きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2796 【やきそば307】リベンジ狙った大阪城の桜と「ぺぺたま」 | main | 2798 【やきそば308】都心で咲く八重桜と「タンメン屋の焼きそば」・・東御苑 >>
2797 【煎餅お餅27】大阪造幣局さくらの通り抜けと「造幣せんべい」

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

昨日ご案内の大阪城公園に続き、観桜しに参りましたのは「大川(旧淀)」沿い。生憎の降雨と強風で濡れ鼠に成りながら、わざわざコま来たのは「大阪造幣局の桜の通り抜け」に再挑戦する為。二ソレに挑んだモノの「人混み苦手症」の為に、無残に敗れ去った私メです

 

発病前は人混み大好き人間だったのに、心神崩壊でソレが大苦手に変っちまった私メ。「東京でダメなら大阪で・・」と臨んだ造幣局じゃ、りの雑踏に息苦しく成ってパニックに成りかけ、入口で断念して逃亡た苦い思い出が。懸命な療養で多少マシに成ったンで、いざ挑まん!

 

二年前と同じ通り抜けの初日を選んだのは、もちろん私メの意地!直後に中に入りましたが、悪天候が幸いして?一昨年ほど人出がくないのがホント有難い・・。さて入口近くじゃ鎌倉原産の「桐ヶ(所返し)」が満開で、関東から良く来たと優しく迎えて呉れた様でした

 

造幣局の桜の通り抜けは、大川沿いに南門(天満橋側)から北門(桜宮橋側)への一方通行。ソコを大勢ぞろぞろ観桜しつつ進むンですが、んな悪天候で来るのは余程のモノ好きか、騒々しい中国人観光客だけ!コチラは「駒繋」と云う京都発祥の桜、一度は絶滅したモノだとか

 

大阪の春の風物詩だけに、開催の一週間に六十五万人が押し寄せるンだとか!警備の人に聞いたら「今日は雨で空いてるケド、明日から大変に成りますわ」。コレでも私メにゃ限界ギリギリで、正直ツラいンですが・・。コチラは「八重紅大島」で、次第に濃紅色に成って行くそうナ

 

大阪造幣局の桜は約三百五十本と多くないですが、百三十種類も植えられてて・・花合いがソレゾレ違うから面白いですナ。まるで日本最古の桜の苑、京都・衣笠平野神社サマの様!その平野神社で発祥した「衣笠」も当然の様に植えられ、山桜らしい気品を示してましたネ

 

造幣局内は六百m弱と短いですが、人出が少ないとは云え結構な混雑で、私ぁ途中で気分が悪く成り・・なんか二の次にして、早く出口まで辿り着きたいと思う様に。でもコレはリベンジだから神戸発祥の笹部桜」は、水上勉氏の小説「桜守」のモデルが育成した品種だとか

 

気分が辛くてボロボロの濡れ雑巾に成りながら、出口の造幣局本庁舎前まで辿り着いた私メ。二年前と同じ条件じゃ無いですが、ソレでも何とか成し遂げたと云う達成感が嬉しい・・。この二年間の療養労が多少は報われた様で、来年は胸を張って通り抜けに臨みたいモノです

 

造幣局前の大きな道路(国道一号線)のお向いに、随分クラシックな建物が!明治四年(1871)に造幣局の応接所として建てられた、国の重要文化財「泉布観」。泉布とは貨幣の古い呼び方で、現存する大阪最古の洋風建築だとか。混雑する造幣局内と違い、コチラは人影少なく実に静かでしたンで、洋館前の桜の古樹を眺めながらユックリ休憩し私メ。桜遍路はコレで終りじゃ無く、更なる桜を求めて西へ進みます

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明後日は「東京都千代田区丸の内」への訪問記です★


(参考リンク)
★「OSAKA−INFO」大阪観光局HP
★「JAPAN MINT」独立行政法人 造幣局HP
★「見たこともない珍種の桜が129種・354本も咲き乱れる『桜の通り抜け』」Gigazine HP
★「鎌倉原産の桜 〜桐ヶ谷・御所返し〜」鎌倉手帳HP
★「桜・駒繋
(コマツナギ)と日本の桜を救ったイギリス人」私的花図鑑さくらHP
★「八重紅大島
(ヤエベニオオシマ)」花図鑑ブログ
★「キヌガサ
(衣笠)」このはなさくや図鑑 〜美しい日本の桜〜 HP
★「笹部桜
(ささべざくら)と水上勉氏『桜守』」私的花図鑑さくらHP
★「大阪最古の洋風建築『泉布観』を訪ねる」Nakanoshima−Style HP
★「心がほっとほどけていく 上質な甘い時間へ」亀井堂總本店HP
★「【大阪】お土産に、『造幣せんべい』」Season’s Greetings 季節のご挨拶ブログ


(関連する記事)
★「1343 【やきそば133】淀屋の没落と『カレー焼きそば』‥淀屋橋」
★「1636 【名物パン171】今年で四百年!大阪冬の陣と『プリンシア』」
★「1729 【お肉料理51】大川沿いの桜と『だし巻き玉子』・・大阪」
★「1730 【名物パン183】桜咲く大阪城と『玉子焼きサンドイッチ』」
★「2032 【名物パン221】大阪城の火事と『アーモンドサンミー』」
★「2128 【お肉料理73】桜と中国人と『せみぎょうざ』・・大阪城」
★「2129 【やきそば224】造幣局の桜の通り抜けと『モーデン焼き』・・天満橋」
★「2292 【名物パン262】『大小ミニスナックゴールド』と旧淀川・・天満橋」
★「2325 【揚げモン62】江戸城天守閣復元と『紅ショウガ天』・・大坂城」
★「2326 【名物パン268】『あんまき食パン』と歴史博物館・・大坂城」
★「2397 【名物パン280】大阪水上バスと『サンミー&新作ヨンミー』」
★「2446 【粉なモン38】長〜い商店街をブラブラ歩いて『一銭焼き』を・・天満」
★「2447 【スイーツ187】悲しき青空の中之島と『なにわ鯛焼きパイ』」
★「2448 【今川焼き39】悲しき夜の大阪城と『鳴門金時の鯛焼き』」

★「2660 【お米料理245】黄昏の中之島の絶景と『大阪かつめし』」
★「2711 【麺類色々228】福まで呼ぶ天神さんと『鶏の黄そば』・・天満」

★「2796 【やきそば307】リベンジ狙った大阪城の桜と『ぺぺたま』」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(コレで多少は肩の荷が下りた様な・・でも再挑戦をしたいモノですネ)

昨秋までは拙宅近くの池袋にも造幣局の支局が在り、ソコでも手に入れる事が出来たンですが・・造幣局のお土産と云えば、神戸の亀井堂總本店サンの「造幣せんべい」。一円・五円・十円・五十円・百円・五百円玉の模様をした丸い瓦煎餅で、蜂蜜がタップリ入れられた甘くて硬いカステラっぽいお味。大阪の造幣局の売店で久しぶりに見ましたヨ




| 2017.04.21 Friday (00:15) | もちろん大阪はキタ | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.06.26 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS