きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2851 【調味料類38】出世城で失脚した殿様と「和風みかんドレッシング」・・浜松 | main | 2853 【スイーツ228】梅雨のこもれ陽の径と「幻のクリームパン」・・宮田村 >>
2852 【麺類色々251】りんご並木の遊覧バスと「飯田ラーメン」・・信州飯田

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

信州飯田の旧市街「丘の上」のシンボルは、昭和二十二年(1947)大火で大部分が灰燼と化した後、防火帯として街の真ン中に造ら「りんご並木」。廻りの道路は歩行者優先で、公園みたいに成ってます

 

昨日ご紹介の浜松から、天竜川沿いを遡って南信州の中心地・飯田へ参った私メです。と申しましても、コリャ十日ほど前のお噂。訪ねてから何日かはドンな文章にしようと考えるモンで、時差が生じちゃいますヨ。

 

リアルタイム的にゃ大喜びが昨日有ったンですが、ソレもドウ根多にして良いモノか?ま、遠からず御案内しますンで御待ち戴きたいと思うばかりですが、飯田に参るのは半年ぶり。でも記事にするのは一年ぶり。

 

「りんご並木」にゃ信州名産の林檎が沢山植えられますが、梅雨時の実はまだ小さいモンだから・・上を向いて生ってたりするのネ。やがて膨れて来ると枝が重みに耐え切れず、全て下向きに成るンだとか

 

拙宅の在る都内は勿論、旅先で見聞きしたモノを全てご紹介出来る筈は無く、半分以上は見なかったコトにしてますが、飯田も時々訪ねてるモンで・・今更ナニを根多にすりゃ宜しいのやら。新鮮な驚きを感じぬ。

 

特に今回は移動中の昼食に寄っただけだったのに、チョット食べ過ぎちまったモンで・・腹ごなしに丘の上のりんご並木でボーッとしてたら、音もなく近寄る怪しい物体!いや小さいけどバスですナ。但し窓が無いゾ!

 

雪の無い季節の週末・祭日だけですが、JR飯田駅から最高時速十五kmで丘の上をノンビリと廻ってるのが、僅か十人しか乗れない電動小バス「プッチー」。三十分おき位の運行で、なんと無料だったりします

 

遊園地の「お子さま遊覧バス」風なのに、本物の自動車ナンバーが付いてて・・一体ナンじゃコレは?呆れる位にノンビリと走って来るンで、運転手さんに外から()尋ねると「飯田市が運行してる市街遊覧バス」だと。

 

有難いコトに「乗られます?」との御言葉で、即座に「乗ります乗ります、どうせ暇だから」。直ちに乗り込んで、走れプッチー地の果てまで!勿論コースは決まってて、三十分かけてアッチへ行ったりコッチへ行ったり。

 

小ぶりのワンボックス車ほどのプッチーは、正面以外にガラスは無く・・雨や雪が降ったら透明なビニールカーテンを拡げるンだとか。そして今更漸く気付きましたが、コレって「左ハンドル」・・輸入車だった様です

 

コレが無駄に面白い!確かにノロくて呆れますが、開けっ広げな車体に吹き込む風は心地良く、暑くも無ければ寒くも無い・・実に快適。遊園地じゃ恥ずかしくて乗れぬケド、旅先だとチッとも感じずに背中が拡がる!

 

童心に戻り、思いがけなく楽しんだ丘の上。勝手知ったる街なのに、視点が違うからエラク新鮮・・コレはお噂にしなくては。処が知恵と文才が足りないンで、考えてる内に時間が経っちまいました。ご容赦の程を。

 

プッチーだって時刻表は有るンで、時間調整の為に飯田駅前で小休止。その時に線路ごしに見えてたのは、飯田市民の母なる山「風越山(1535m)」。中央アルプス南端に位置する、信州百名山の一つです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「長野県上伊那郡宮田村」への訪問記です★


(参考リンク)
★「南信州ナビ」飯田観光協会HP
★「南信州飯田市 丘の上のポータルサイト」飯田まちなか情報ブログ
★「【飯田でおすすめの観光スポット10選】2つのアルプスと日本一の星空の眺望!自然美あふれる南信州を堪能」宿らんマガジンHP
★「飯田市街地を横断する、シンボル的存在。」飯田りんご並木HP
★「まちなか紀行 りんご並木」川本喜八郎 人形美術館HP
★「飯田城下を往くリンゴ並木」南信州お散歩日和ブログ
★「電気小型バス『プッチー』を中心市街地にて運行しています!」飯田市役所HP
★「電気小型バス『プッチー』を運行しています!」飯田まちなか情報ブログ

★「飯田市丘のまち プチバス プッチーに乗ろう!」エレキジャック・ブログ
★「上海楼
(ラーメン@飯田市)」信州の美味しいお店ブログ
★「上海楼:飯田市」つれづれや食堂ブログ


(関連する記事)
★「721 【お肉料理16】『おたぐり』と赤穂義士‥信州飯田」
★「722 【野菜果物31】続・堪忍しなのの善光寺‥信州飯田」
★「723 【お肉料理17】三大秘境と『遠山ジンギス』‥信州遠山郷」
★「724 【名物パン51】国盗り合戦と『玄米パン』‥信州遠山郷」
★「1493 【お米料理104】ラウンドアバウトと『はぶたえ寿司』・・信州飯田」
★「2149 【団子饅頭66】花桃咲く温泉地で『赤飯饅頭』を・・阿智村」
★「2218 【団子饅頭68】遥かなる太平洋と『玄米パン』・・信州遠山郷」
★「2219 【名物パン253】文七元結と痩せ我慢と『牛乳パン』と・・信州飯田」

★「2223 【お米料理183】断念するツーリングと『御幣餅』・・信州新野」
★「2550 【名物パン301】ラウンドアバウトと『あげパン』・・信州飯田」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(パワステが付いて無いンで、プッチーは意外と運転し辛いソウです)

全国ドコにでも「ご当地ラーメン」って在りますが、南信州・飯田にも半世紀以上も前から続く「飯田ラーメン」が!その特徴は柔らかくてモチモチする麺と、アッサリした鶏ガラ醤油スープだソウですが、その元祖にして何時でも行列の大繁盛店が、りんご並木近くの「上海楼」さん。一見の観光客が入り込む余地が無い位に地元客が一杯で、フツーでも量の多い柔らか麺をセッセと啜ってますナ。春先から食欲が戻って体重増加促進キャンペーン中の私メなんで、止せばイイのに大盛りを頼んで・・食べ切ったけど、腹が膨れてあぁ大変!だもんでりんご並木で寛いでたら、プッチーが偶々通り掛かったと云う顛末だったりします




| 2017.06.22 Thursday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.24 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS