きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2948 【お魚料理109】再びの竹島上陸と東三河名物「いわし玉」・・蒲郡 | main | 2950 【お米料理286】闇夜に輝く五重塔と「メガオムライス」・・奈良市 >>
2949 【お米料理285】黄昏の二月堂と「BFPのエアーズロック」・・奈良市

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

京都や大阪ほどじゃ無いですが、奈良のシンボル「東大寺(金光明四天王護国之寺)」も外国人観光客だらけ。境内最大の木造建築「金(大仏殿)」は宝永六年(1709)の再建ですが、国宝に指定されてます

 

深まる秋を求め、千三百年の古都・奈良へ参った私メです。もちろん東京にも秋は来てますが、「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」と申すじゃ無いですか。明治二十八年(1895)秋に正岡子規翁が、奈良で詠んだ句。

 

と云っても今回は柿も柿の葉寿司も食べませんでしたが、「秋の夕暮れは奈良がイイ」てな思い込みがメにゃ有りまして、大和盆地の黄昏を眺めたいナと参った奈良の街。で参ったのは華厳宗大本山「東大寺」。

 

若草山(画像奥、342m)の麓に拡がる「春日野園地」は、木立の多い奈良公園の中じゃ一番広い大空の望めるトコですが、黄昏時はご覧通りに鹿だらけ!エラク人に馴れてる御神鹿さま方で、物怖じしませんヨ

 

御存じ「奈良の大仏さん」の在る大寺院ですが、同じ奈良敢えてコチラへ参ったのは「翁が聞いた鐘音は、実は東大寺だった」と聞いたから。あの句を読んだ前年、従軍記者として日清戦争に行った子規翁。

 

処が結核を発症し、軍医総監・森鴎外センセの診察で直ちに帰国して入院・療養の後、故郷の四国・松山へ帰りますと、ソコで教員をしてたのが親友の夏目漱石センセ。ならばとその下宿に居候を決め込みますゼ。

 

奈良公園だけでも五百haを超すと聞きますが、周囲の東大寺や興福寺・春日大社まで含めると、ドレほどか想像の付かぬ森が拡がってますナ。黄昏時は観光客が少なく、鹿も少ないンでノンビリ歩き廻れます

 

故郷は有難きかナ。程なく体調は安定し、安心した子規翁は改めて上京致しますが、その際に奈良に立ち寄ったと翁の随筆に書かれてるとか。但し巡り歩いたのは法隆寺じゃ無く、東大寺さんの方だったらしい。

 

元より柿が大好物の子規翁で、奈良でも季節だからと沢山食べた様ですが、ソレを頬張ってる時に宿屋近くの東大寺さんから「初夜の鐘(そやのかね、日が暮れて最初に突かれる鐘)」がゴーンと鳴ったソウですヨ。

 

旧暦二月に行われる「修二会(お水取り)」で有名な「二月堂」は、広い東大寺の一番奥の高台(上院)に在る国宝建築。私ぁお水取りを堂内から見せて貰ったコトが有りますが、回廊を走る大松明が幻想的でした

 

ソコで翁は「長き夜や初夜の鐘撞く東大寺」と発句しますが、翌日ナゼか直してしまったとか。実際に法隆寺へ参ったか、ドウして改句したか全く不明。大体が当時は、余り評価されたモノじゃ無かった様ですし。

 

二月堂の舞台で知恵を絞れども、私メ如き凡才に判ろう筈も無い。せめて柿の実が有ればと思えども、ソウは都合良く参らンね。やがて響初夜の鐘の音は美しく、尚更「ナゼ変えた?」と疑問を抱く私メでした。

 

二月堂の舞台から眺めれば、黄昏の大和盆地が御覧の様に・・近くに見える大屋根は東大寺大仏殿、遠くに見えるのは生駒山ですかネ。少し雲が多くて残念でしたが、だからこそ私メのコンデジ如きでも撮影出来た黄昏で、思わず「大和は国のまほろば」と詠いたく成る絶景でした

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日も「奈良県奈良市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「NARA Travelers Guide」奈良市観光協会HP
★「奈良観光ナビ」奈良観光ガイドHP
★「奈良のオススメ観光スポット35選!歴史情緒が溢れます!」skyticket HP
★「奈良公園クイックガイド」奈良県庁HP
★「春日野園地・浮雲園地−桜や紅葉も美しい奈良公園最大の『広場』」奈良まちあるき風景紀行ブログ
★「華厳宗大本山 東大寺」東大寺寺務所HP
★「東大寺大仏殿のみどころ 世界最大の木造建築」Japantemple.com 〜いにしえの日本を思う寺社巡りブログ

★「これぞ名所!東大寺二月堂がとにかく美しすぎる件」MasayanのEmotion Inmotionブログ
★「俳人列伝・正岡子規」日本俳句研究会HP
★「殿堂入りリスト・正岡子規」野球殿堂博物館HP

★「奈良の大仏〜柿食えば鐘が鳴るなり東大寺〜」鳥居正洋の日本史to長崎ブログ

★「長き夜や初夜(そや)の鐘撞く東大寺 正岡子規」鷗座俳句会&松田ひろむの広場ブログ
★「毎年、春日大社で行われる『鹿の角きり』がやばいくらい面白すぎた
(奈良)」sorarium HP
★「ベビフェへ行ったらみんなでシェア!!」BABY FACE Planet’s HP
★「奈良県発のファミレス『ベビーフェイスプラネッツ』がカオスすぎた!」MO Juurnal ブログ


(関連する記事)
★「093 藤原京の後の都はどうなってンのか」
★「094 【お米料理03】まずは西大寺に行ってみたのヨ」
★「095 【お米料理04】続いて東大寺に行ってみたのヨ」
★「096 【講談の舞台01】もとの黙阿弥・・生駒市」
★「796 【お米料理55】鹿しか居らン東大寺と『柿の葉ずし』」
★「797 【保存食品18】ほんまモンの『奈良漬』と茨城出身の御神鹿たち」
★「998 【麺類色々60】青丹よし奈良の名物『びっくりうどん』」
★「1686 【麺類色々122】『にゅうめん』と二つの三笠山・・奈良市」
★「1687 【保存食品43】ならまちと『本物の奈良漬け』・・奈良市」

★「2234 【やきそば236】子規居士の墓と『中華スパゲッチー』・・田端」

★「2413 【野菜果物83】黎明の東大寺散策と『大和まな』・・奈良市」
★「2414 【お米料理215】朝の飛火野と『奈良の玉子ごはん』・・奈良市


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(柿くへば・・の句が作られた日だからと、今月二十六日は柿の日です)

関東じゃ宇都宮に一店だけですが、関西や西日本に結構在るファミレスに、奈良市で発祥した「ベビーフェイスプラネッツ」と云うチェーンが。バリ島風の内装と大盛りが売りモノですが、ナンと云ってもココはオムライス!シングルサイズが250gで、その倍・三倍・・と幾らでも増やせるソウですが、今回は看板メニューの「エアーズロック」をシングルで。デミグラスの海に浮かんだ巨大な岩の様で、簡単にゃ食べ切れませんゼ。新作講談作りで奈良へ良く来てた頃は、ココで毎日の様にオムライスを食べてましたが、久し振りに来て一安心。一時は東京・銀座にも出店してたンですが、撤退してしまい・・再度の進出をお待ちしてます




| 2017.10.16 Monday (00:15) | 奈良は国のまほろば | - | - |
スポンサーサイト



| 2018.05.21 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS