きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2803 【今川焼き72】桜咲く美観地区で「もち入り鯛焼き」を・・倉敷 | main | 2805 【やきそば309】海峡を見下ろす桜の山で「尾道焼きそば」を >>
2804 【お米料理263】桜咲く駅前天守閣と福山のソウルフード「肉めし」

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

二年ぶりに「帰った」嫁の実家の街・福山市は、長い間ほじくり返してた駅前広場の工事も終わり、随分キレイな佇まいに成りましたナ。です影は一層減った様で、のぞみ号の停まる街と思えぬ寂しさです

 

拙宅の在る東京の桜だけじゃ満足できず、ソレを求めて岐阜・滋賀・京都・大阪・兵庫・岡山と西へ進み、遂に広島県まで到達した私メです。ろん最近じゃ無く、花の盛りだった二十日ほど前の旅のお噂ですが。

 

さて今回の桜遍路じゃソメイヨシノ等を、実にイロんな場所で愛でて参ましたが、総じて絶景だったのは「川や池やお濠の畔」で咲く桜。水面が鮮やかな水鏡と成って、純白の清き花弁がソレに映えてキレイ極まる!

 

JR福山駅の直ぐ裏に五層の天守閣が聳えるのは、江戸幕府の西国最前線の大要塞だった「福山城(葦陽城)」。と云うか・・お城の三ノ丸にが在りますンで、近いのは当たり前ナンですが。ちょうど満開でした

 

でも桜が最も美しく見えるのは、やっぱりお城ですゼ。私メも寄席の高座で講談を読む中で、時折「花は桜木、人は武士」と申したり致しますが、桜と武士は共に潔さを専らとすると云うイメージが強く有りますネ。

 

お城と云えば武士の象徴だから、武士も桜を愛してお城に沢山植えたンだろう・・等と考えちまいますが、調べてみたらソウじゃ無いらしい。むしろ武士は桜を「女々しいモノ」と忌み嫌い、城にゃ植えなかった様。

 

福山城二ノ丸には、ココの初代藩主「水野日向勝成」公の銅像が。元は敵だった大名ばかりの西国最前線を任せられるのは、徳川家康公の従弟で、母方の実家を継いだこの方しか居なかったンでしょうネ

 

本来の武士道は決して潔いモノじゃ無く、今日は敗れてもシブトク生き延びて明日の再起を狙うのが真の道。己の為なら裏切り裏切られが当前で、桜の様にアッサリ散っちゃったらお家なんか残りませんから。

 

ならばナゼ現在は、ドコのお城でも桜が沢山植えられてるのか?コリャ簡単で、お国の為に潔く散るのを求めた在郷軍人会が、その判り易いシンボルとして桜を植えたから。「武士道=桜」とミスリードさせた訳だ。

 

天下普請で築かれた巨城「福山城」は、辛うじて残った本丸・二ノ丸外は駅や市街地と化してますが、例え復元でも天守閣が在るのが素晴らしい!そして桜も・・ココほど桜の多い新幹線駅はナカナカ無いヨ

 

尤も私メら講釈師はそんな事情を知った上で、「武士道=桜」と云う勘違いを煽ってたりするから始末に負えぬ。なのにイザ桜を愛でりゃ、日頃ミスリードしてる事をすっかり忘れ、「お城の桜はキレイだナ」と大喜び!

 

天守閣が日本一近いJR福山駅は、のぞみ号の停車駅としては日本桜の多いトコ。駅から出た途端に桜満開のお城ナンで、かも忘れて見入ってしまった私メ。義実家にゃ寄りませんでしたが、御容赦下さい。

 

福山藩は概ね十万石の譜代大名が幕末まで続きましたが、福山市は中国地方じゃ第四の人口・四十六万を誇る中核市(広島県東部・備後地方の最大都市)。その中枢たる福山市役所は駅近くの十三階建ての堂々たるビルで、その前の広場でも桜が満開に!思えば初めて見る山の桜でしたが、次回はゆっくり帰ってノンビリと愛でたいモノです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「広島県尾道市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ノスタルジック&モダンな街ふくやま」福山観光コンベンション協会HP
★「定番観光スポットの福山。一度は行きたい観光名所15スポット」KAUMO・HP
★「地元・福山の情報を独自視点で発信中」ふくやまつーしんHP
★「見たことのない、せとうち旅」せとうち旅情実行委員会HP
★「福山城
(久松城、葦陽城)」戦国探究HP

★「福山城と桜、街中のお花見スポットも風情ある静けさ」広島ニュース 食べタインジャーHP
★「桜満開
(福山城公園)」風見鶏日記ブログ

★「駅と城がこんなに近い理由 福山駅(広島県、JR山陽新幹線)」朝日新聞デジタルHP
★「水野勝成こそ最強武将!徳川家康のイトコながら各地を流浪したリアル傾奇者の生き様とは」武将ジャパン・ブログ
★「桜 福山市役所」やっふー!ブログ
★「『桜=武士』は明治以降のイメージ」TogetterまとめHP
★「大衆食堂 稲田屋」福山のラーメンHP
★「大衆食堂 稲田屋
(福山市)」日々の出来事ブログ

(関連する記事)
★「420 【お米料理24】福山城は新幹線ホームの目の前」
★「422 【お米料理25】面倒臭いお殿サマと、福山名物『うずみ』」
★「713 【揚げモン24】東日本人は福山の街で妄想する」
★「1218 【お米料理79】コレこそ本当の福山名物『肉めし』」
★「1219 【名物パン106】コレも福山だけの名物『たまごパン』」
★「1633 【カレー焼19】『カレー焼き』を食べに、はるばる福山まで・・」
★「1634 【やきそば176】『福山の焼きそば』と戦国最強のフリーランス」
★「1635 【スイーツ100】『保命酒の花』と戦国最強のフリーランス・・鞆の浦」
★「1956 【スイーツ138】『プリントップ』とウルトラマンエース・・福山」
★「1957 【スイーツ139】変り者の殿様と『ブランデーケーキ』・・福山」
★「1992 【スイーツ144】『柚餅』と感謝する心・・福山」
★「2161 【スナック54】福山で『瀬戸内レモン味ポテチ』を」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(実は水野勝成公こそ、戦国最大・最強の"傾奇者"だったりしますヨ)

発病して以来、ナカナカ帰れぬ福山ですが・・私メにとっちゃ「第三の故郷」と呼んでも良い位に慣れ親しんでる街。またココは珍しい食べ物の多いトコですが、能々考えるに福山っ子のソウルフードと呼べるのは、やっぱり「稲田屋の肉丼」しか有るまいと云う結論に。駅から少し離れた船町アーケードに在る、大正時代創業のレトロ感あふれる大衆食堂で、牛蒡がクタクタになるまで煮込まれた牛丼で、不思議な甘さがクセに成るのヨ。「肉丼」と呼ぶよりも、「どんぶり」とか「肉めし」と頼のが通ですが・・愛想の無い接客がまた良くて、牛モツの関東煮と一緒に貪ると益々美味く感じるから、実に不思議なお店だったりします




| 2017.04.29 Saturday (00:15) | 嫁のふるさと福山市 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.24 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS