きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2901 【お鍋料理28】魚市場で食べる「太刀魚チゲ」・・釜山・南浦洞 | main | 2903 【お米料理279】残暑の井の頭池と「スタミナ野郎丼・みそ焼き」・・吉祥寺 >>
2902 【麺類色々260】天空の芸術村と「赤いチャンポン」・・釜山・甘川洞

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

釜山での講談の会場と成ったのは、広々としたキャンバスを構える国立「釜慶(プギョン)大学校」の講堂。日本文化を学ぶ学生諸君を主体に勢さまにお集り戴き、我ながら実に楽しく充実した口演が出来ましたネ。機会が有れば又ココに参りたい・・そんな風に思えた高座でしたヨ

 

釜慶大の教授先生方に御歓待戴いた一夜も明け、いよいよ韓国での最終日。ソウルは生憎の雨降り続きでしたが、釜山はホント良いお天で・・空港に向かう前に素敵なトコへ参りたいモノですナ。釜山港下ろす「天馬山(326m)」からの眺めは見事だソウで、ならばソコへ

 

と云っても・・帰国当日に登山してる余裕は無く、ソウルから同行して呉れた国際交流基金のS兄貴のご案内で、天馬山中腹の眺めの良い辺りへタクシーで連れてって貰っただけナンですが。釜山の旧市街は狭谷の間に建物がギッシリ隙間なく連なり、確かにスゴイ風景でした

 

帰国する為の大荷物を持って山ン中に行ったモノだから、あぁ暑い・・喉が渇く。てな訳で市街地を見下ろすお洒落なカフェで、「アイスコッピ(日本のアイスコーヒーだけど、エラク薄い)を。雲一つない快晴で、気はミルミル急上昇!コレにゃ堪えられず、荷物はココに預けるコトに

 

天馬山の中腹もギッシリと家屋が連なってますが、ソレは眺望を求めた富裕層がお屋敷を構えてる訳じゃ無く、朝鮮戦争で釜山へ逃げて来た避難民が住み着いたスラムだった場所。当時より随分改善された聞きますが、決して良い住環境と言えませんナ。まさか、そんな歴史が

 

昭和二十五年(1950)、北朝鮮の電撃侵攻で始まったのが朝鮮戦争ソウルは忽ち陥落して半島ほぼ全てが一時占領され、大勢の避難民政府と共に釜山に逃げ込んだソウです。平らなトコの少ない釜山から、小さな家が山肌にギッシリ・・「釜山のマチュピチュ」と呼ぶとか

 

そんな避難民の街が最近注目されてるソウで、S兄貴のご案内で向ったのが「甘川洞(カムチョンドン)文化村」。ゴチャゴチャした風景を逆手に取り、ソレを鮮やかなアートで彩る事で観光地化した面白いトコ。不思議なオブジェが方々に置いて有り、ソレを探して歩くのが人気だとか

 

甘川洞を散策してからカフェに戻ってみると、港から湧き出した猛烈な霧が、旧市街地をドンドン呑み込んで行く!気温と水温との差が大きい時に発生する海霧で、釜山じゃ珍しくない風景だとか。馬山からの眺めが見事と云うのは、きっとこのコトでしょうネ・・自然って凄い!

 

こうして韓国一週間の旅を終え、懐かしき日本に向けて大空へ。発してから駄目なコト続出の我が心神が、例えお隣りとは云え外国講談口演に堪えられるのか?出発前は心配ばかりでたが、大勢の方のサポートのお蔭で破綻するコト無く、ナンとか大団円を迎えられたのは只々有難いと思うばかり。機会が有ればまた参りたいナと、安定剤が十分に効いて些かボーっと雲海を眺めつつ、ソウ思った私メです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都武蔵野市吉祥寺」への訪問記です★


(参考リンク)
★「Imagine your Korea」韓国観光公社HP

★「Dynamic BUSAN」釜山広域市公式HP
★「韓国釜山旅行ガイド」PUSAN navi HP

★「外国人留学生誘致・管理優秀大学」国立釜慶大学校HP
★「韓日友好親善のメッセンジャー」釜山韓日文化交流協会HP

★「釜山港を一望できる天馬山 その1」ホットな釜山ブログ
★「甘川洞文化村/カムチョンドンムナマウル」PESAN navi HP
★「韓国のマチュピチュ!?釜山の甘川洞文化村に行ってみた」世界新聞HP
★「朝鮮戦争の難民がつくった町に世界中が注目 町おこしに成功した釜山・甘川洞文化村を歩く」JB PRESS HP
★「釜山は海霧の都市」福岡発コリアフリークなBlog
★「金海国際空港
(釜山)」韓国旅行コネストHP

★「チャンポン」韓国旅行コネストHP
★「釜山旅行20〜空港のチャンポンに完敗して帰国」韓国飲みある記ブログ


(関連する記事)
★「2873 海峡を見事越えるか張り扇!『韓国で講談』口演」

★「2887 【お肉料理105】講談ソウル初口演と『豚のポッサム』・・ソウル駅」

★「2900 【お鍋料理27】韓国新幹線KTXと『純豆腐チゲ』・・釜山駅」

★「2901 【お鍋料理28】魚市場で食べる『太刀魚チゲ』・・釜山・南浦洞」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(こんなにスゴイ海霧の出る街って、日本国内じゃ思い浮かびません)

韓国最終日の昼食は、釜山・金海(キメ)空港の国際線ターミナル内フードコートで「赤いチャンポン(豚肉と海物入り)」と云う謎のメニューを頼んでみましたヨ。日本の長崎風のが出て来る筈は無く、もちろんココは韓国だから真っ赤な唐辛子スープな訳ですが、別の麺類と考えて食べるとコレが結構イケる!韓国のチャンポンも昔は日本風の白いスープだったらしいですが、試しに赤い辛いスープにしたら大当たりしたソウで・・味覚の根本中枢が私メらと違うンでしょうナ。尤も私ぁコッチの辛さは嫌いじゃ無いンで(タイ風のはダメですが)アッサリ食し終えました




| 2017.08.24 Thursday (00:15) | 近くて遠い国・韓国 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.18 Tuesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS