きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2822 【粉なモン40】藤咲く伏流水の街で「しぐれ焼き」を・・富士宮 | main | 2824 【今川焼き75】ブロードウェイ築城50年と「コアラのマーチ焼」・・中野 >>
2823 【野菜果物97】八重桜の咲く湧水の村で「名水豆腐」を・・忍野八海

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

晴れてたら正面に富士山が拝めた筈ですが、お天道マの御機嫌ドウにも悪くて・・。ココは富士五湖の最東端で、標高980mと国内の天空の湖「山中湖」。ただ冷たい風が湖面を吹き渡るだけでした

 

昨日ご案内の静岡・富士宮市から、朝霧高原・青木ヶ原樹海を通り抜けて・・富士北麓の山梨・郡内(ぐんない)地方へ参った私メです。甲府盆地の「国中(くになか)」に対する表現で、「ぐんにゃ〜」と訛ったりしますナ。

 

調べてみたらココら辺は三年ぶり。つまり発病してから全く来て無かった訳で、そんなに久し振りだったのを驚いちまう位。拙宅の在る東京から決して遠くなく、元気だった頃はバイクに跨って良く参ってた辺りですヨ。

 

山中湖の西隣りには、清らかな湧泉群「忍野八海」で知られる高原の村「忍野(おしの)」が。富士の雪融け水が二十年()かけて地下深くの岩の中を通り抜け、キレイに濾過され八つの泉として湧き出てます

 

静岡の実家へバイクに乗って帰る時、私ぁ基本的にヒマですンで東名を突っ走る道を選ばず、中央道をカッ飛ばしてこの辺りまで来て、後はトロトロと富士の裾野を走ってくのが多く、河口湖なり山中湖なりで休憩を。

 

その逆パターンも有りましたが、行楽期以外は空いてるコトが多かったモンだから、好んで通ってましたネ。例え裏側だとしても、富士山の美い姿を眺めながら走るのは爽快で、背中を広く感じた様な覚えが・・ネ。

 

富士宮もソウですが、富士山麓の湧水池はニジマスを放しておくトコがく・・巨大なソレが悠々と泳いでますナ。中でも黄金色に輝くアルビノが目立ちますが、こりゃメラニン色素が欠損した突然変異の珍魚です

 

真夜中にココを通り、登山者の持つライトが山頂に向けて光の糸の様に成ってるのを眺めながら走ったり、漆黒の闇の青木ヶ原でお化けが出るかもと怯えたり、サリンテロを起こす前のオウムの施設に迷い出たり!

 

みんな思い出ですナ。お酒と違い、ドクターから禁止を命じられた訳じゃ無いですが、身体が怖がっちまってバイクにマトモに乗られぬ私メ。ソレでも何とか乗りたいと、GWは決死の覚悟で少しだけ遠乗りしましたが。

 

太古の八海は大きな湖だったソウで、その湧水口が泉として残ったのが現在の姿ですが、清涼な水がコンコンと湧き出してるだけに気温は低く、だから?下界じゃトウに散った八重桜がちょうど満開!驚きです

 

と云っても往復五十kmが限界で、元日本一周半ライダーが情けなき有様。東京から富士五湖は片道百kmほど・・まだまだとても無理。身体が治ったら走りに行きたいトコが沢山有って、気が焦っちゃって仕方無い。

 

今回は車に乗せて貰って久し振りに参りましたが、ココは変わった・ココは変わってないと嬉しい様な悲しい様な。連れて来て貰ったコトにゃ感謝すべきですが、やっぱバイクで来たい!早くソウ成りたい私メでした。

 

忍野八海の楽しみは泉巡りだけじゃ無く、至近を流れる「新名庄(しんなしょう)川」沿いのテクテク歩きも。河畔はソメイヨシノが並んで植えられてますが、八重桜より早いだけに流石に新緑に成っちゃってますナ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都中野区中野」への訪問記です★


(参考リンク)
★「富士五湖ぐるっとつながるガイド」富士五湖観光連盟HP
★「海抜1000mの高原リゾート『やまなかこ』」山中湖観光協会HP
★「富士山と富士五湖を楽しむポータルサイト」富士山モールHP
★「富士山と水澄む郷 忍野村」忍野村観光協会HP
★「忍野八海」忍野村観光協会HP
★「忍野八海 富士山の雪解け水が作る澄み切った湧水池」トラベルMAR−KER・HP
★「SAIとGW 忍野のと惜しいの 山梨県:忍野八海」トムぢいのブログ
★「満開の忍野『新名庄川沿いの桜と富士山』冠雪の冨士に映える桜並木」空と海・・繋がる世界HP
★「たくさんいます!サケ科のアルビノさん」リンカちゃん日記ブログ
★「忍野のとうふ」富士五湖観光連盟HP


(関連する記事)
★「192 【麺類色々08】富士吉田の吉田うどん」

★「553 【麺類色々29】富士山の所有者はダレか?」
★「554 【粉なモン08】カレンダー通りの絶景・・富士吉田」
★「574 【団子饅頭21】あの鱒は食べちゃ駄目・・忍野八海」
★「1610 【お肉料理45】『朝鮮焼き』と裏富士の城下町・・都留」
★「1611 【麺類色々115】裏富士と『年越しほうとう』・・富士吉田」
★「2822 【粉なモン40】藤咲く伏流水の街で『しぐれ焼き』を・・富士宮


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(暫く行かぬ内に忍野村の観光地化は進み、今や中国人だらけです)

自分で運転するンじゃ無く、乗せて貰うとホント楽ですが・・問題はお腹がナカナカ減らぬコト・・労働しとらンからナ。加えて昨日ご紹介の富士で食べた「しぐれ焼き」でお腹はスッカリ膨れ上がり、固形物はもぅ要らぬ・・忍野は名水を用いたお豆腐が昔から有名で、昔はココで休憩すると冷やしたソレを買いめ、辛味噌を乗っけてデザート代りに良く食べたのに・・てな訳で、デッドストックに成ってた元気だった頃の画像で御勘弁を。中池の畔の大きな土産物屋サンで今も変わらずに、売ってのを確認して参りましたンでネ。ほんのり甘い豆腐に青唐辛子のリ辛が上手く合わさって・・あぁ思い出す!ツーリングの醍醐味だ




| 2017.05.20 Saturday (00:15) | 山梨には海も無い! | - | - |
スポンサーサイト



| 2018.12.14 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS