きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2767 【今川焼き68】桜咲くジュビロの街で「冬だけの鯛焼き」を・・磐田 | main | 2769 【名物パン320】名残り雪の木曽路で「牛乳パン」を・・木曽福島 >>
2768 【団子饅頭101】春浅き美濃路で「三色ういろう団子」を・・中津川

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

JR中央線の特急「しなの」で、名古屋から中津川までは五十分ほど。穏やかな地形がココまで延びてましたが、このは深い谷ばかりたすら続く木曽街道。列車の乗り継ぎの合間、休憩がてら散歩しましょ

 

静岡・磐田市の実家への帰省からの戻り道、素直に東京へ戻らずに、ナゼか信州・松本をグルっと廻るルートを選択した私メです。だって行きと帰りで同じトコを通っても面白くないですし、ナニより私ぁヒマだから。

 

加えて私ぁ目的地への直行主義じゃ無く、可能な限り・・途中のドコかに寄ってきたいフラフラ気質。全く以てヒマだからこそ選べる酔狂ですが、ドウせ元より呑気な廻り道人生。オンとオフの切り替えを常に大切に。

 

車の旅ならば「妻籠」や「馬篭」へ寄りますが、列車の移動じゃソウも参らず、駅から歩いて十五分ほどの「中津川宿」へ。旧中山道の第四十五番宿で、今まで何度も訪ねてるトコですが・・雰囲気が良いンですヨ

 

さて温暖な太平洋沿いは河津桜が満開で春が近付いてましたが、寒冷な信州は・・まだ春が遠い筈。私ぁイロイロ訳あって白馬村で成人式を迎えた過去が有り、一応ソレなり以上に彼地を知ってる心算ですンで。

 

名古屋廻りで信州の入口と成るのは、岐阜県の最東端・中津川市。東濃地方の交通の要衝で、松本へ参る途中に木曽のドコかに寄って行くにゃ、ココで二両編成のワンマンローカル電車に乗り換えねば成らぬ。

 

塩尻まで二十二里(約九十km)もある木曽路を控えた中津川宿は、険しさの続く山旅に備えた旅人達が大勢立ち寄って、昔はエラク賑わったトコだったとか。往時の面影を残す建物が、今も多く残ってる街です

 

但しソレは二時間おきの運行で、否が応でも長い待ち合わせ時間。ココにゃ昨秋も参ってますが、駅でタダ待ってても退屈なだけだから、寒風吹きすさぶ中山道の宿場をテクテク歩き、頭ン中をスッキリさせましょ。

 

静岡からソウ離れて無い筈なのに、肌を突き刺す風の寒さよ。ソレでも歩き出すと次第に身体は暖まり、露出してる鼻や耳の凍えが殊更に感じられる。最近暖かい日が多いンで、スッカリ忘れかけてたこの感覚。

 

この寒さじゃ桜が無理なのは判りますが、せめて梅が咲いて無いか暫く歩き廻ったモノの、蕾は未だ硬いままでやっぱ春が遅いのネ。ソ云えば去年のもう少し後も、やはり花は咲いてなかった様な覚えが・・

 

そして木曽谷の在る方を眺めれば、ドウ考えても雪雲としか思えぬ様禍々しい真っ白な空。入口の中津川でこの寒さだから、イザ木曽に入ったらば一体ドウ成っちまうンだろう・・ま、成るようにしか成りませんケド。

 

先のコトは先に成って考えようと思考を放棄して、古い宿場ン中をブララと。この寒さに街道歩きしようと云うモノ好きは他に居らず、ナンだかり占めにしてる様。さぁ列車の時間が近付いてる、駅へ戻りましょか。

 

こんな看板の飾られた中津川駅前の「にぎわいプラザ」は、元はダイエーだったビル。その撤退後、観光協会や物産店が入って再活用されてますが、駅前地区に唯一残るアピタも近く閉店しちまうソウで、郊外の大型SCの便利さには勝てないンでしょうナ。リニア中央新幹線も中津川市内の別のトコに駅が出来ますし、ドンドン寂れちゃいそうです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「長野県木曽郡木曽町」への訪問記です★


(参考リンク)
★「栗きんとん発祥の地・中津川」中津川観光協会HP
★「BEAUTIFUL NAKATSUGAWA」中津川観光協会HP
★「中津川観光が意外と楽しい。自然もグルメも楽しむ観光地ベスト24」KAUMO HP
★「中津川周辺の地域情報ポータルサイト」恵那山ねっとHP
★「中山道」人力(じんりき) 旧街道ウォーキングHP

★「中山道」中津川観光協会HP
★「中津川の古い町並み」一路一会HP

★「にぎわい物産館」中津川観光協会HP

★「リニア中央新幹線に夢をかける町、旧中山道中津川宿を歩く」トシの旅ブログ
★「リニア中央新幹線」中津川市役所HP

★「中津川のかくれた銘菓・からすみ」恵那山ねっとHP
★「ひな祭りのご当地お菓子、岐阜『からすみ』は故郷の味!」ひな祭り情報館ブログ
★「3月の創作菓子【からすみの三色団子】」信玄堂のブログ


(関連する記事)
★「174 【スイーツ08】東濃の山ン中にポルトガルは残る」
★「175 【団子饅頭06】山ン中でもカラスミは作れる」
★「560 【煎餅お餅11】多治見は暑いけど洒落てる街」
★「561 【お米料理34】彼女のおならは時代を変えた?・・瑞浪」

★「755 【やきそば41】中津川の『塩焼きそば』」
★「756 【スイーツ36】栗きんとんの『おこげ』・・中津川」
★「757 【やきそば42】『鶏ちゃん焼きそば』で乾杯!」
★「758 【団子饅頭26】馬籠で『三色からすみ』を!」
★「1020 【スイーツ58】女城主の壮絶なロマンスと『カステーラ』‥岩村」
★「2111 【スイーツ150】道の分かれる恵那で『岩村カステーラ』を」
★「2112 【スイーツ151】リニアを待つ中津川で『巨大栗饅頭』を」
★「2618 【やきそば279】秋晴れの中津川宿で『白い焼きそば』を」

★「2619 【野菜果物94】日本一のチコリの里の青い空・・中津川」

★「2620 【団子饅頭91】女城主の天空の城で『かんから餅』を・・岩村」

★「2621 【スイーツ214】女城主の街で『江戸時代のカステラ』を・・岩村」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(リニアが出来たら東京から一時間の距離に!まだ先のお話ですが)

中津川は栗きんとんの発祥地で、にぎわいプラザの物産店に市内の主だったお菓子屋のソレがずらっと揃ってますが、この時期の名物は「からすみ」。と云ってもボラの卵の燻製じゃ無く、以前もご紹介した米粉で作った甘い蒸し餅。東京の「すあま」に良く似たモノで、ナゼか中津川じゃソウ呼ぶンですが、実は桃の節句のお供え物ナンだとか。中津川のひな祭りは旧暦で行うンでコレからがその季節で、花見団子風のを見付けたンで・・ご案内通りに花はまだまだですが、気分だけでもと買って参りましたヨ。花の咲くのが遅い分、ひな祭りの日も遅いのネ




| 2017.03.18 Saturday (00:15) | 岐阜はエエとこやで | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.05.29 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS