きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2938 【麺類色々263】残暑の晩も賑わう大阪駅と「冷だしそば」 | main | 2940 【スイーツ244】ノーベル賞を待つ京大・吉田キャンバスで「ばんざいパフェ」を >>
2939 【やきそば323】秋雨降る上賀茂で「キムチ焼きそば」を

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

「正遷宮(しょうせんぐう、神様のお引越し)」は一昨年に無事終わったに、全体としては来年三月まで続く「上賀茂神社の式年遷宮」。屋根を葺き替えてる御本殿前の楼門も、今月末にゃ再び姿を現すンだとか

 

本文に入る前にナンですが、昨夜のお月さまはキレイでしたナ。靖国神社サマで先日戴いた御饌の月餅を頬張りつつ、夜半に成って雲間から姿を現した「中秋の名月」を眺めましたが、風が涼しい・・いや寒いコト。

 

拙宅の在る都内も昨日から本格的な秋らしく、コレからは風邪を引かぬ様に暖かな格好をせねば。そして太らねば・・昨冬は体脂肪率五%まで落ち込んで、些細でも体調不良に陥ると死の恐怖を覚えてましたから。

 

山城国一ノ宮・京都総鎮守「上賀茂神社」でも昨晩は、広い境内に篝火を焚いて観月祭が行われたとか・・参りたかったですナ。そんな境内を流れる「御手洗川」で、懸命に詣でた後の一休み。心が洗われます

 

ソレはさて置きお噂は、残暑の厳しかった先月中旬の京都。堀川通を走る市バスはグングン北へ上り、やがて賀茂川に突き当たる御園橋まで着いた時は激しい雨降り。九月は長雨の時期だから仕方無いですナ。

 

忽ちの内に身体はビショ濡れで、境内直行バスに乗らなかったコトを後悔しましたが、橋を渡って辿り着いたのは・・京都に一体幾つ在るのか判らぬ神社の中で、下鴨サマと並んで最も格上の「上賀茂神社」サマ。

 

御手洗川は賀茂川の分水で、御本殿付近からは「ならの小川」と名前を変えて境内を流れて行きますが、ホント清らか・・雨上りでぬかるで無ければ、ノンビリ水遊び・・いや潔斎したい位。でも風邪を引きそう

 

初秋の京都の天気はホント気紛れで、ナンでこん日に盆地の北のどん突きへ来たかと云えば、病気平癒を度々願ってる上賀茂サマへ経のご報告と、汀に迫ってる筈の寛解が一日も早く来る様に願いたい為。

 

拙宅の在る都内の神社じゃ無く、西に五百kmも離れた京都で祈のもヘンな話ですが、元々好きなお社だったコトも有り・・ソレで始めちまったンだから、もはや理屈じゃ無い!で、寛解出来たら伊勢神宮へ御礼に。

 

ならの小川は境内を出ると「明神川」と名を改め、その一部が伝統建造物群保存地区「社家町」を流れますが、ドウしたコトか?川が途絶えて底が見えてる・・。何度も歩いてるトコですが、こんなの初めてです

 

全く御都合主義の権威崇拝で、神道オールスターに縋ってまが、お見守り戴いてると思えばこそ頑張って来れた訳で、この際終いまで突き進むしか有るまい。もちろん尊い仏サマや、マリア様にも祈ってますが。

 

半年ぶりの上賀茂サマ。詣でてる内に雨も上がり、濡れた身体をめるにゃ歩くが上吉と界隈をブラつきましたが、低く垂れ込めてる雲と相まって・・恐ろしく神秘的。神サマは居らっしゃる、そんな気がした私メです。

 

上賀茂の社家町から東へ二十分ほど歩くと、十数万年前の氷河時に形成された湿原地「深泥池(みぞろがいけ)」に出ますヨ。歌舞伎や説教節で知られる「小栗判官」物語の発端、判官と恋に落ちた美女・・実は大蛇が住んで居たのが、この池だとされてるソウです。成るほどネ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市左京区吉田」への訪問記です★


(参考リンク)

★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「世界遺産 上賀茂神社」賀茂別雷神社HP
★「上賀茂神社」京都おもしろスポットHP
★「京都市情報館 御薗橋」京都市役所HP
★「賀茂別雷神社本殿、権殿」閑古鳥旅行社HP
★「賀茂別雷神社 第四十二回 式年遷宮」賀茂別雷神社HP
★「珍しい京都の新神事 上賀茂神社の加茂観月祭で月見を楽しむ」京都あかり屋HP
★「上賀茂神社内の川」水とのふれあい 親水紀行HP
★「CLOSE UP 上賀茂神社 ならの小川・渉渓園」ローム歳時記HP
★「京都府京都市上賀茂
(社家町)」日本のまちなみを歩こうブログ
★「深泥池
(京都市北区)」京都風光HP
★「小栗判官 絶世の美女は大蛇・・中世からの心霊スポット"深泥池"」産経WEST HP
★「日本を美味しく 餃子の王将」王将フードサービスHP
★「キムチ焼きそば 〜餃子の王将〜」三重に住むのんびり家族のブログ
(参考までに)

(関連する記事)
★「792 【名物パン57】地名連称の老舗と名物パン『カルネ』‥出町柳」
★「793 【京都上ル下ル14】世界遺産と『ざるそば』『ざるうどん』」
★「988 【京都上ル下ル19】上賀茂神社と『黒蜜掛けのところてん』」
★「2259 【団子饅頭69】天高く空蒼き上賀茂神社で『やきもち』を」
★「2260 【団子饅頭70】世界遺産の森と『元祖みたらし団子』・・下鴨神社」
★「2286 【団子饅頭72】今日も元気な商店街で『ふたばの豆餅』を・・出町柳」
★「2287 【お米料理192】深泥池と『京都の三角いなり寿司』」
★「2451 【保存食品63】霊験鮮かな上賀茂神社で『すぐき漬』を」
★「2466 【団子饅頭77】日本最古の茶店で『あぶり餅』を・・今宮神社」
★「2504 【今川焼き49】新緑の糺の森で『コーヒー屋の鯛焼き』を・・下鴨」

★「2536 【保存食品65】風狂の一休禅師と『大徳寺納豆』・・紫野」
★「2537 【スイーツ199】風そよぐ上賀茂神社と『六月祓の水無月』」

★「2603 【スイーツ211】清水流れる上賀茂神社で『したたり』を」
★「2635 【揚げモン68】京都の一番『上ル』と『組み合わせの9定食』・・上賀茂神社」
★「2794 【団子饅頭104】桜咲く糺の森と『京都の追分団子』・・下鴨」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(年内にもう一度くらい詣でたいのですが、何しろ遠過ぎるから・・ネ)

京都発祥の食べ物屋チェーンで、全国で一番メジャーなのはやっぱり「餃子の王将」。四条大宮に一号店が今でも在り、京都市内じゃアチコチで支店を見ますが、上賀茂の御薗橋のソバにもソレが在り、深泥池からの帰りに寄ってみましたヨ。と云うのは・・王将は店ごとにメニューが大きく違ってて、四条大宮の店先にお勧めとして張り出されてた「キムチ焼きそば」がココにも有ったから。ソースの代りにキムチのタレで炒めたモノとしか言い様が有りませんが、多少歩いても余り暖まらぬ濡れネズミの身体を、内側から暖めて呉れましたネ。ですが京都市内の他の店にゃコレはドウも無い様で、王将のナゾは深まるばかりです




| 2017.10.05 Thursday (00:15) | 京都上ル下ル・洛北 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.16 Wednesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS