きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 287 【野菜果物08】片道180辧Α新潟県までハッカ茶を買いに | main | 289 【野菜果物09】嗚呼、パッションを鱈腹食べたい・・ >>
288 【調味料類03】麺どろぼうは中々の泥棒だゼ!

      
アサムラサキ「麺どろぼう」。他に「肉どろぼう」と云う泥棒仲間が居る

自分でも決してマトモじゃ無いと自覚してますが、私メの最大の趣味は「地方のスーパー巡り」と言っても過言じゃございませんゼ。また運の悪いコトに嫁サンも同趣味でございまして、夫婦揃って楽しンでマスから始末が悪い。

しかも地方独自の地元資本スーパーが好きでして、旅に出ますとアチコチに入場無料の遊園地が点在してる様なモンですから、全く興味は尽きません。そして県境・旧国境ごとに、商品の傾向が変わったりするから飽きません。

現地に行かなきゃ一生出逢わなかっただろう、(私メからすれば)面白いモンに満ち溢れてます。例えば東京の醤油は「紫(=濃口醤油)」一本槍ですが、コレも地域毎に色が濃かったり薄かったり、味が塩っぱかったり甘かったり。

当然麺つゆも、出汁の違い迄加わって千差万別多種多様!さて嫁サンの実家は広島・福山市ですが、アソコは広島市より隣県の岡山市の方が近く、元は同じ吉備国だからなのか?県境を気にせず独自の都市圏を築いてます。


茹でたうどん・大根と茗荷の千切りを、麺どろぼうに襲わせてみました。

そんな福山都市圏を代表する食品会社の一社に、宮内庁御用達の看板を掲げる「アサムラサキ」と云う醤油屋がございます。最近は「かき醤油」が全国的に売り出されてますンで、御存知の方も居らっしゃるかも知れません。

不思議な会社で、商品によって本社住所が県境を行ったり来たり・・。調べてみると本社所在地は広島・福山市、本社オフィスは岡山・笠岡市・・ハテ?。ソレは兎も角、嫁サンが先日帰省したついでにアサ社の泥棒を連れて来た。

ソレは「麺どろぼう」と云う麺つゆ。瀬戸内らしくイリコ出汁かと思いきや、昆布やら鰹やら椎茸やら色んな出汁が混ざりまして、中々に美味いンですが凄いネーミングですナ。もう四十年近く売られてるソウですが、どろぼうって。

嫁サンの推理では「岡山名物ママカリの語源と似た様な感じで、美味過ぎて余所から麺を泥棒してまで食べたく成る、と云う意味では?」だソウですが、果たして発売開始以来、コレの為に実際に泥棒した人は居たのでしょうか。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「鯉風が何よりも好き」と言い放つ、ある果物のお噂です★

(参考リンク)
★「料理の美味しさを一層引き立てる」アサムラサキHP
https://www.asamurasaki.co.jp/
★「味わいコミュニケーション」ビミサンのテンヨ武田HP
http://www.tenyo-takeda.co.jp/

(福山にはもう一つ、玉子がけ御飯用醤油で有名な「寺岡家」も在りますなぁ)

      
私ぁコッチの方が慣れてンですが・・。甲信越静で売られる「ビミサン」




| 2010.08.16 Monday (08:08) | えぇじゃろ広島備後 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.11.23 Saturday (08:08) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS