーメン」 | main | 2747 【スイーツ223】幻の北関東州と「冬の水羊羹」・・宇都宮 >>
2746 【やきそば299】初代横綱と三奇人と「宇都宮焼きそば」と

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

平安時代後期から在ったとされる「宇都宮城(亀ヶ岡城)」は、関東七名城の一つとされてるンだとか。戊辰戦争で殆ど焼け落ち、今は土塁と櫓が整備されてるだけですが、コレから少しずつ復元して行くソウです

 

未だに積雪の無い暖冬の都内で咲き始めた梅や桜を追ってる内に、未紹介のお噂が結構溜っちまった私メです。時節を逸してお蔵入りにし根多も多いですケド、素直にソウしちゃうのは勿体無いのもチラホラと。

 

だもんで少し前の訪問に成りますが、本格的に春が到来する前に真冬の宇都宮訪問記を今日・明日の連続で。ま、同じ関東でも北と南じゃ気が違い、栃木県はまだまだ寒いママだろうと思いますンで御容赦を。

 

宇都宮の由来と成ったのが、中心街の真ン真ん中に鎮座する下野国一ノ宮「二荒山(ふたらやま)神社」サマ。西暦353年の創建とされるエライ古社で、ココは桜の名所・・訪ねた時は勿論咲いてませんでしたが

 

まだ病中だから無理ですが、いつか講談にしたいと前々から思ってる方に「高山彦九郎正之」と云う、江戸時代後期の勤思想家が居らますヨ。生れがもう五十年遅ければ、幕末の大スターに成ってた筈の人物。

 

京都・三条大橋の袂で「土下座してる人(ホントは遥拝ですが)」と云えば判るかも知れませんが、郷里の群馬だけじゃ無く、留米のお墓訪ねましたネ。因みに彦九郎センセの劣悪コピーが、吉田松陰とか云う奴。

 

二荒山神社の裏に在るのは、全国第十八位の人口二百万を誇る栃木県の中心「栃木県庁」。旧栃木県と旧宇都宮県が合併したのは明治六(1873)で、その十一年後から宇都宮が県庁所在地に成ってますヨ

 

そんな彦九郎センセと共に、「寛政の三奇人」と呼ばれた思想家に「蒲生君平」と云う方が。奇人とはイカレた輩のコトじゃ無く、「極めて優れた人」と云う意味。彦九郎センセを調べるなら、君平センセも調べなきゃ。

 

その思想の中身は兎も角として、彦九郎センセと同様に赤貧なれどタダモノじゃ無い直情の持ち主で、お墓は東京・浅草に在りますが、生まれ故郷の宇都宮には神社が創られ祀られてるとか。ぜひ行ってみたい!

 

幕府から危険思想家と警戒されてた君平センセは、没後に明治大の勅令で顕彰される様に成り、県庁の裏山に「栃木の偉人」とて昭和五年(1930)に「蒲生神社」が建てられるまでに。全く有為転変です

 

処が発病して以来、中々コレが上手く参りませんで・・思い付いてから年?東京から中途半端に近くて遠いンで、宇都宮行きの用事が見付からぬ。てな訳でやっと叶いましたヨ、お蔵入りさせるにゃ勿体無いお噂。

 

処が境内は力士像の方が目立ってて、「明石志賀之助」・・伝説の初代横綱じゃないかいナ!八尺三寸(約2.5m)もの身長を誇ったこの方都宮ご出身でしたか、まさかまさかのスゴイ人揃いに吃驚でした。

 

「稀勢の里」関が七十二代の横綱に昇進したばかりですが、「明石志賀之助」関は朝廷から「日下開山」の称号を初めて受けた、江戸初期の実在の力士。尤も現役の頃にゃ横綱と云う制度は無く、没後百数十年経ってから「海内無双の大力士」として、初代横綱が贈られてますヨ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日も「栃木県宇都宮市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「都会&田舎の『とかいなか』」宇都宮観光コンベンション協会HP
★「地図で愉快だ宇都宮」うつのみやマップHP
★「栃木のクチコミナビ」栃ナビ!HP
★「宇都宮市で観光するならここ!観光スポット6選」トラすけHP
★「よみがえれ!宇都宮城」同市民の会HP
★「下野国一之宮 宇都宮総鎮守」宇都宮二荒山神社HP
★「ベリー・グッドローカル とちぎ」栃木県庁HP
★「高山彦九郎先生とは」高山彦九郎先生顕彰会HP

★「高山彦九郎ってだあれ?」雀の日記ブログ
★「【高山彦九郎】土下座じゃない 拝礼だ」ますます勝手に関西遺産・朝日新聞デジタルHP

★「学問の神様 蒲生君平先生」蒲生神社HP
★「【栃木】伝える 蒲生君平」読売オンラインHP
★「【ローカルプレミアム】実存さえ疑われた初代横綱・明石志賀之助の実像に迫る」産経ニュースHP

★「やきそば あかつきや」暁商事HP
★「宇都宮のやきそばやさん
(あかつきや)」みどりいろいろはじめましたブログ

(関連する記事)
★「282 【京都上ル下ル08】あまりの暑さに土下座したくなる」

★「633 【麺類色々36】暑い日は鹿沼の『ニラそば』」
★「634 【スイーツ25】鹿沼には『切りパン』がある」
★「883 【カレー焼10】高山彦九郎と太田『あら!モード焼き』」

★「1185 【お魚料理69】鮫の肉『もろ』と巨大な狸‥益子」

★「1186 【やきそば103】金次郎サンと『特注焼きそば』‥二宮町」
★「1408 【麺類色々97】奇人・高山彦九郎と『久留米ラーメン』」

★「1438 【やきそば142】『ニラ焼きそば』とまちの駅だらけの街‥鹿沼」
★「1439 【スイーツ84】『天然氷のカキ氷』と干瓢の故郷‥壬生町」
★「1905 【やきそば202】伊達家の出身地で伊達な「焼きそば』を・・真岡」
★「2478 【やきそば261】蒼空の宇都宮で桜と『キャベツ焼きそば』を」
★「2479 【スイーツ192】今年最後の夜桜と銘菓『チャット』・・宇都宮」

★「2611 【団子饅頭90】関東の最北端で『明治からの温泉まんじゅう』を・・黒磯」

★「2612 【やきそば278】清水が二層で流れる宇都宮で『後がけ焼きそば』を」

★「2613 【野菜果物93】復活した中心繁華街で『なつおとめのスムージー』を・・宇都宮」
★「2640 【揚げモン69】寛政の奇人・高山彦九郎と『サクサクとんかつ』・・人形町」

★「2714 【お米料理258】寒く美しき日光で『湯波むすび』を」
★「2715 【今川焼き61】世界遺産・日光山の争いと『昔のたい焼き』」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(寛解したら講談化したい題材が沢山有って・・尚更焦って来ますナ)

世間じゃ宇都宮は餃子の街として喧伝されてますが、ソレは違う・・当は「焼きそばの街」ですゼ。太麺に甘いソース、そして具は基本的キャベツのみ!そしてソレをビニール袋にそのまま入れて貰い、自持って帰って大量に食べるンですが、旅先のコトとてソウも参らず二荒山神社の鳥居近くの専門店「あかつきや」サンで、焼いたベーコンをトッピングした大盛りを食べてみましたヨ。味が足らなければ卓上のソースを自分で掛けるスタイルですが、モチモチした麺がエラク美味くて・・忽ち完食。コレで五百五十円、近所だったら毎週参りたい位です




| 2017.02.20 Monday (00:15) | そりゃ栃木がいいべ | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.08.19 Saturday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS