きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2908 2017年08月の目次 | main | 2910 【麺類色々261】高原の寒天工場で「きのこ寒天麺」を・・伊那市 >>
2909 【やきそば320】残暑の高原で「豚ローメン」を・・駒ヶ根

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

駒ヶ根市を訪ねる様に成って四半世紀ほど経ちますが、あの頃ピカカだった街中のSC「ベルシャイン」は多少寂れたモノの、展望台からの南アルプスの眺望は変わりませんナ。もちろん晴れてたらですケド

 

八月も下旬に入って漸く夏っぽく成った都内を脱出し、南信州・伊那谷のほぼ真ん中に在る駒ヶ根市へ参った私メです。ココ数年、この時期に成ると決まって訪ねてますが、今夏は些か予想が外れちゃいましたネ。

 

例年だと・・残暑厳しい都会で草臥れた心神と身体を、標高八百mの風涼しい高原で癒したいと気取るのに、今年の東京はドウにも暑く無く・・彼辺此辺に成っちまった様な。ま、想定通り行かないのが予定ですが。

 

中央アルプスの主峰「木曽駒ヶ岳(2956m)」の麓に拡がる駒ヶ根高原の中心は、地元JA運営の観光施設「駒ヶ根ファームス」。野菜直売所や地ビール工場が在ったりするンで、取り敢えずココへ参りましょ

 

今夏の駒ヶ根はいつも通りに暑かったらしく、コレだったら避暑地ならぬ「避寒地」としてもっと早く訪ねれば良かった気もしますが、幾らナンでもココまで滅茶苦茶な気候に成るとは、御釈迦サマでも気付かない筈。

 

ましてや私メみたいな芸人風情に判ろう訳も無く、仕方無ぇやと諦めるよほか有りませんが、高原の季節の巡りは順当で・・秋がチャンと来てるらしく、昼間はともかく朝夕の寒いコト。野山は秋の虫の合唱大会!

 

ファームスで最初にするのは、地元産牛乳だけで造ったソトクリーを舐めるコト。濃厚なのにサッパリ、ソレで居て安い!プレーン以外にが有り、今回は桃味のをペロペロと。さてナニして過ごしましょうか

 

前回ココに来たのは梅雨入り頃でしたが、ソレから二ヶ月ほどの間に随アチコチへ参りましたナ。拙宅の在る都内を歩き廻わったのは勿論、く陽光を求め灼熱の上方へ向ったり、実家の在る静岡へ帰ったり。

 

挙げ句の果てにゃ海峡を飛び越えて、戦後初の講談口演の為に韓国まで遠征したり。ソリャもっとワールドワイドに動き廻ってる方からすればお笑い草でしょうが、発病してからコレほど移動した夏は無いですヨ。

 

流石に三千m級の高峰と成りますと・・お山の天気はホント気紛れで、「駒ヶ池」の畔からは晴れてるのに木曽駒が見えたり見えなかったり。夏は稜線に雲が湧き易い季節で、仕方無いっちゃ仕方無いンですが

 

ソレは万全じゃ無いけれど、確実に回復してるから。いや回復てるだから。コレまで止められてたコトや、半ば諦めてたコトが俄然できるに成り、戸惑いと不安を抱えつつも一つずつフツーに戻って行った夏。

 

けれどソリャ無理を超える無茶をした結果で、到達感は大いに得られたモノの疲労感は大変で・・ネ。だから大好きなこの高原で、ホンのひと時でもノンビリしたいですナ。こうして今回の伊那谷の旅が始まるのです。

 

駒ヶ根と云えば「ソースかつ丼」が売りですが、観光客相手のお高いトコばかりに成っちゃって・・昔はソウじゃ無かったのに。だもんで地元客しか行かない広域農道沿いの「ペリカン」さんへ。ココは知る人ぞ知る大盛りの殿堂で、当り前の店じゃ大盛り級のコレが普通のサイズ。更にスゴイ大盛りが別に有りますが、今の私メじゃ食べ切れませんヨ。飯が毎度ベシャベシャなのが難点ですが、お値段はリーズナブルです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「長野県伊那市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「信州駒ヶ根ガイド」駒ヶ根観光協会HP
★「BLUE SKY in KOMAGANE」駒ヶ根の青い空HP
★「信州伊那谷観光情報」上伊那観光連盟HP
★「避暑地『駒ヶ根高原』」駒ヶ根高原リゾートリンクスHP
★「Bell Shine ベルシャイン」ニシザワHP
★「駒ヶ根ファームス」JA上伊那HP
★「信州駒ヶ根高原すずらんハウス」すずらんHP

★「すずらん牛乳100%『すずらんソフトクリーム』」さわやか信州 旅ブログ
★「駒ヶ池から中央アルプスを望む」駒ヶ根市役所HP
★「駒ヶ池(長野県駒ヶ根)」水辺遍路ブログ
★「ペリカン駒ヶ根店」上伊那ドットネットHP
★「ボリューム満点!上伊那もりもりグルメゥ撻螢ン」い〜な上伊那ブログ
★「Cafe’rest PELICAN
(洋食、カフェ@駒ヶ根市)」信州の美味しいお店HP

(関連する記事)
★「747 【お米料理50】早太郎と『ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「1494 【名物パン142】暴れ川と駒ケ根にも有った『信州の牛乳パン』」
★「1852 【名物パン203】『牛乳パン』と降格した村・・信州宮田」
★「1853 【保存食品48】『凍りもち』とアルプスの黄昏・・駒ケ根」
★「2150 【お米料理173】蒼く美しき木曽駒と『巨大ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「2151 【団子饅頭67】まだ咲いてた桜と『天ぷら饅頭』・・駒ヶ根」
★「2152 【スイーツ158】リンゴの花と清流と『ドーナッツ工場』・・宮田村」
★「2220 【野菜果物76】今年も『下剤』でジャム作り!2015・・駒ヶ根」
★「2221 【スイーツ166】『板飴』舐めて、高原で命の洗濯を・・駒ヶ根」
★「2222 【スイーツ167】涼しげな『こもれ陽の径』とドーナツ工場・・宮田村」
★「2522 【野菜果物87】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2016・・駒ヶ根」
★「2523 【スナック63】高原の迷子石と『ツルヤのポテチ』・・駒ヶ根」
★「2524 【スイーツ198】木立の中の清流と『焼きドーナッツ』・・宮田村」
★「2577 【スイーツ206】駒ヶ根高原で川遊びと『ピーチソフト』を」
★「2578 【スナック67】爽風の駒ヶ根高原で『ブルーベリーポテチ』を」
★「2579 【スイーツ207】こもれ陽の径で夏も『ドーナッツ工場』へ・・宮田村」
★「2617 【スイーツ213】油水騒ぎの駒ヶ根で『しっとりビスケットサンド』を」
★「2669 【お米料理247】絶景の池畔で『馬肉の丼』を・・信州飯島」
★「2670 【やきそば289】山寺の燃える秋と『塩味のローメン』・・駒ヶ根」
★「2671 【スイーツ219】紅葉の高原リゾートと『超濃厚スイスロール』・・駒ヶ根」
★「2853 【スイーツ228】梅雨のこもれ陽の径と『幻のクリームパン』・・宮田村」
★「2854 【野菜果物98】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2017・・駒ヶ根」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(ペリカンさんは「駒ヶ根ソースかつ丼会」に未加入、だから安いのネ)

ペリカンさんにゃメニューが多過ぎて、しかも全てが大盛りだったりするから弱っちゃうンですが、お奨めはソースかつ丼じゃ無く「焼きそば」と「焼肉丼」だったりしますヨ。ならばと焼きそばを頼んでみましたら、軽く二人前くらいな規模のが・・この上に大盛り・特盛り・ダブルサイズまで有るンですがネ。しかも当り前の焼きそばじゃ無く、コレって豚肉(他のメニューとの使い廻し?)を使ったローメンですナ。ローメンは伊那谷北部の名物で、専ら羊肉(マトン)を少し硬い太麺と一緒に炒めたモノとされてますが、お店ごとに汁気が多かったり少なかったり味付けが違ったりと千差万別。ペリカンさんはウスター主体で、味が足りなかった掛けて呉れと別瓶までセットされてましたナ(私メ的にはこのママで充濃かったですが)。完全に身体が治ったら、ダブルに挑みたいです




| 2017.09.01 Friday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.13 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS