きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2910 【麺類色々261】高原の寒天工場で「きのこ寒天麺」を・・伊那市 | main | 2912 【スイーツ234】執念深き上皇陛下と「餅入りみそ最中」・・信州遠山郷 >>
2911 【団子饅頭110】信州人最期の意地と「高遠まん頭」

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

十年ほど前に伊那市に吸収された「高遠(たかとお)」は、内藤家三万三千石の小さな城下町。四百数十年前にココで壮絶な玉砕戦が行われたとは信じ難に、穏やかな空気の流れるノンビリとしたトコです

 

南信州の伊那谷を旅する私メです。南アルプスと中央アルプスに挟また伊那谷にゃ前座だった頃から度々参ってますが、専ら訪ねるのは駒ヶ根市や近隣ばかりで、ソレ以外の街は通り掛かりに寄る位ですナ。

 

ですが今回は敢えて遠乗りし、北部の「高遠」と云う城下町へ参りましたヨ。諏訪湖に源を発して太平洋に注ぐ天竜川沿いの伊那谷じゃ、江戸時に二つしか無かったソレの片っ方ですナ。もう一つは南部の飯田市。

 

高遠城は「桜の日本三大名所」と称する位で、本丸跡はサクラくら桜の木だらけ。花咲く頃は観光客が大勢押し寄せて雑踏すると聞きます、ココに織田の大軍が押し寄せたのは天正十年(1582)のコトです

 

ココの大名・内藤家の江戸屋敷跡が、日本一の大繁華街・新宿だったしますが・・もともと高遠藩主だった訳じゃ無く、幕府の命令で所か移って来た家。戦国時代は隣国・甲斐(山梨県)の武田信玄の勢力下。

 

若き日の徳川家康公を蹴散らして戦国最強を誇った武田勢ですが、大黒柱の信玄の病没後はボロボロで・・跡継ぎの勝頼公にゃ従わず、離反・裏切りのオンパレード!ま、甲州人なんて昔からそんなモンでしょ。

 

高遠城は明治初年の廃藩で全くの荒地と化したと聞きますが、ソレ身かねた旧藩士はセッセと桜を植え、昭和十一年(1936)には天守の様に堂々とした旧集会所「高遠閣」まで建ててますヨ。守ってますナ

 

処が信州人・・特に高遠城は裏切らなかった!ま、勝頼公がココの領主から武田宗家を継いでるンで、出身母体として尚更律義だったとも思ますが、武田家を滅ぼさんと織田信長公が遣わしたのは三万の大軍。

 

守る城方は僅かに三千人で、例え要害だろうと十倍の敵に囲まれドウにも成りませんヨ。僅か一日で攻め落とされてますが、高遠の将兵はその殆どが敗死した・・壮絶な玉砕戦。でもタダ負けただけじゃ無い。

 

戦国初期の城下町に良く有る様に、ココも高台のお城と麓に拡がる町家とが些か離れてますナ。中心街の「ご城下通り」は全て建て替えかの様に、ピカピカの白壁が並んでて・・こんなトコだったかしらん?

 

攻めた織田方も千五百人ほど討ち死にしたと聞きますンで、ソレなりの意地を見せた様ですナ。コレが武田方最後の反撃で、甲州人はドンドン逃げを打ち、高遠落城の十日後に武田家は滅亡に追い込まれてます。

 

私ぁ訳有って白馬村で成人式をしましたンで、信州を身贔屓するコトく、だからこそ誇りを示した高遠にゃ感服する限り。残暑の風に爽や揺れる葉桜ですが、いつかは咲き誇る時に来たいと思うばかりですヨ。

 

歴史の有る城下町に相応しく、高遠にも立派なお寺が幾つも在りますが、コチラは武田勝頼公がその実母(通称:諏訪御寮人)を葬った「大宝山建福寺」さん。その後の高遠藩主の菩提寺にも成ってますが、武田家宗家最後の当主として悲劇の最期を遂げた勝頼公も、本来ならば分家の跡継ぎとして高遠で穏やかな生涯を送り、建福寺さんに葬られてたかも。もちろん歴史に「イフ」は禁物ですが、ふと考えちまいますナ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「長野県飯田市遠山郷」への訪問記です★


(参考リンク)
★「おいでな伊那」伊那市観光協会HP
★「信州伊那谷観光情報」上伊那観光連盟HP
★「なつかしい未来」イーナ・ムービーズHP
★「伊那市高遠町」日本で最も美しい村連合HP
★「長野県伊那市より 高遠城址公園ガイド」高遠城址公園HP
★「高遠城
(信濃国・長野県伊那市)」御城学のお城を学ぼうブログ
★「高遠城址公園の桜」信州の旅.com HP

★「武田勝頼(諏訪勝頼) 〜天目山の戦いに玉砕し、武田家滅亡へ」ibisの備忘録 戦国武将大全ブログ
★「滅びゆく勝頼の唯一の味方・高遠城の仁科盛信」今日は何の日?徒然日記ブログ
★「高遠城 武田の意地を示した仁科盛信玉砕の地
(長野県)」ここで歴史が動いた!日本の歴史スポット探訪ブログ
★「歴史の街『高遠』探訪 〜武田家と保科家が並ぶ建福寺〜」い〜な上伊那ブログ
★「高遠城址まん頭」芝桜菓子庵 千登勢HP
★「まんじゅうこわい?高遠まん頭大集合!」い〜な上伊那ブログ


(関連する記事)
★「748 【やきそば40】伊那市の名物『ローメン』」

★「1086 【名物パン84】心頭滅却して『お祝パン』を食う‥塩山」

★「1495 【やきそば153】ドッチが出て来る?伊那の『ローメン』」
★「1496 【保存食品36】『かんてんぱぱ』と『粉豆腐』・・伊那市」

★「1726 【お魚料理90】東三河名物『いわし玉』と長篠の合戦・・新城」

★「1829 【スイーツ123】武田家滅亡の地と『信玄飴』・・甲州市」

★「1851 【保存食品47】「かんてんぱぱ」と信州『平』問題・・伊那市」
★「2909 【やきそば320】残暑の高原で『豚ローメン』を・・駒ヶ根」

★「2910 【麺類色々261】高原の寒天工場で『きのこ寒天麺』を・・伊那市

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(もちろん高遠城を攻めた側にも、信州人は大勢居た訳ですが・・ネ)

高遠の名物と云えば・・ココが発祥とされる「信州蕎麦」と、数百年の歴史を誇る「高遠まん頭」ですナ。何軒もの菓子屋さんが城下町に在りまして、その何れでも桜の焼印が押された薄皮まんじゅう的なモノを出てますが、今は昭和三年(1928)創業の千登勢さんのを買って参ました。今と成ってはありふれた感じの味ですが(失礼)、数百年前かコウだったと云うから・・画期的なモノだった筈。疲れた体に嬉しいです




| 2017.09.03 Sunday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.16 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS